指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第十五局 植山悦行七段戦

5月2日の大野教室の様子です。

346
5月から、また大野教室で指導を受けます。
教室に着いたときには生徒さんがいっぱい来ていました。
手前の部屋では大野先生が八面指しで指導していました。

387
奥の部屋では植山先生と中井先生が指導しています。

356
その隣ではラブ先生が実戦で勉強中です。

377
大野先生の指導が終わる前に植山先生の指導が終わったので、空いた席に着いて植山先生の指導を受けることになりました。
二日前の金曜サロンで植山先生とは指したばかりで、連戦になります。

380
では植山先生との指導対局を見てください。







本局はちょっと内容が悪すぎました。
やはりサロンでの女流棋士の四面指しとは違ってなかなか勝てませんが、同じ負けるにしてもせめて一手違いくらいには出来ないといけませんね。
これから暫くは大野教室で鍛えていただき、金曜サロンへ戻る時までに少しは強くなれていたいと思います。
植山先生、ありがとうございました。
またよろしくおねがいします。




関連記事
スポンサーサイト
コメント
>さわやか風太郎さん
すぐに突き返せる時は受けなくても大丈夫なんですね。
2010/08/05(木) 13:52 | URL | RAY #-[ 編集]
19手目6四歩
飛車落ちは位の維持といいますが、時と場合です。
6六歩と受けるのではなく、7九玉としたい。
直ぐに上手が6五歩なら6六歩と突き返す要領です。
2010/07/30(金) 01:03 | URL | さわやか風太郎 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

RAY

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。