指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セカンドトーナメント 一回戦

本戦は一回戦負け。
まぁ、予定通りといえば予定通りです(苦笑)。

セカンドトーナメント一回戦はI1級との対戦。
大野教室では1級に降格しましたが、今まで初段で参加しているLPSAの大会に、今更1級で参加は出来ないので初段で参加しました。
なので、振り駒はせずにわたしが後手を持っての対局となります。

わざと負けたりはしませんが、勝てば勝ったで嬉しいし、負けたら負けたでらぶ先生の指導対局が受けられるので、勝ち負けを気にせずに将棋に集中しました。

それでは見てください。







相矢倉で▲3五歩と突いて良い局面を理解する事が出来て、有意義な感想戦でした。
後手に一歩手持ちにさせた状態で▲6八角と引いてから▲4六銀と出てはいけませんね。
このあたりは先手を持った時の参考になります。
40手目に△3六歩と打てば大優勢だったでしょう。
85手目の局面で、秒読みの中、『△7八銀成▲同玉△5八飛に▲6八合いとさせて△2四角と逃げれば詰めろだ』と、よく読めたと思います。

感想戦が終わってもまだ3時前でした。
次のセカンドトーナメント準決勝に負けても、まだ4時頃でしょうから、指導対局の時間は十分残っていそうです。
一つ勝てて、気分良く指導対局を受けられます。
次も勝ちに拘らずに気楽に対局に臨みます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
レス
コメントありがとうございます。

>Fujさん
あれ、ほんとだ、即詰みだ。
自玉に詰みは無いと思っていたので、相手玉を詰ませる事は考えませんでした。
Fujさんが横歩取りを勉強しているあいだに後手一手損角換わりの勉強をして肩透かしをくらわそうかな(笑)。

>さわやか風太郎さん
矢倉講座ありがとうございます。
▲7五歩は知らないと取ってしまいますね。
▲7五歩△同歩▲6五歩△7三角
▲7四歩△5一角▲4六角△9二飛
という進行ですか…。
それでも銀と歩の交換なので、まだ後手が良い様には見えますが、他に先手の狙いがあるのでしょうか。
2011/12/27(火) 23:20 | URL | RAY #-[ 編集]
No title
32手目ノータイムで3六歩ですね。
以下4六銀、4五歩、7五歩。これ、絶対に同歩としてはいけません。7二飛ですね。7四歩の取り込みに8二角と引けば以前銀得が約束されていますね。
これも矢倉の常識なんですよね。
2011/12/27(火) 22:39 | URL | さわやか風太郎 #-[ 編集]
連続レスすいません。
最後書き忘れましたが、88手目に6八金と打てば即詰みです。恐縮です。2011年は大変お世話になりました。来年もよろしくお願いします。来年指す機会があり、私が先手なら15手目に気合を込めた手を指しますので、その節はよろしくお願いします。
2011/12/27(火) 21:32 | URL | Fuj #-[ 編集]
おめでとうございます。
快勝でしたね。ところでそもそも32手目の場面で3六歩と打てば、すでに大優勢では?31手目では1八飛なら無難ですし、46角なら角交換になります。どちらも、一局の将棋です。30手目4五歩なら以下5七角5三銀4六歩4四銀4八飛
3四銀なんて展開になります。
2011/12/27(火) 21:02 | URL | Fuj #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

RAY

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。