指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第百七十三局 渡部愛3級戦

本当はらぶ先生のサインをゲットして銀落ちを指す予定だったのですが、負けてしまいました。
15時半までにはまだ少し時間があったので、外へ出て一服。

気持ちを落ち着けて、是が非でもサインを貰うべくおかわり対局に臨みます。

7
改めてサイン勝負を申し込んで指導対局開始です。

それでは4面指しでのおかわり指導対局を見てください。







必勝の将棋を落としてしまいました。
く~っ、悔し~い!
サインゲットが目の前だったのに…。
わたしが「負けました。」と投了すると、らぶ先生は開口一番「あと三手で投了しようと思っていたんですよ。」
103手目の局面に戻して感想戦が始まりました。
「取っても大丈夫ですし、本譜の順でも(106手目)同玉と取られていたら投了していました。」
▲同玉?
そうかぁ、玉で取って何の問題もないんじゃないですか。
勝ちを意識していて、馬で取れば受けにも利いてより安全だと思ってしまいました。
「馬で取ったので、こちらも馬を取って、少しやる気が出てきました。」と、らぶ先生。
わたしは53手目の△4七歩で悪くしたと思いました。
らぶ先生も飛車角交換になれば上手も指せると思っていたそうですが、56手目の▲3七角は読みに無い手で、指されてみると意外に上手が大変な事に気付いたそうです。
60手目の局面はと金か香車のどちらかを取れるので、単純な飛車角交換ではないですね。
飛車を渡す事を恐れずに指せた事は良かったと思います。
7二に玉が居るので、▲9一角成とはされたくないと思うので、61手目は△7三桂を読んでいました。
△7三桂▲4八銀に△3八飛ならば▲3七角打を考えていましたが、らぶ先生はと金を払われては攻めが無くなるので、自玉が危険になっても攻め味を残す順を選ばれました。
これは手の良し悪しはともかく、実戦の勝負術として勉強になる指し方だと感じました。

それにしてもこの将棋を勝ち切れないなんて、らぶ先生には一生勝てないんじゃないかと思ってしまいます。




関連記事
スポンサーサイト
コメント
レス
コメントありがとうございます。

>さわやか風太郎さん
59手目に△3八飛は▲3七銀△2五桂▲4六角△3七桂成▲同角引を考えていました。
多分わたしには▲4九歩は見えなかったでしょう。

>Tさん
桂を3二に成り棄てるなんて全く思いつきませんでした。
まぁ、113手目の局面で、次の一手を出題されるのではなく、実戦の流れでTさんが指摘された手順で必至を掛けて勝っていたら、もう手合い違いですよね。
しかし、ここで▲3二桂成と指したら愛ちゃんは驚いたでしょうねぇ(笑)。

2013/09/09(月) 22:30 | URL | RAY #-[ 編集]
上手の"まやかし"
実に惜しかったですね。
最後の方まで勝ちがありました。

114手目の▲5四金が詰めろでも何でもなかったのが
最後の敗着だと思います。
113手目の△5二歩という"まやかし"にペースを乱された感じがしました。

ここでは必死を掛ける手順がありました。
▲5四金に代わり▲3二桂成がその手始めです。
△同玉には▲3三金です。
△3三同金は詰み、△4一玉も▲4三金で必死です。
なので、▲3二桂成には△5三玉と逃げる1手。
そこで▲3三銀成の詰めろが継続手。
同じようでも▲3三成桂は上手に桂を渡したときの△5四桂の筋が嫌みです。
▲3三銀成に△同金は▲同成桂で必死です。銀は渡しても怖いところはありません。
▲3三銀成に△5四金が最後の抵抗でしょうが、
以下、▲同馬△同玉▲5五金△5三玉▲7二成香で必死です。
下手玉は固く、角だけの持ち駒では詰みません。

下手玉は1手隙ではないので、きっちり必死を掛ければ残していました。

強い上手ほど、いろんな"まやかし"手順を繰り出してきます。
103手目の△4七桂成などもそうです。
それに惑わされないことも駒落ち将棋で気をつける点なのでしょう。
2013/09/05(木) 12:36 | URL | T #BqfhpIYE[ 編集]
前コメント
ちょっと訂正。
3八飛に3七銀は2五桂とするのは実は4九歩とと金作りを拒否されて難解。よって4八歩成を先に。これなら次に5八とがある。そこで2七角に2五桂でした。
2013/09/05(木) 12:22 | URL | さわやか風太郎 #-[ 編集]
58手目の局面
ここで上手は4八歩成としましたが、この手で3八飛が下手を悩まして面白いかも。
3七角は2五桂、2六角、4八歩成で次に5八とを見る。3七銀と角に紐をつけるのはやはり2五桂とし、2七角の飛車取りに構わず4八歩成が2八飛成、同銀、4六角の狙いと、じっと4七とと引く手を見て厳しい。
2013/09/04(水) 22:27 | URL | さわやか風太郎 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

RAY

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。