指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第23回社団戦 1日目 その一

今年も社団戦の季節がやってきました。
去年の最終日にFujiさんを励ましたのが昨日の事の様です。

今年もLPSAからは月組と星組の2チームが参加します。

去年の社団戦、星組は上を目指す棋力の高いメンバーで、月組は棋力が低くても楽しめばOKというチーム編成でした。
級位者のわたしは当然月組のメンバーです。
去年の社団戦はとても楽しかったので、今年は自ら参加したいと思っていました。

ところが…

元々月組はLPSAのマンデーレッスンの生徒が中心になって立ち上げた社団戦のチームです。
マンデーレッスン生徒が社団戦に出ることを知り、水曜教室でも社団戦に出ようということになったようで、もう1チーム作る事になりました。
それが星組です。
第19回社団戦にLPSAから2チームが初参加。
初参加チームは3部からのスタートになりますが、3部は相当強くて、両チームとも降級でした。

翌年の20回大会では星組のメンバーが揃いませんでした。
そこで金曜サロンのメンバーが中心となり星組を引き継ぐことになりました。
月組は4部リーグ赤で8位、星組は4部リーグ青で12位という結果でした。

21回大会から5部が新設され、月組は4部、星組は5部となりました。
星組はWさんが大野教室の生徒さんに声を掛けたりして、中々の強豪が揃い昇級しました。
しかし月組はメンバーが揃わなかったため、級位者にも参加を頼んでの出場となり、残念ながら降級。

21回大会まではマンデーレッスン中心の月組と金曜サロン中心の星組で参加してきましたが、22回大会の時はマンデーレッスンからの参加者がほとんどいなくなってしまい、よっしー監督が2チーム共任される事になってしまいました。
22回大会ではよっしー監督が4部の星組には棋力の高いメンバーで固める布陣を敷きました。
采配が功を奏して見事昇級。
その代わり月組は棋力の低いメンバーが集まることになったので、昇級を目指す事無く楽しむ事に徹するチームとなりました。
わたしも月組で存分に楽しませていただきました。
結果は当然の如く(苦笑)昇級ならず。

今年の23回大会は星組が3部、月組が5部での出場です。
わたしは当然楽しむ月組で出場するものと思っていました。
ところが去年、一昨年と参加していなかったマンデーレッスン生徒が社団戦に復帰することになりました。
よっしー監督は棋力でチーム分けをするつもりで、マンデーレッスン生徒には星組で出てもらうように頼みました。
でも「月組はマンデーレッスンのチームだから、月組のメンバーはマンデー生徒中心にしてほしい。」と言われたそうです。
確かに月組を立ち上げた中心人物で、月組に対する愛着心は理解できますが、二年間メンバー不足に悩みながらも何とか2チームを運営していたよっしー監督と金曜サロンメンバーとしては多少不満もありましたが、結局、月組に関しては全て任せるという事になり、よっしー監督は星組に専念。
LPSAの社団戦チームとしては本来の形に戻る格好となりました。
Honさんから今年は星組へ参加して欲しいと言われましたが、3部では敷居が高いので今年は社団戦不参加を決めました。
ところが社団戦が始まる一週間前になってよっしー監督からメンバーが足りないので出て欲しいと要請がありました。
3部では全敗が見えているので辞退したのですが、不戦敗よりはましだからということで参加することに…。

チームの足を引っ張ることが目に見えているので乗り気ではないのですが、7月1日に社団戦一日目に参加してきました。
この日はどうしても外せない会議があり、会議終了後に浜松町へ向いました。
昼過ぎに会場へ到着。

9
10
一回戦は『オール大泉高』チームさんに2勝5敗で負けていました。
今年の星組は去年のベストメンバーから一公さんとけんたさんが抜けてしまいましたが、それでもそこそこの棋力のメンバーが揃っています。
それでも2勝しか出来なかったとは、やはり3部のレベルは高いですね。

1
2
3
わたしが会場に入った時、『理科大OB』チームさんとの二回戦が始まるところでした。

5
今年のチームメイトの面々。

18
1将と2将は将棋倶楽部24リレー将棋大会のLPSA宙組メンバー、俊さんとFujiさんが務めています。
3将はSakさん。

14
4将ミスター中飛車さん、5将よっしー監督、6将はなちゃん、7将Honさんという布陣。

わたしは三回戦からの出場予定。
すこし場内を回って写真を撮る事にしました。

19
28
LPSAのブースへ行くとたいふー先生が「新しい本を宜しく~!」

23
新しく風船の人形がお目見え。

24
32
38
扇子、書籍、布盤、LPSAの定番グッズ。

37
新発売の『ショウギショコラ』『はじめてのしょうぎセット』も展示してありました。

39
写真を撮っていたら美夏先生が「わたしの一押しなの!よろしくね!」

44
はじめてのしょうぎセットは駒のデザインが絶妙で、駒の動きのヒントがでしゃばり過ぎず、普通に将棋が指せる人にも違和感無く指せ、これで将棋を覚えた人も普通の駒にステップアップしやすいでしょう。

