指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第六回 なかい研合宿 △8四歩

83
いつもより時間が掛かりましたが、無事にわらび山荘に到着。
階段の右が管理棟とお風呂、階段の上が宿泊棟です。
ほぼ同時に一泊二日のみで、明日の夕方に帰るSatさんが、自分の車でわらび山荘に到着。
初日は先生3名と生徒9名の参加です。

91
階段を上った先の宿泊棟。
『金峰』と書いて『きんぷ』と読みます。
棟内は禁煙なので、玄関脇の喫煙スペースでタバコを喫います。

34
今回は7号室を使う事になりました。

35
部屋に荷物を運びます。
部屋の中は3床のベッドが2段で、6名の宿泊が可能ですが、今回はこの部屋を2人で使います。
各部屋にはベッドの他に小さなテーブルと椅子が置かれています。

33
各部屋からテーブルと椅子を運んで、ラウンジを対局場にします。

36
対局場の用意が出来ました。
ストーブ横には飲み物とお菓子がいっぱい置かれています。

38
用意の出来た対局場に、別棟のコテージに荷を解いた先生方も集合。

41
到着が遅くなったので、夕飯まで1時間ほどしかありません。
今回の合宿のリーグ戦では持ち時間20分で、秒読みが30秒というルールです。
これからリーグ戦を始めては、夕飯の時間を過ぎるかもしれません。
そこで、持ち時間10分でペア将棋を指す事になりました。

42
わたしは大野先生とのペアで、俊さんとSatさんのペアと対局。
俊さんもSatさんも棋力は四段なので、いくら大野先生といえども、わたしの棋力をカバーするのは至難の業でしょう。
将棋は相矢倉になりましたが、案の定わたしの悪手によって負かされました。
将棋合宿でのペア将棋では未だ勝った事がありません。

46
44
ペア将棋が終わり、みんなで食堂へ移動して夕食。
最初は写真の一番手前の席に座ったのですが、何と目の前に中井先生が座ったではないですか。
後から食堂に入ってきたHonさんに「中井先生の目の前じゃ緊張しちゃうから、Honさんがここに座って。」と、特等席を譲り、わたしはHonさんの隣、中井先生の斜向かいに座りました。
中井先生の音頭で乾杯。
中井先生との会話と美味しい食事を楽しみました。

49
陽も落ちて、すっかり暗くなった食堂から、また対局場へ移動。

50
59
66
67
72
69
対局室へ戻ると、早速対局が始まります。
指導対局とリーグ戦を、相手を代えながら指していきます。
さぁ、長い夜の始まりです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

RAY

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。