指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社団戦 四日目 四回戦

団体個人戦最後の対局です。
団体個人戦は、まずレーティング順に16人ずつのグループを作り、1から16まで番号を付けます。
対局はこのグループ内だけで行ないます。
一回戦は1番と2番、3番と4番、5番と6番…、と、対戦相手は自動的に決まっています。
二回戦は1番から4番、5番から8番と、4人ずつの4グループに分けたなかから、一回戦で勝った人同士と負けた人同士の対局になります。
二回戦終了時には、1番から4番のグループには『○○』『○●』『●○』『●●』という成績の4人になります。
三回戦は1番から8番と9番から16番のグループで、同じ成績の者同士で対局します。
つまり、『○○』対『○○』、『○●』対『○●』で対戦します。
三回戦終了時、8人のグループは、
『○○○』『○○●』『●○○』『●○●』
『○●○』『○●●』『●●○』『●●●』
という成績の8人になります。
四回戦も同じように、1番から8番のグループと9番から16番のグループから同じ成績の者同士で対局します。
このように16人のグループの番号が決まれば、あとは勝ち負けによって機械的に対戦相手が決まっていきます。

わたしは35グループの12番でした。
一回戦は35グループの11番の方との対局。
一回戦で負けたわたしは、二回戦では9番と10番の対局で負けた方との対局。
二回戦に勝ったわたしは、13番から16番のグループで『●○』の成績の方との三回戦。
三回戦に負けたわたしの成績は『●○●』となりました。

18
四回戦の対戦相手は三回戦に続き『フェアリープリンセス』チームさんのメンバーでした。
この方は1番から8番のグループで『●○●』という成績だったということですね。

勝って2勝2敗の指し分けとなるか、1勝3敗となるか、四回戦の将棋を見てください。






いつもの事といえばいつもの事ですが(苦笑)、またもや勝ち将棋を落としてしまいました。
といっても、46手目に△5五歩と突かれた時は、早くも負けを覚悟したんですけどね。
こんな単純な手をうっかりしてはいけませんね。
しかし、そのあと捻り出した苦し紛れの手に後手が対応を誤ったようで、69手目に飛車が成り込んだ局面は居飛車良しの分かれでしょう。
70手目の局面、本譜は▲3一飛と攻めの手を指しましたが、▲5六同金△同歩▲同金と清算して、拠点の歩を無くしてしまった方が良かったかもしれません。
拠点を残したまま攻め合ったので、86手目に△5六銀と攻める手を与えてしまいました。
それでも銀一枚だけの攻めなので、まだまだ先手良しだったでしょう。
紛れるきっかけは95手目の銀打ちでしたか。
95手目に▲5五金と打ち、攻め急がず▲5六玉と歩を払ってしまえば後手の攻めは無くなっていましたね。
109手目、読み切れずに詰ましに行ったのが敗着でした。
詰みがあるのに詰みがわからず、詰ましに行かずに負けたり、詰みが無いのに詰ましに行って負けたりなどの将棋が多いので、この終盤が多少でも改善されれば、少しは勝てるようになるかもしれません。

アドバイス頂きたいのは6手目の局面から▲2四歩が成立しているのかどうかです。
知っていれば次にこの局面を迎えても時間を使わずに指すことが出来るのでよろしくおねがいします。

これで団体個人戦終了。
わたしの成績は『●○●●』の1勝3敗でした。
16人のグループでは4勝0敗と0勝4敗が一人ずつ、3勝1敗と1勝3敗がそれぞれ四人、2勝2敗が六人になります。
4勝0敗には5点、3勝1敗は3点、2勝2敗は2点、1勝3敗は1点として、チーム合計点が出されます。
この点数がリーグ戦の成績に反映されます。

