指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保木間囲碁将棋センター 3

三橋先生との二局目です。
今度は先手での対局。
それでは見てください。







いやぁ~、これは残念!
ハッキリ居飛車優勢だったでしょう。
33手目の▲4一角から角金交換で、振り飛車の守りをバラバラにする攻めは成立していそうです。
39手目の▲2八飛の局面を迎え、これは拙いと六段を本気にさせました。
▲2二金から▲2四歩の攻めを受けた40手目の△3二飛は、▲2四歩から竜を作る手が見えているので、わたしには思いつかない手でした。
そして驚愕したのが何といっても58手目の△3一金!
悪いながらも諦めずに、相手の間違いを誘う受けの妙手でしょう。
まず最初の残念な手は51手目の▲2四歩でした。
次の△4一角もわたしには指せません。
飛車と竜の交換を催促する為に自陣に角を打つなんて…。
しかし、次に▲3二金と打たれたら拙いし、かといってと金を残すわけにもいかないか…。
冷静に考えると△3一角と打って催促するのがここでの最善手でしたか。
55手目の▲6二金が策に溺れたやりすぎの手だったかもしれません。
かといって変わる手も難しいです。
▲2三金は△3一銀と引かれて手になりません。
やはり▲3七桂と遊び駒を使うべきでしたか。
それでも角と飛車を受け一方に自陣に使わざるを得なかった60手目の局面は、まだ居飛車が良いと思うのですが、どうでしょう。
次の▲6一竜が実質的には敗着となりました。
ここで△5二角が見えて▲5三竜と指せていたら、ひょっとして、はからずも、もしかして、思いがけず、ことによると、六段に一番入れられたかもしれません。
最後の見落としはご愛嬌。
しっかり確認する事を頭に刻みました。
一局目は棋力を確かめる為なのか、▲2五桂という疑問手を指してわたしを試したのでしょう。
それを上手く咎められなかったので、棋力は1級か初段だと判断したのではないでしょうか。
なので二局目は多少油断したのかもしれませんが、明らかに疑問手だとわたしに判断出来る手は見当たらないので、優勢に出来た事は自信になりました。
翌日の社団戦に向けた良い練習になりました。

2
保木間囲碁将棋センターは11時オープンで、席料は500円です。
日曜日にはトーナメントが行われているそうです。
その他に常連さんによるリーグ戦も。
食事と飲み物のメニューもあったので、昼食を道場で取る事が出来ます。
しかしドリンクの自動販売機はおいていないので、常連さんはペットボトルの飲み物を持って来ている人が結構いました。
駅から遠くて分かりずらい場所なので、地元の人以外は対局しに行く事は難しいかもしれませんが、興味が湧いたのなら道場に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

よしっ!明日の社団戦はがんばるぞ!
と、気合が入りました。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
亀レスですみません
コメントありがとうございます。

>Tさん
『4枚の攻めは切れない』というのは知っていて、攻める時も攻められる時も意識する事の一つです。
なので『飛車と金の二枚の攻め』と『相手の守りがバラバラ』を比較はしました。
大雑把に、飛車交換から飛車を打ち合って、桂香を拾い合う展開になれば、玉形の差で指せると判断しました。
でも、そうですか、じっと▲2八飛ですか…。
何をされるかわからない恐怖から、力を溜めて手を渡す事が中々出来ないんですよねぇ。
手渡し出来ない所が級位者と有段者の差なのでしょう。
58手目の△3一金は1分半ほどの考慮でした。
20分はここまでのトータルでの考慮時間です。
多分、55手目の局面での考慮中に、△3一金~△7二飛の受けを考えていたのだと思います。

 『優勢を保って勝ちきるには
  切れない4枚攻めを心がける感覚が
  大切だと思います。
  本譜のように相手が自陣に大駒を打つ展開は
  優勢かもしれませんが
  勝ちやすいとは限らないので
  甘く見ないことが大切です。』

参考になるアドバイス、ありがとうございます。

>さわやか風太郎さん
32手目に△2四歩ですか。
△2四歩は考えていませんでした。
飛車を寄っても△2七角は大丈夫かを考えていました。
△2四歩と指されていたらどうしただろうか…。
△2四歩だったら▲5六角と打っていたかもしれません。
3四の歩を取って一歩得しても、角を手放したのでは良くないですかね…。
2013/10/15(火) 13:05 | URL | RAY #-[ 編集]
No title
もう少しでしたね。
32手目3二飛で2四歩なら3五歩と仕掛けるのですか。以下同歩、同銀、2七角、3七飛、5四角成、4四銀、3六歩が進行の一例。
また本譜の3二飛、4一角にも2二飛。以下3五歩なら前述の手順に進められてどうですか。
2013/10/02(水) 22:28 | URL | さわやか風太郎 #-[ 編集]
受けに誤魔化された
棋譜の将棋にコメントさせて頂きます。

