指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第六局 中倉宏美女流二段戦

芝浦サロン最終日の前半はらぶ先生に連敗。
感想戦が終わり、「ちょっと気分転換で、次はひろみ先生に教わって来ます。」と、らぶ先生に告げ、一旦外へ出て一服。

120
ひろみ先生は三面での指導中。
空いている四つ目の席に座り、ひろみ先生にご挨拶。
銀落ちを所望すると、「銀ですか…。どっちの銀を落とそうかなぁ…。」
「以前、あっこ先生と銀落ちを指しましたが、その時は左銀でしたね。」
ひろみ先生は手合いカードを見て、あっこ先生との左銀落ちで●が付いているのを確認して、「ではわたしも左にしましょうか。」
あっこ先生は指導対局の棋譜の公開を許可していないのでアップしていませんが、わたしは芝浦サロンで、あっこ先生の左銀落ちに連敗していました。

127
ひろみ先生は銀落ち初体験のようです。
対局が始まって直ぐに奈津子先生がお茶を持って来てくれました。
盤面を覗いて、「銀落ちですか。RAYさんとKURIさんの二人は変わった手合いで指しますよねぇ。」
「えっ、そうですか?KURIさんは角桂落ちとかですからね。銀落ちならそんなに変じゃないでしょう。」
「まぁそうかもしれません。角桂に比べればね。でも銀落ちだってほとんど指す人はいませんよ。女流棋士もまず経験は無いでしょう。」

129
気分転換にと気楽に指した、ひろみ先生との左銀落ち初対局を見てください。







終盤でもたもたして負けるのがいつものパターンなのですが、珍しく連続の捨て駒でスパッと決められました。
宮坂八段の自宅教室で二枚落ちを教わり始め、駒込サロン、大野教室、スーパーサロン、芝浦サロンと、指導対局はすでに三百局を超えています。
高段者からすると疑問手と思える手もあるのかもしれませんが、級位者のわたしには本局の指し回しは完璧、百点満点の、今までで一番の完勝譜となりました。
芝浦サロン最終日に最高の将棋が指せました。
38手目の飛車切りには異論もあるかもしれませんが、高段者の中にも本譜の順を選ぶ人もいるのではないでしょうか。
感想戦でひろみ先生は「普通の四間飛車は4三には銀が来ますが、金の方が受けやすいと思って油断しました。銀だったら(32手目の)▲2四歩は△2四同歩▲2三歩に△同銀と取れるし、手抜いて▲2三歩成に△同銀でもいいので、本譜の仕掛けは無かったですね。」
銀落ちで4三金型だからこそ成立した本譜の攻めでした。

よ~し、この調子でらぶ先生にも勝つぞ~っ!


スポンサーサイト
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2017/06/10(土) 12:52 | | #[ 編集]
会心の勝利
38手目の局面

私なら、▲8八角と引きますね。
どちらかというと受けの棋風なので。
次に上手に大した手がないと思うのも
その手を選択する理由の一つです。

上手の立場からすれば、△5三角と角を使いたいのですが
▲2二歩成があるので、それも出来ません。
手に困る局面だと思います。

△2五歩を気にされているようですが
怖がる手ではありません。
△2五歩~と金作りはまず間に合いませんし、実現しないでしょう。

△2五歩に▲3五歩は絶対に指してはいけない手です。
継続手段に窮します。
△2五歩にはご指摘の▲3五銀で問題ないでしょう。
そうなれば下手は全く不満はありません。

ただ、本譜の▲3四飛もこの場合は成立しているでしょう。
コメントの通り、棋風が出る局面かもしれません。

44手目の局面

ここも棋風が出るところかもしれません。

私なら▲4三金は△5一飛で当て返されるので
一目やりたくない手に見えました。
代わりに▲5五歩と少しカッコつけたような手を指したくなります。
しかし、この場合は本譜の▲4三金の方が優るのかもしれません。

尚、第一感の▲2二歩成はいけません。
あまりにも遅すぎます。
▲4三とが実現するまで4手もかかるので、
△4四角で困るかどうか以前に、"全然間に合わない"という感覚を
持って欲しいと思います。
1秒で切り捨てて欲しい変化です。

その局面によっても違いますが、
終盤戦では、実現まで2手かかる変化までがギリギリセーフでしょう。


最後の▲7五桂~▲6一角の寄せは鋭かったです。
ただ、6二角の形だから成立した攻めとも言えそうです。

6二の角は本譜の場合、邪魔駒でしかありません。
もし、6二の角が無ければ▲6三桂成に△6二金とかいう粘り方もありますが、
角がいるために受けなしとは、何とも皮肉な投了図でした。

ご指摘の△4二飛の受けは▲7二銀以下即詰みです。
続けるなら△3二飛か△2二飛ぐらいなのでしょう。
しかし、▲7二銀~▲6一飛で角をボロっと取られるので
受けにはなっていません。
詰みを防いでも、駒をボロボロ取られそうなので、
▲6三桂成で投了もやむなしです。

但し、▲7五桂~▲6一角は駒を渡す攻めなので、
本譜のように自玉が絶対詰まされない形のときだけ成立する手ということを
頭の片隅にでも置いて頂ければ幸いです。

本譜は駒落ちですが、平手戦と同様の手で攻められたのが
良かったのかもしれませんね。

快勝おめでとうございました!
2014/08/04(月) 10:25 | URL | T #BqfhpIYE[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

RAY

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。