指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将棋合宿 IN わらび山荘 1日目

24
4月22日から24日まで、二泊三日の将棋合宿に参加させていただきました。
植山先生・大野先生・中井先生のプロ棋士三名と、駒込金曜サロンアフターメンバーが10名と、蕨市役所将棋部から4名の計17名での合宿です。
蕨市役所将棋部に中井先生が指導に行っていた関係で、将棋部の方々も参加することになったようです。
22日午前10時にJR川口駅に集合。
二台のミニバンに分乗して中央高速の談合坂SAを目指して出発。
一台は中井先生が運転。
わたしはHonさんの車に乗せてもらいました。
同乗者は運転のHonさん、わたし、一公さん、かをるさんの四人。
かをるさんが「中井先生はかなり飛ばしますね。」
「そういえば中井先生はF1が好きなようだから、自分で飛ばすのも好きなのかなぁ。」と、わたし。
一公さんはいつものように歯に衣着せぬ辛口コメントで車内に笑いを振り撒きます。
昼過ぎに談合坂SA到着。
和光駅集合のWさんの車と合流して昼食。
ここで同乗者のシャッフル。
わたしはWさんの車に乗り、大野先生と三人でわらび山荘に向かいました。

3
1
5
午後3時頃に『信濃わらび山荘』到着。

7
8
管理棟でチェックイン。

12
階段をのぼった先が宿泊棟。

9
これが今回寝泊りする宿泊棟。

10
宿泊棟の中心にあるラウンジスペース。

11
ラウンジの周りにベッドが六つある部屋が七部屋あります。
荷物を置いてベッドメイクをしてから食堂棟に集合です。

14
中井先生の挨拶で合宿スタート。

18
まずは植山先生が一言。

21
続いて大野先生が一言。
このあと参加者全員が一言ずつ自己紹介。

25
こちらが蕨市役所将棋部の皆さん。

28
自己紹介が終わり、早速大野先生のミニ講座からプログラム開始。
美濃囲いの端を詰めると、詰ますのに金銀三枚違うという話。
ここまでなら初級の本にも書いてある事ですね。
重要なのは金銀三枚取る事と端を詰める事が同じ価値だという事。
只で金駒を三枚取れたとしても三手かかります。
それが▲9五歩と突いて、次に▲9四歩と取り込んで△9二歩と受けさせると一手で金駒三枚取るのと同じ効果があるということです。

33
次は植山先生の内弟子時代の思い出話し。
ハッキリ言って棋力向上には全く役に立たない話しでしたが(笑)、楽しい話を聞かせてくれました。

51
ミニ講座の最後は中井先生。
少し悪い局面で逆転する為の指し方を教えてくれました。

ミニ講座が終わり、テーブルに盤を並べて対局です。
今回は先生の多面指しは無し。
全員一対一での対局。
プロの先生に一対一で指導してもらえるなんて、なんて贅沢な事でしょうか。
わたしはまずWさんと対局。
今合宿での対局は基本的にチェスクロックを使います。
持ち時間20分で、使い切ると一手30秒です。

53
一局指した後、一日目の夕食。

52
蕨市役所職員OB氏の音頭で乾杯。
わたしもビールを一杯だけ。
もっと飲みたいけれど、ただでさえ弱いのに酔っては将棋にならないので我慢です。

54
60
何も無かったラウンジスペースに各部屋からテーブルと椅子を持ち出して並べ、食堂から盤駒を運んで対局場の出来上がり。

一日目の成績は、Wさんとかをるさんに平手で勝ち。中井先生と大野先生に飛車落ち下手で共に負け。蕨市職員OBの四段のYさんに角落ち下手で勝ち。同じくOBのSさんとKさんに平手で共に勝ち。
一日目のハイライトは一公さんとの対局。
普段なら飛車落ちで教わるのですが、「時間のハンデを付けて平手で指してもらってもいいですか」と提案しました。
一公さんは「いいですよ」と快く承諾してくれました。
わたしは持ち時間20分で切れたら一手30秒、一公さんは初手から一手20秒で対局です。
▲7六歩△3四歩▲2六歩に一公さんは△4四歩。
わたしは横歩取り4五角を予想して勉強して行ったのですが、予想を外されました。
一公さんの四間飛車に急戦で挑みました。
20秒という考慮時間は絶妙のハンデだったようで、ところどころで秒に追われて初段が指すような緩手が出るようです。
最終盤はかなり差が付いてわたしの勝勢だったようですが、30秒ではなかなか詰みを読み切れず、何度も詰みを逃していたようです。
相手も初段だったら大駒を切って詰ます順を考えるのですが、強い一公さんが相手なので、怖くてなかなか踏み込めませんでした。
見ていた植山先生が終局後「一公さんは諦めて首を差し出しているんだから、刀でスパッと切ってあげれば早く楽になれるのに、ギコギコとのこぎりで切るような事をしてるんだから(笑)」
とりあえず逆転されるほどの悪手を指す事無く勝つことが出来ました。
「RAYさんの指し手は分かったから、今度は10秒でも負けませんよ」と、一公さん。
リベンジしたがっていた様子でしたが「合宿中はもう一公さんとは指しませんよ。このまま勝ち逃げして楽しい気分で合宿を終わらせます(笑)」と、わたし。
一日目は先生に負けた以外は全て勝ちで6勝2敗と、絶好調でした。
結局2時頃まで指して床に着き、一日目終了。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

RAY

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。