惜しかったですね。
あともうひと押しという感じでした。

23手目の局面。

この戦型は手が広く1手1手が非常に難しいと思います。
▲6八金右は少し珍しい気はします。
玉形が固くなる反面、3筋方面が少し薄く、
攻めを難しくしているかもしれません。
本当なら31手目の▲3八飛で▲3七桂としたいのですが
△5四角~△3六角狙いが気になります。
▲6八金右の善悪の判断は難しいですが、
本譜の展開だと成功なのでしょう。

26手目の△6四歩や28手目の△6三金は居飛車にとって
少し有難いような気がしました。
といっても何が最善か難しいですが・・

45手目の局面。

ここでは少し居飛車が優勢だと思いますが問題はこの辺からです。

よく、4枚の攻めは切れないと言います。
居飛車の攻め駒を考えてみて下さい。
現状は飛車、金、歩の3枚。
つまり、攻めとしては少し薄いのです。
その辺が本譜の後の進行のように頑強に受けられたときに
粘りを許す要因にもなっています。

▲2三歩は当然の攻め筋なのですが、
この形は本譜の進行のように△3三銀~飛交換になりやすく
攻めるには注意が必要でした。
私ならここで▲2三歩ではなく▲2八飛~▲3七桂で一旦攻めを貯めて、
▲2三歩を狙いたいところです。
桂を攻めに参加させれば4枚攻めになります。
△3三銀の当たりを避けておくのが一つのポイントでした。
△3五歩▲同歩△同銀は▲3三歩があるので無理筋ですし、
角2枚で相手から味良く攻める手は無さそうな局面です。
▲2八飛に△5四角なら▲2三歩で、△3三銀なら
▲2二歩成~▲2三金があります。
▲2八飛に△3三銀なら▲3七桂で、▲4五桂を狙えます。

▲2三歩は居飛車の権利なのですぐに指す必要はありませんし、
▲2三歩を味良く防ぐ手も難しそうです。

51手目の局面。

▲2四歩ではなく、▲2二同龍~▲3二飛と攻めても
優勢とは言えなかったと思います。
▲3二飛以下の進行例は△5二飛▲同飛成△同金▲3二飛
△2八飛(△4二飛だと確かに居飛車優勢でしょうが)・・で
次に△2三飛成を狙われているので非常に忙しく、
金と歩だけでは早い攻めはないので自信が持てない展開です。
仮に▲6二金としても、△同金▲同飛成△7二金▲6一龍△3三銀・・で
続きません。
なので、▲2四歩は結果的に悪くはなかったと思います。

55手目の局面。
▲6二金は浮かばない手ですね。
でも、相手の陣形の悪さ(4一角がひどい)を咎める鋭い手だったかもしれません。
▲2四歩で△4一角を打たせたのが効いています。
ここで▲3七桂はある手だと思いますが、その瞬間が甘いのが少し気になります。
例えば▲3七桂△2九飛と攻め合った場合に勝てるのか・・・?
非常に難しいですが、この▲6二金の方が勝った可能性はあると思います。
▲6二金以下の展開で飛車を自陣に打たせ、飛車交換にならなければ
相手から攻めづらくなっていますので。

58手目の局面。

△3一金はひねり出した手という感じですね。
だだ最善手でしょう。

61手目の局面。

ご指摘の通り▲5三龍が最善なのでしょう。
居飛車が悪くはなさそうです。
但し、すぐに寄せがある展開ではないので、
実際勝つまでは結構大変な道のりだったと思います。

この席主は受けが強いですね。
△3一金~△7二飛はちょっと感心しました。
さすが元奨励会。
但し、△3一金に20分以上は考え過ぎでしょう(笑)
マジになったのかもしれませんが、
どこまで本気なのか、さじ加減がイマイチよく解りません。

本譜の結論的には31手目の▲3八飛~33手目の▲4一角~の攻めは
一応成立してると思います。
結果的に△6三金型を咎めたことになるのでしょう。
但し、薄い攻めなので相手の頑強な受けを許し、
うまく誤魔化されてしまったという印象です。
本譜は優勢だけど勝ちにくい将棋でした。
優勢を保って勝ちきるには、切れない4枚攻めを心がける感覚が
大切だと思います。
本譜のように相手が自陣に大駒を打つ展開は、
優勢かもしれませんが勝ちやすいとは限らないので甘く見ないことが大切です。



2013/10/02(水) 01:50 | URL | T #BqfhpIYE[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

RAY

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。