指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第26回 社団戦 2日目 3回戦

re012_20150706164149266.jpg
3回戦は『ムネキータス』チームさんとの対戦です。
「このムネキータスというのはどういう意味なんですか。」
「スペイン語で人形の事です。」
「人形がチーム名という事は、皆さん人形作りの職人さんとか?」
「人形町の公民館に週一回集まって将棋を指している仲間です。」
人形町に集うメンバーなので人形をチーム名にしたそうです。


re013_20150706164150afe.jpg
3回戦も3将で出場です。

それでは3回戦の将棋を見てください。







まったく歯が立たずに負かされました。
暴れる級位者を慌てず騒がず対処した高段者の将棋という感じです。
20手目に△8八歩だったら優位な形勢に持って行けたでしょうか。
△8八歩▲7七桂△8九歩成から香を取って△8三香。
△8八歩▲同金△7九角▲7八金△5七角成。
どちらも後手がやれそうに思います。
桂交換した45手目の局面は悪いわけでは無いと思います。
敵玉とは反対の9筋を攻めたのが良くなかったのでしょう。
7七の金と8七の銀を相手にせず△4二金右から△5二飛と回って5筋を攻めるか、△6二飛から△6五歩と仕掛けるかすれば、まだ5分での戦いにはなったかもしれません。

いくら6部とはいえ、やはりトップの3~4人はどこのチームも有段者ですね。
わたしのような級位者が3将を務めるのは荷が重いのですが、諦めずに頑張らねば!

わたしは負けてしまいましたが、チームは4勝3敗で勝ちました!




関連記事
スポンサーサイト
コメント
>Tさん
コメントありがとうございます。

まだまだ直接手しか見えないんですよねぇ。
Tさんのアドバイスはわたしには実践するのが難しいのですが、少しでも活かせるようにしたいと思います。
2015/07/25(土) 16:56 | URL | RAY #-[ 編集]
直線的は×。曲線的な差し回しで
20手目に△8八歩は一公氏ご指摘の通りです。
▲6六角の受け筋は角換わり将棋なら常套手段。
居飛車等なら覚えておきましょう。

相手の右玉は想定内なのでしょう。
おそらく22手目の△8三銀でその方針に決定したかと。
33手目の▲2九飛で右玉決定です。

そう思えなかったなら、今後は"2九飛は右玉の準備"と覚えましょう。

46手目の局面。

確かに△9五歩は無理筋でした。

角替わりは指し方が非常に難しく、方針が重要な戦法です。
駒交換した後でも、攻めが一気に決まるとは限りません。

正直、△9五歩の局面は正解が難しいですね。
しかし、一つ言えるのはいきなり攻める手はないということ。

相手は右玉で左辺は金銀2枚で守っています。
△9五歩のように、左辺から攻めるのはだいたい無理筋でしょう。

攻めが成立するか否かということを常に意識する必要があります。

右玉は玉頭攻めが攻める際の狙い筋です。

左辺の金銀は相手にせず、玉頭攻め(△3五歩)を狙いたいですが
すぐには無理なので、遊び駒をなくしつつ、攻めの時期を待つ感じでしょうか。

私の感覚では指したい手は△6三銀あたり。次に△5四銀と右辺に使いたい感じです。

△4二金右~△5二飛や△6二飛~△6五歩は、
どちらかと言えば左側方面の攻めなので
構想として、あまりやりたくない感じです。
相手も角、桂を持ってるので反撃が気になるところです。

将棋格言に"動けば動かれる"とありますが、
それが当てはまる展開でした。

単純に攻めるのではなく、相手に攻め手を与えずに有効手を指したいような局面です。
直線的よりも曲線的な差し回しが要求される難しい将棋でした。

級位者の方にはハードルが高い展開だったかもしれません。

角替わり将棋は最近のタイトル戦などでも頻繁に指されていますが、
曲線的な展開が多く、難解です。

今回は49手目の▲6四桂が機敏で実質的に将棋は終わりです。
もう収集がつきませんでした。

自分の攻めだけでなく、相手の反撃もある程度読めるようでないと
こういう将棋は勝てません。
お互いに駒を持ち合っての中盤戦は一つのミスが命取りになります。

この経験を今後に生かして欲しいものです。
2015/07/20(月) 12:25 | URL | T #BqfhpIYE[ 編集]
>一公さん
コメントありがとうございます。

そうかぁ、▲6六角で受かるのか。
角金交換してもその後が無いので無理筋ですね。
2015/07/19(日) 17:34 | URL | RAY #-[ 編集]
▲6六角
お疲れ様でした。
△8八歩と打ったとして、▲同金△7九角には▲6六角があるかもしれませんね。以下△6四歩▲7八金△6五歩▲2二角成△同金▲7九金、は理想手順。こうはなりませんが。
2015/07/17(金) 21:50 | URL | 一公 #udg4x/Zk[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。