46
今年は1部が16チームの1リーグ、2部が16チームX2リーグ、3部も16チームX2リーグ、4部は20チームと18チームのリーグ、5部は16チームX2リーグで、計150チームの参加です。
各チーム7名プラス数名でチームを組んでいるので、会場には軽く1000人を超えた人が集まっています。

45
よっしー監督とHonさんが三段で、あとの五人は四段ですが、流石に3部の壁は厚く、またしても2勝5敗でした。
チームは残念ながら連敗スタートとなってしまいました。

49
50
さて、一日目三回戦からいよいよわたしの今年の社団戦が始まります。
対戦相手は『将棋チェスネット1』チームさん。

それでは7将で参加したわたしの一局目を見てください。







45手目の香打ちで負けを覚悟しました。
大駒を二枚とも切っているので、入玉してしまえばこちらの点数が足りないので勝ちだとの考えはわかりますが、51手目は▲5八金として4筋から3筋へと逃げれば捕まらなかったですね。
完全に負けていた将棋を拾わせていただきました。
わたしがチームでは一番早く終局しました。
チームメイトには「わたしは勝てないので、残り6人で4勝してくださいね。」と言って三回戦のメンバーに加わりましたが、なにはともあれ3部での初勝利をあげました。
流石にあとの6人で3勝なら大丈夫だろうと安心していたのですが、徐々に終わっていく対局は勝ったり負けたりで、最終的には4勝3敗でLPSA星組の今シーズン初勝利となりました。
なんと、二歩を打たなければ相手チームが勝っていたところでした。
相手の7将さんは悔しい思いをしたことでしょう。
打ち上げで仲間に責められていなければいいのですが…。
最後は『歩を打て』と念じて、自分でも卑しい心だと自己嫌悪に陥りましたが、チームにとってはとても大きな1勝になりました。

チームにとっての初勝利をあげられ、みんな気が楽になったのではないでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
レス
コメントありがとうございます。

>Fujiさん
△2八歩があるんじゃないですか!
Fujiさんに指摘されるまでまったく気付いていませんでした。
通常の横歩取りでは▲2六飛と回っているか▲3八金と上がっているので、△2八歩はありません。
はなから2筋には目が行っていませんでした。
定跡から外れた手には何かあると注意しないといけませんね。
34手目はやはり△8五飛でしたか。
自分としては▲4三角の狙いを見抜いて『よく気が付いた』と思っていましたが、その先を読めていればよかったんですね。
まぁ、そこまで読めるようになったら級位者は卒業でしょうが…。

>一公さん
一公さんのお言葉、ありがたく頂戴いたします。
悪いながらも45手目で諦めずに、相手玉に迫る指し方をして焦らせたことが二歩を呼んだのでしょう。
そのように指せたのも、多少は棋力が上がっているのかもしれませんね。

>さわやか風太郎さん
なるほど、△5五飛ですか。
引く事だけ考えていて、回る事はまったく考えませんでした。
再度同じ局面が出現したら回ってみたいと思います。
2012/07/26(木) 22:53 | URL | RAY #-[ 編集]
29手目
7七桂はお初。8四飛は穏やかですが、5五飛はどうなのだろう。
次に7五歩の桂頭攻めを含みにする。それを嫌がって3五歩は同飛で今度は3七桂の頭を攻める。
2012/07/26(木) 18:56 | URL | さわやか風太郎 #-[ 編集]
二歩
一間飛びの二歩でしたか。
私も中井先生との指導対局で、▲8五に歩がいるのに、堂々と▲8七に歩を打ちました。全然、8五の歩が視野に入っていなかった。二歩を打つ時の心理なんてそんなものです。
勝っても釈然としないRayさんに、次の言葉を贈りましょう。
「何で勝っても勝ちは勝ち」
2012/07/26(木) 01:00 | URL | 一公 #udg4x/Zk[ 編集]
大健闘
そうですね。昨年の社団戦がついこの間のように感じます。その節はお世話になりました。おかげで、今年も参加することとなりました。チームも自分も2連敗でどんよりしていた3局目。自分の対局が終わりようやく初勝利をあげてほっとしていたのもつかのまで、チームの成績が気になり確認開始。同僚が1勝していたのは確認しており、Iさんが必勝形だったのですが、あと1勝は厳しい感じでした。ああ負けかと思っていたらRAYさん勝利の連絡が・・
うれしかったです。でも後味が悪いですよね。今度は完全なる勝利を期待しております。初日の状況をみている限り3部でも十分に戦えると思います。
さて本局ですが・・・「横歩を取れない男」ですので、十分な検討とはいえないですが、
①19手目の4八銀は悪手だと思います。20手目2八歩ではいけなかったのでしょうか?労せずして桂得になり優勢かと思います。
②34手目は第一感の8五飛かと思います。4四角同歩4三角に対してはじっと2三歩とし3四角成なら6五飛とし、やはり桂得になります。
5五角と打たれてからは苦しいですよね。でもあきらめないことが勝利につながったのかもしれません。一部で不評を買っている「Fuj」ですが、こと社団戦では大切だと自分では思っております。第4戦目の棋譜アップもお待ちしております。
2012/07/25(水) 20:49 | URL | Fuj #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

RAY

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。