指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連盟道場対局 #2

スーパーサロンで紫野先生に負けました。
時刻は12時になろうとしています。
ジョナ研は夕方からなので、連盟道場で何局か指してから駒込へ向かう事にします。
一度会館を出て軽く昼食を取り、再び会館道場へ入りました。
手合いカードを受付に出すと、直ぐに手合いが付きました。
手合い係から「K1級の先手でお願いします。」と、言われました。
わたしの棋力は大野教室では1級ですが、連盟道場では初段で指しています。
これは、全然勝てなくてもいいから少し強い人と指して勉強したいと考え、初めて連盟道場に行った時に初段で棋力を申告したためです。
その後、連盟道場では何局か指しましたが、連盟道場の棋力認定は少し甘いようで、連盟道場の初段には負けていません。
大野教室の棋力認定は他の道場より厳しいので、他の道場の同じ1級との対戦に負けるわけにはいきません。

それでは連盟道場1級対大野教室1級の勝負を見てください。






勝つ事は出来ましたが、この将棋はもっと大差で勝たないといけませんでした。
途中の悪手で、一つ間違うと逆転されるのではという局面にしてしまったのは反省です。
悪手の第一弾は58手目の△7三桂でした。
ここは△3九銀から寄せに入るか、△7八竜から△4七馬と指さなければいけませんでした。
悪手の第2弾が62手目の△3三桂です。
ここは△4七馬でした。
2手の桂跳ねが、遊び駒を活用するようで良さげに思えたのですが、相手の攻めを呼び込むお手伝いの手になり、反省の多い一局となりました。
わたしが強いのではなく、相手が弱かったから勝てた対局でした。

まだ2時頃なので、もう二~三局指していくつもりだったのですが、寝不足で疲れているようで、将棋を指す気力が湧いてきません。
早いのですが会館を後にして駒込へ向かいました。
駒込ジョナサンに3時頃到着。
ドリンクバーを頼んで、1時間ほど詰将棋を考えました。
4時過ぎ、ちょっと早めですが食事を頼み、のんびり夕食を楽しみました。
食事を終えて一服していると一公さんがみえました。
ジョナ研の始まりです。
ジョナ研の様子は一公さんが記しています。
夜遅くまでおしゃべりを楽しみましたが、こんな将棋を指しているようでは当然褒めてはもらえません。
もう少し強くなって、ジョナ研で褒めてもらえる将棋を指せるようになりたいと思います。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
>Tさん
コメントありがとうございます。

△3九銀からの寄せの形は見えていたのですが、そうか、△4七銀を入れて馬の位置を変えるのか。

66手目は詰みが無いか考えました。
金はとどめにとの言葉が頭にあって、△3七銀を考えました。
しかし、逃げられて斜め駒が無いので駄目だと読みを打ち切ってしまいました。
そうか、先に金ですか。
いろんな手がありますねぇ。
将棋は奥深いです。

Tさんのアドバイスを少しでも活かして、もう少し強くなれるようにがんばります。

2013/09/18(水) 01:14 | URL | RAY #-[ 編集]
寄せのテクニックと実戦詰将棋
棋譜の将棋についてコメントします。

58手目の局面。

△7三桂を悪手と呼ぶのはご自分に厳しい判断ですが、
ここではご指摘の△7八龍や△3九銀よりも面白そうな手が見えました。

それは△4七銀です。
それに対し▲2九角や▲2九銀は、ほぼ論外なので当然▲同銀と取るでしょう。
△同馬に、おそらく▲3八銀と進むでしょう。

そこで△3九銀!です。

以下、▲同玉△4八金▲2八玉△3八金▲1八玉△3七馬で必死です。
馬の位置を5八から4七へ0手で移動させたのがミソで、
▲3八銀をタダ取り出来ます。

ちょっとした寄せのテクニックでした。

66手目の局面。

自玉が際どいながら詰めろではないので
本譜の△4七馬で確実な1手勝ちでしたが
実はこの局面で即詰みが生じていました。
実戦詰め将棋です。
参考までに手順を示します。

初手は△3七金!です。

最初にこの局面を見たとき『3七に打ちこんで詰まないか』と閃き
読んでみると詰んでました。

▲同玉は△4八馬▲2八玉△3八馬▲1七玉△2八銀▲2六玉
△3七馬▲3五玉△4四銀打以下詰みです。

▲同銀は△3八飛が詰め将棋らしい手です。
▲同玉は△4九馬▲4七玉(▲同玉は△3八銀)△3八馬で詰みです。
△3八飛には▲1七玉が本手ですが、以下
△2八銀▲同銀△同飛成▲同玉△4七馬▲1七玉△2八銀▲2六玉
△3七銀不成▲3五玉△4六馬まで詰みです。

初手△3七金に▲1七玉と逃げるのは△2八銀以下詰みです。
初手△3七金に▲1八玉と逃げるのは△2八飛▲1七玉△2七金
▲同銀△同飛成▲同玉△4九馬▲2六玉(▲1七玉は△5七龍以下詰み)
△2八龍▲3五玉△2六銀まで詰みです。

上記手順は62手目の△3三桂~△2五桂により生じた詰みなので
62手目の△3三桂も悪手というのは酷かもしれません。
2013/09/17(火) 13:49 | URL | T #BqfhpIYE[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

RAY

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。