社団戦4日目の団体個人戦が終わり、いつもの居酒屋さんへ移動して打ち上げです。
この日は参加者が少なく8名での打ち上げとなりました。

22
恒例の成績発表。
この日、今年の目標だった社団戦初勝利を上げたGくんが喜びの成績発表。
初勝利にとどまらず2勝2敗の指し分けの好成績でした。

29
アルコールが入って良い気分になって来たところで盤が出されて検討や実戦が始まります。
将棋を肴に気の合う棋友と飲むお酒はおいしいですねぇ。
これで成績が良かったらもっと美味しい酒になるんですが…(苦笑)。

将棋漬けの楽しい一日が終わりました。
今度の日曜日は社団戦最終日。
少しでもお酒の味が良くなるようにがんばってきます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
>ぶりさん
コメントありがとうございます。

6手目の局面から▲2四歩と行くと…
▲2四歩△同歩▲同飛に△3五角ではなく△3三角と打たれて、▲2一飛成は△8八角成から桂香を取り合うと先手の銀損。
両取りを受けて▲2八飛は△2七歩から△2二飛と回られて、どちらにしても振り飛車良しになってしまいます。
先日の社団戦でチームメイトに教えてもらいました。
本譜のように進めても、居飛車から角交換しても、どちらでも一局でしょう。
▲2四歩が駄目だとわかったので、次回からは悩まずに済みます。
2011/11/02(水) 00:08 | URL | RAY #-[ 編集]
6図の感想
私の棋力で申し上げるのは差し出がましいですが、▲2四歩は悪くないと思います。
でも、私がいつも指す手は、▲2二角成、△同銀、▲8八銀、△3三銀、▲7七銀・・・。
その後で、▲3六歩~▲3七銀と上がっていきます。

参考にはならないかな(^_^;)

次戦も頑張ってください。
自戦記、楽しみにしています。

永世14級 ぶり。
2011/10/31(月) 20:43 | URL | ぶりちゃん #EWjnz5Nk[ 編集]
レス
コメントありがとうございます。

>一公さん
もう少し序盤は飛ばして指した方が良いですかね。
でも、6手目の局面は知らないと時間を使ってしまいます。
居飛車党としては何の代償も無く2筋が切れるのなら切りたくなりますよね。
▲2四歩の変化を読んでいたら時間を使いすぎてしまいました。
穴熊に組まれたからといって、即振り飛車良しというわけでは無いのでしょう。
なので、▲5六角に変えて▲9六歩などでも一局ですね。
わたしは▲3六歩と急戦を見せているにもかかわらず△9二香と指されたので、咎めたくなりました。
打ち上げの検討で「変な手かもしれないけど…」と言ったのですが、俊さんは「悪手というわけではないでしょう。いや、ある手だと思いますよ。」との感想でした。
87手目はやはり▲5七歩でしたか。
見えてはいたのですが、攻めの棋風なので指せませんでした。
明日は最終日です。
お互いがんばりましょう。

>paraさん
なるほど、確かに105手目に▲6一龍で勝ちだったようですね。
龍を切る手はずっと前から考えてはいたのですが、流石にわたしの棋力では30秒では読み切れずに指せませんでした。
やっぱり社団戦は楽しいですね。
来年はparaさんも復帰してくださいね。

2011/10/29(土) 22:33 | URL | RAY #-[ 編集]
105手目
105手目の▲7二成香に代えて、▲6一竜でRAYさんの勝ちだったように思います。
これは、▲9二成香△同玉▲8三銀以下の詰めろです。
▲6一竜に△同角だと、▲2二竜が効いてもっと簡単に詰み。△8二歩くらいですが▲7二成香と駒を取りながら詰めろが続くので、▲6一竜なら勝っていそうです。
2011/10/28(金) 21:32 | URL | para #9balLIT6[ 編集]
序盤で時間を使いすぎる
RAYさんは序盤で時間を使いすぎてませんか? もっと気軽に指してもいいと思うのですが。
23手目の▲5六角は、私には打てません。
87手目は▲5七歩で先手勝ちでしょう。私なら投了してますね。後手の攻めを切らせてしまえば勝ちなので、攻め合う必要はないと思います。
30日の社団戦は、頑張ってください。
2011/10/27(木) 23:25 | URL | 一公 #udg4x/Zk[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

RAY

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。