指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第百六十九局 渡部愛TJP戦

3月23日、らぶ先生の指導を受けに芝浦サロンへ行きました。
目的はもちろんらぶ先生のサインです。
前エントリのまりか先生との指導対局と同じ日だと気付かれましたか?
そうです。千駄ヶ谷と芝浦と指導対局のはしごです。
駒込サロンの常連にKURIさんという方がいました。
このKURIさんがいつもスーパーサロンから駒込サロンのはしごをしていました。
「好きだねぇ。」「よくやるよなぁ。」などと言われていましたが、まさか自分が同じ事をするとは…。
一公さんからしょっちゅう「バカだねぇ~。」と言われているわたしですが、これでは否定しようがありませんね(苦笑)。

49
50
51
一ヶ月ぶりのサロンです。
入り口脇の受付テーブルには色紙や扇子などが置かれています。
駒コースターは種類が増えていました。

52
受付を済ませると棋書をプレゼントと言われたので、特に選ばずに手に取った一冊を頂いてきました。
必至問題集かぁ…。
将棋の神様が終盤の勉強をしろと言っているようですね。

57
サロンへは一番乗りだったのでらぶ先生を独り占め。

59
席に着いて駒を並べます。
駒込サロン時代は指導対局が始まる前に数人のメンバーが来ている事が多かったので、先生と二人きりで駒を並べる事はあまりありませんでした。
大体先生が王将を置いて、サロンメンバーが玉将を置いた後、「後は並べておきます。」と言って両方の駒を並べて、早く対局を始められるように準備をする事が多かったですね。
わたしは大橋流でいつも並べています。
らぶ先生も大橋流でした。
サロンへ通い始めたごく初期の頃に、たしかまどか先生だったと思いますが、伊藤流で並べていて、「珍しい並べ方ですね。」と言った記憶があります。
その時初めて駒の並べ方に大橋流と伊藤流があることを知りました。
まどか先生は「大橋流は香車を置いた瞬間に相手陣に利きを通してしまうでしょ。だから歩を先に並べて相手陣への利きを遮ってから香、角、飛車を並べるという奥ゆかしい気持ちが伊藤流の並べ方なんですよ。」と教えてくれました。
それでも大多数のプロが大橋流で並べているという事は、香車・角・飛車と並べた時に相手陣に利いていても、特に失礼に当たるという訳ではないのでしょう。

73
指導対局が始まるとおやつを出してくれました。

66
69
駒を並べ終わって指導対局開始。
らぶ先生を独り占め出来るというのも貴重な体験なのですが、サインを貰うためには多面指しのハンデも無いと厳しいので痛し痒しというところです。
しかし、数手指したところでサロン会員が来てすぐに三面指しになりました。

それではらぶ先生とのサイン勝負を見てください。







感想戦は「角を取られてはいけませんでしたね。」とらぶ先生に言われ、「馬の存在が抜けていて、形で角を打ってしまいました。」の会話で終了。
自陣を整備してから攻めようと考えましたが、上手は角を手放しているので打ち込みを気にすることは無いので、38手目に▲4一角と打って、▲2二歩か▲3二角成から▲2二金で2筋突破を図れば良かったと思います。
良い所無く負かされましたが、敗因がはっきりしているので後を引くことはありません。
将棋界には『錯覚いけない、よく見るよろし』という金言が残されています。
升田幸三実力制第四代名人の言葉だったでしょうか。
この言葉をもう一度噛み締めて、気を付けたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
レス
コメントありがとうございます。

>さわやか風太郎さん
▲3八銀と上がったからには角交換を拒否して棒銀に出て角を苛める展開にしないといけませんでしたね。
56手目に▲2二歩ですか。
気付きませんでした。
勉強になります。

>瀬戸のひしおさん
らぶ先生との対局が実現する事をお祈りしています。

>不利飛車迷人さん
はい、その通り。
一公さんとはすれ違いになりましたが、ジョナ研の日でした。
将棋の内容に関しては▲3八銀を活かさなかった事が全てですね。
2012/05/22(火) 22:33 | URL | RAY #-[ 編集]
感覚を磨いて欲しい
久しぶりの更新ですね。

