指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第四十六局 大野八一雄七段戦

1月8日、大野教室に行ってきました。

9
1時をちょっと回った位に教室に到着。
既に五面指しでの指導が始まっていました。

16
15
18
新年のご挨拶をして、写真を数枚撮ってから、空いている盤の前に座って指導を受けます。

29
わたしが着席して駒を並べていると、不利飛車迷人さんとFujさんもやってきて、あっという間に盤は埋まってしまいました。

39
35
後を追うように続けて生徒さんが訪れて11人になり、急遽、植山先生に連絡をして指導に来て貰う事になりました。

31
年が明けてからネットで3局指しただけで、駒に触るのはこの日が初でした。
それでは大野先生の七面指しでの指導対局を見てください。







46手目は▲5五同角△同歩と交換して、△2八角を受けて▲2六飛としておけば下手不満無しだったとのアドバイス。
大野先生は不利を覚悟で角をぶつけたようです。
角を苛めようなどと欲を出したのがいけませんでした。
「▲6六歩を見て、俄然やる気が出てきました。」と、感想戦での大野先生の発言がありました。
▲5三歩のくさびが入って、59手目の局面は指せると思っていましたが、実際はもう紛れてきていたのでしょうか。
83手目の局面も、下手に何か手段は無いのかと思いますが、すでに負けの局面なのでしょうね。

新年一局目は勝てず、お年玉は頂けませんでした…。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

RAY

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。