指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第十局 大野八一雄七段戦

113
大野先生は10面指しなのでおやつを用意する暇がありません。
「お腹がすいたかな。後でおやつを出すから、とりあえずこれを食べていてください。」と言って、お菓子を一つ。

117
しばらくして「用意する時間が無いから、もう一つ、これを。」と言って、またおかしを出してくれました。
結局、この日のおやつはこの二つでした。
おやつを楽しみにしている子供たちには満足できなかったかな(笑)。

102
103
大野先生がグルグル移動しながら10面を指していきます。



それでは、この日の二局目、第十局です。







前局で初勝利をあげられて、この日はそれだけで満足だと思っていましたが、なんと連勝が目の前まで来ていました。
惜しかったなぁ。
実は放課後に大野先生から、勝った前局ではなくこの将棋を褒められました。
相手の手を殺すプロ好みの指しまわしだと言っていました。
いつもは自分の指したい手(大体が攻める手)を指すのですが、この時は何故か「こう指されると嫌だなぁ。」という手が目に付いて、攻めたい気持ちを抑えて、悪くならないように我慢する手を指していました。
自分の棋風とは違う将棋だったので、対局が終わるとドッと疲れがでる、とてもストレスの溜まる将棋でした。
つくづくプロに勝つのは大変だなぁと感じました。
と、同時に、大野先生に勝ちたいという気持ちが湧いてきて、大野教室は楽しいなぁと再認識しました。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
レス
コメントありがとうございます。

>paraさん
62手目、▲1四銀は有力そうですか。
これからはこの端攻めも頭に入れて指してみます。

>さわやか風太郎さん
桂の只捨てから▲5四とですか。
気が付きませんでした。
手はあるものですねぇ。
2009/12/31(木) 23:08 | URL | RAY #-[ 編集]
99手目4四金の局面
ここで5二とと寄っていますが、5六桂はどうですか。5五金と逃げるなら、6四桂、同銀、5四と。
2009/12/29(火) 15:53 | URL | さわやか風太郎 #-[ 編集]
なるほど~
92手目▲4三とは、下から△5二歩か△5三歩と受けられて、と金取りを受けるのに▲4四歩ではさえないなぁと思っていました。改めて考えてみると▲4四金と打って有望そうですね。

62手目▲1四銀からの攻めもありそうですね。以下、△同香▲1五歩△同香▲同香△4六歩▲同角△3五銀▲7九角△5七歩のような感じでしょうか。上手の手が遅れている感じなので下手指せそうですね。
2009/12/24(木) 01:19 | URL | para #9balLIT6[ 編集]
レス
コメントありがとうございます。

>paraさん
92手目は変化手順のように▲4三とが良かったですかね。
128手目から▲7五桂△同歩▲7四銀△6四玉▲6二竜△6三銀の変化は、▲同銀成△同金に▲7四金と捨てて詰みですね。
144手目でも詰みがありましたか…。
しばらく考えたのですが分かりません(^_^;)。
もう少し考えてみますね。

>一公さん
ひっそりと始めたのですが、一公さんにも見つかっちゃいましたかぁ(笑)。
62手目に▲1四銀は考えましたが、わたしの読みは△同香▲1五歩に△1三歩▲1四歩△同歩▲1八香打△2四銀と受けられてはっきりしないというものでした。
でもそこで▲同角と切れば△同歩に▲1四香で1筋は破れてますね。

2009/12/22(火) 22:03 | URL | RAY #-[ 編集]
はじめまして
(このサイトでは)はじめまして。いつも楽しく拝見しております。
61手目△3三桂に▲2四歩で▲1四銀はどうでしょうか。△同香に▲1五歩。ここで△4六歩▲同角△4五銀▲7九角△4六歩なら、▲1四歩で次の▲1三歩成~▲2三とを見て下手十分。
でも先に駒損するから、無理でしょうか。
2009/12/21(月) 17:44 | URL | 大沢一公 #udg4x/Zk[ 編集]
残念!!
本当にいい将棋でした。RAYさんの実力がぐっと向上しているのがよくわかります。
じっと我慢して上手の手得が生きない展開にしてからの60手目▲2五銀からの踏み込みは見習いたい指し方です。

さて92手目▲5三歩で▲5二歩ならば、と金が確実でもっと良かったと思います。
128手目で私も考えましたが、かなり大変でした。▲7五桂△同歩▲7四銀△6四玉▲6二竜△6三銀と引かれたときの変化の詰みがなかなか見えませんでした。

144手目▲6六銀では、▲4三銀以下の即詰みがあるように思いますので、最後の最後までチャンスがあったのではないでしょうか。これからも期待しています。お互いに頑張りましょう。
2009/12/20(日) 13:24 | URL | para #9balLIT6[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

RAY

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。