3月23日?
ハテ、確かその日は私もサロンに行っていたような、別の日だったような・・・・

記憶が確かならRAYさんがジョナ研に行くと早めにサロンを出た日ではなかったかな。
その後一公氏がサロンに来て遊んでいたような気がする。

一公氏にジョナ研に行かないのか?と声を掛けるとサロンで遊んだ後ジョナ研に参加すると言っていた日のような気がします。




将棋は30手目▲6八銀と角交換を挑んだ構想が明らかに変でしょう。

さらに32手目▲3三角成がお手伝いの1手ですね。

34手目▲7七銀と戻しておりますがこの間何手損をしているのでしょう。

30手目に戻ってここでRAYさんの取るべき方針は▲6八銀から戦いを挑む手ではなく右銀を活用する手や玉を固める手或いは引き角から角を活用させる手などでは無いでしょうか。

囲いは中途半端、攻めの主役になるべき3八銀の存在も中途半端。

こんな状態で自ら開戦を仕掛けるとは自殺行為に近いという感覚を養って欲しいものです。

手筋の一つ二つ覚えるよりも、こういう感覚を養うことの方がよっぽど上達の近道でしょう。




結論:

本局の敗因は序盤早々に▲3八銀(急戦を指向した)と指した手を生かさず、中途半端な形から起こさなくても済む無理な戦いを仕掛け(▲6八銀~▲3三角成)中盤でも遊び駒を活用しようとせず、(44手目では3八銀を活用すべき、例えば▲4九銀~▲5八銀)端に無駄な手を掛け58手目▲2一角と自爆したということでしょう。




22手目▲5六歩とお付き合いしてますが、どういう構想なのでしょうか。
攻めの主役を14手目に指名したことをお忘れではないですか?

24手目▲7七銀として引き角から角交換を挑む構想だとか、14手目に指名した主役の存在は覚えていないのでしょうか。

30手目▲6八銀・・・・・

“3八銀ココロの嘆き”
ご主人様はオラの事などすっかり忘れちまったダ、オラ、オラ悲しいダョ。
早めに主役に指名して貰えたのでオラ今回こそはと張り切って心の準備をしていたのに、今回も置いてけぼりを喰らっちまうダョ、ご主人様早いとこオラの存在を思い出してケレ~
2012/05/17(木) 17:13 | URL | 不利飛車迷人 #dDm6s.8Q[ 編集]
渡部先生もしくは。。。
サロンへは年に一度なので未だ渡部さんには一度もお会いしたことが有りません。(卒業されたので各地のイベント等に参加されるかな?)
まどか先生といえば以前渡部さんの心配をされていた記憶が有ります。書かれていた駒の並べ方にしてもですが、ああ見えて結構気遣いされる方ですね。(笑)

芝浦以外で指導いただける機会が増えるかな?。
2012/05/14(月) 02:04 | URL | 瀬戸のひしお。 #-[ 編集]
56手目1四歩
この手順は確かに暴発です。ここは単に2二歩と垂らす。同金は3一角からこちらも馬を作って対抗する。
上手としては2一歩成から1一との香取りが実現するとジリ貧。よって6五歩、同歩、7三桂と攻める展開でしょうか。
ただ右銀が遊んでしまうのが下手としては辛い。
2012/05/13(日) 20:08 | URL | さわやか風太郎 #-[ 編集]
上手からの5五歩交換
機敏でしたね。下手3八銀型の裏を突いている。
これが4八銀なら6六銀から5七銀上と中央に勢力を集め、そのまま中押し勝なのですね。
仕方ないから4五歩に3六歩と突いて3七銀から4八飛と4五歩を目標に攻めの態勢を作るのかな。
2012/05/13(日) 19:52 | URL | さわやか風太郎 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

RAY

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。