指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三十三局 大野八一雄七段戦

2月5日の大野教室の様子です。

11
この日は生徒さんの出足が遅くて、教室の始まる時間には三人しかいませんでした。
三面差しで指導対局が始まりました。

69
68
本局での使用駒です。
作者名が読めないのですが『飛鳥作 水無瀬書 彫り埋め』です。

三面指し、しかもわたし以外の二人のかわいい女の子が早指しなので、一局目はあまり写真を撮る余裕がありませんでした。

それでは不利飛車迷人さんのアドバイスを受けての指導対局です。みてください。







53手目に△9二飛と打たれた時は駄目だと思いました。
しかし大野先生は多少紛れたにしても、飛車をこんな使い方するのではまだ上手良しとは言えないとの事でした。
61手目、△6三飛と逃げられていたら勝てなかったかもしれません。
しかし、大野先生だったら△7三玉と指しそうだと思いました。
大野先生の指し手予想が当たって、『やっぱり!』とにんまりしました(笑)。
そこから飛車を捕獲するまでの手順はうまく指せたのではないでしょうか。
しかし、74手目からは少し乱れましたね。
74手目はどうしたら良かったでしょうかね。
▲9二飛はまだしも76手目で▲6五桂を狙う▲7七桂が見えていればそれが良かったでしょうか。
もうちょっとスマートな寄せがありそうですが、わたしには本譜の進行が精一杯ですね。

飛車先を受けない2二角型に対するこの棒銀はかなり有効な作戦だとの大野先生の感想がありました。
『迷人スペシャル』は、飛車落ちでの下手居飛車に対して飛車先を受けない2二角型という上手の変化に対する定跡手順と呼べるほどの優秀な戦法だと思いました。
大野先生がどのような対策で迎え撃つのか、次の対局が楽しみです。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
>不利飛車迷人さん
ありがとうございます。
勝利の80%は不利飛車迷人さんのおかげですね。
2011/02/13(日) 15:45 | URL | RAY #-[ 編集]
ついにやったね
オメデトウ

途中角を殺されたところではダメかと思いましたがその後の指し方が凄かったです。
2011/02/08(火) 23:18 | URL | 不利飛車迷人 #dDm6s.8Q[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

RAY

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。