指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフター将棋合宿 in 越後屋 その五

181
対局場はパーテイションで二つに区切られています。
前日は隣りを会議に使っていました。
しかし、コンパニオンも入っていたので、会議という名の宴会でした。
かなり賑やかに飲んでいましたが、そんな事は関係なく、こちらでは夜中まで将棋三昧。
この日はこの看板が出ていました。
廊下に灰皿が置いてあり喫煙スペースとなっています。
対局の合間にタバコを吸いに廊下へ出ると、隣の方々が数名一服していたので、話しかけました。
話し掛けた方は北海道へ転勤中で、この合宿の為にわざわざ秩父まで出てきたそうです。
「わたしたちはかなりの将棋バカの集まりなのですが、囲碁の為にわざわざ北海道から参加するなんて、囲碁バカもかなりのものですねぇ(笑)。」と言うと「そうですね。」と苦笑いしていました。
「女性の方がいましたけど、もしかして中井さんですか。」
「はい、そうですよ。」
「やっぱり! さっき仲間に『隣に将棋の中井広恵が来てるみたいだ』と言ったんですが、『まさかこんな所にそんな有名人がいるはずないよ』と言われたんですよ。」
「いや、そのまさかです。」

179
隣りの囲碁部に触発されて不利飛車迷人さんは大野先生と囲碁を打ち始めました。
大野先生は囲碁も強くて、アマ五段位の棋力があるそうです。

184
182
183
奥では食事が運ばれて支度が整いつつありますが、昨日のわたしのようにギリギリまで指しているkkさんと俊さん。

186
メンバー全員が揃ったので、Honさんの音頭であらためて乾杯。

192
193
食事が済んで温泉に浸かると、またすぐに将棋が始まります。

190
土曜参加組の指導対局がすべて終了。
リーグ表を見てみれば、なんと!指導対局に勝ったのはわたしの二局のみ!
みんなから『今回の合宿のMVPはRAYさんだ』と言っていただきました。
それにしても大野先生は負けませんねぇ。

189
「こんな機会じゃないと出来ないから、息抜きに少し打ちましょう。」と誘われて麻雀を少々。
わたしは二十数年ぶりの麻雀で、勝負勘が戻らずに二着と三着でした。
久しぶりに牌を摘みましたが、麻雀も楽しいですね。

194
195
今度はFujiさんが大野先生に井目で碁を教わっています。
写真を見ると黒の厚みもなかなかですが、上辺と左辺の白の地も大きそうです。
結果はどうだったのでしょうか。
中井先生も大野先生に囲碁を教わっていました。
「最初はわたしが広大な土地を持っていて大野先生は四畳半一間なのに、いつの間にか勝手に人の家に土足で入り込んできて、わたしの家を奪っちゃうんだから、大野先生はほんとにイジワル!」と、大野先生は中井先生から罵声を浴びせられていました(笑)。

わたしはルールだけ知っているという程度ですが、わたしも碁を打ってみたくなり、夕飯後にkkさんにお付き合いしていただき、碁を一局打ちました。
結果はkkさんが八十数目でわたしが五十数目。
三十目くらい負けました。
碁は負けても五十目取れたと満足できて、悔しさはそれほどでもありません。
将棋は『ALLorNOTHING』なので、どんなに多く駒台に駒が乗っていても詰まされれば負けです。
碁のように『何目取った』という結果は残らず、どんなに途中優勢でも残る結果は『負け』のみ。
だから将棋は負けると悔しいんですよね。
でもその厳しさが面白さでもあるのですが、逆にその厳しさが性に合わないと将棋を敬遠してしまうのかもしれません。

麻雀と囲碁でリフレッシュできました。
となればやっぱり将棋です。
俊さんとのリーグ戦を見てください。
Fujiさんが5分切れ負けは厳しいと言うので、ハンデは35分と10分の切れ負けとしました。







四段と1級の棋力差では10分あると上手は乱れませんね。
俊さんはジョナ研メンバーでは角換わりのスペシャリストです。
俊さんに少しは冷や汗をかかせるくらいには角換わりを勉強しなければいけませんね。

不利飛車迷人さんとkkさんとのリーグ戦も棋譜を採ったのですが、なんと言っても切れ負けなので、終盤は棋譜をつける余裕がありませんでした。
終盤だけなので、帰ってから並べ直せばいいと思ったのですが、全く思い出せません(苦笑)。
お二人との将棋を紹介できないのは残念です。

196
お隣の囲碁部の方々は0時前には対局場を出ましたが、バカの中のバカが集まる我が将棋メンバーは結局連日の3時半終了となりました。




関連記事
スポンサーサイト
コメント
>さわやか風太郎さん
やはりそうでしたか。
角換わりは難しいです。
1級同士の対局だと、これでもゴチャゴチャと戦っていい勝負になるのですが、流石に四段相手では定跡を知らないとダメですね。
2012/06/23(土) 17:08 | URL | RAY #-[ 編集]
No title
8五歩と飛車先を伸ばされて7七銀とするのは疑問。
直ちに2四歩、同歩、同銀でした。
2012/06/21(木) 22:06 | URL | さわやか風太郎 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

RAY

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。