指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第八局 中村真梨花二段戦

8月23日は8月9日に続き、8月二度目のジョナ研がありました。
9日のジョナ研の参加者は3人のみ。
この日のジョナ研の様子はこちら
参加出来なかったメンバーからのリクエストがあったからなのか、23日にもジョナ研が開催されたのでした。
連盟道場に電話を入れ、スーパーサロンの予約を取りました。
担当は金曜日レギュラーのまりか先生に変更はありませんでした。
秘密の掲示板に『千駄ヶ谷定跡で出席です。』と、参加表明。

ここのところ、飛車落ち指導対局は負け続けています。
調べてみると、最後に飛車落ちで勝ったのは、去年の春に行われた『中々良い将棋研究会』、略して『なかい研合宿』での指導対局でした。
2012年5月18日の事で、1年3か月以上勝てていない事になります。
この日の勝利は中井先生植山先生からのものでした。
この2連勝のあと、勝ち方を忘れてしまいます(苦笑)。
連敗の始まりは大野先生から。
合宿の後は仕事の都合で、暫く指導対局は受けられませんでした。
久しぶりの指導対局は、ひろみ先生に負けて2連敗。
続いて春香先生に負け、3連敗。
さらにらぶ先生に3連敗して、6連敗。
最後に紫野先生に負けて、トータル7連敗中です。
まぁ、大野先生は別格としても、女流棋士に飛車落ち6連敗は情けない成績です。
前回のまりか先生との指導対局には勝って、2勝2敗の五分にした事だし、勝ち越す為にも、連敗を止めるためにも、今回は勝ちたい所です。

スーパーサロンの予約は10時半開始の回です。
10時を少し回った頃に連盟に到着。
受付を済ませて道場内を見ると、まりか先生の姿がありません。
受付係に問うと、今日のスーパーサロンは研修室で行われているとの事。

2
1
道場を出てみるとスーパーサロンの案内が、黒板に書かれていました。

26
研修室へ入ると、男性二名、女性一名、少年一名の四面指しでの指導中でした。
まりか先生にご挨拶。
「おはようございます。」
「おはようございます。お久しぶりですね。」
「そうですね。まりか先生とは一年ぶりです。でも先々週、まりか先生に会いに来たんですよ。でも担当が熊倉先生に変更になっていて、まりか先生に会えなかったんですよ。」
「あっ、そうだったんですか。わざわざ来ていただいたのにすみませんでした。熊倉さんとは指したんですか?」
「はい。」
「どうでしたか?」
「はい、苛められました。」

60
9
22
「今日もブログの写真を撮るのならどうぞ。」と、まりか先生の方から言っていただきました。
わたしの指導対局が始まる10時半まで、写真を撮りながら指導対局の局面を見て回りました。

33
少年の指している盤面を覗くと、玉・竜・馬がそれぞれ1枚ずつしかありませんでした。

0
多分、これが初形だったのでしょう。
初手△6二玉に、王手を我慢して玉を上部に逃がさない、2手目▲2三飛成が指せたら、もうこの手合いは卒業でしょう。
△6二玉▲2三飛成に△7二玉だったら、わたしなら馬を作らずに▲5五角と指します。
わたしが最初に見た時には、上手玉は8三に居て、馬は5三、竜は2三に居たので、少年は最善手を指す事は出来なかったのでしょうが、最後はしっかりと上手玉を詰ましました。

62
10時半からはわたしの他に男性と少年が加わり、7面での指導開始です。

55
56
57
まりか先生が3手目△4四歩をビシリ!

それではまりか先生との五局目の指導対局を見てください。







ジョナ研でこの将棋を並べて、みんなに見てもらいました。
ここから3手で下手が優勢になるそうです。
気の早い一公さんなどは、この3手後の局面を見て「これは上手困ってるねぇ。下手勝勢でしょう。」と、言っていました。
わたしは勝勢や優勢などとは思ってはいませんでしたが、『これならまぁ、下手も指せるだろう』くらいに感じていました。
ジョナ研メンバーの四段陣が下手良しとの形勢判断をした局面とは、さて、どんな局面でしょう。
ちなみに、わたしの28手目に対するまりか先生の応手は、わたしの予想していた手ではありませんでした。
なので、実戦では3手後の局面はまりか先生の読み筋なのだろうからと、あまり楽観は出来ませんでした。




関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
まりか先生は2筋・3筋・4筋からの攻めを警戒していて、9筋の端歩は玉の懐を広げる為の物だと思ったのでしょう。
文字通りのノータイムで端を受けたので、期待出来ない局面が出現しました。
ただ、まりか先生は全く動揺したそぶりを見せなかったので、実戦中はまりか先生の読み筋だったのだと思っていました。
わたしの読み筋は▲9六歩に△4三金だったら▲9七角△4二金▲2四歩△同歩▲4二角成△同角▲4四金から銀を取って二枚換えで指せると思っていました。
△5二角の受けは考えていませんでした。
この順は下手が良くなると判断していたので、▲9六歩には△5二金だと思っていました。
それならば▲9五歩と端を詰めて、少しポイントを稼げたかなと考えていました。
2013/09/24(火) 15:21 | URL | RAY #-[ 編集]
理想局面
96歩、94歩、97角。流石に期待出来ません。
当然94歩と受けずに43金ですか。ここ42角の先受けは97角とぶつけて何が何でも角交換を実現する。
さて43金にも97角がありそうだが。以下42金に57銀から48飛と力を貯める。いきなり42同角成、同角、44金、52角、34金、同角、44銀はアマ4段の力が必要か。
2013/09/21(土) 18:11 | URL | さわやか風太郎 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

RAY

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。