指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社団戦 三日目 四回戦

83手目
三回戦の将棋の終盤の局面です。
みなさんはここでの正解手を発見出来たでしょうか。

頂いたコメントを紹介しつつ、打ち上げでの検討の様子をお伝えします。

さわやか風太郎さん
『一目3八歩かな。』

よっしー監督が気になったのがこの局面で詰みがあるかどうかでした。
この局面まで並べて、「詰みがありましたかねぇ。」とわたしが呟くと、さわやか風太郎さんのコメントの様にたいふー先生が「一目3八歩と叩きたいですねぇ。」
実際に△3八歩と打ってみます。
頓死の筋はあるのですが、応手を変えて駒を動かしていくとスルスルと玉が逃げて行って、結局△3八歩では詰まないという結論でした。

しかし、paraさんから『一目△3八歩としたいです。▲2八玉なら△3九角。▲同玉なら△4九銀で詰みませんか?』と、さわやか風太郎さんから『即詰ですね。初手3八歩でもよいし…』とのコメントがありました。
△3八歩から入っても詰みがあったようですね。
打ち上げの検討では詰みを見つけられなかったようです。

△3八歩が駄目ならばと△3八銀や△3八金を検討しましたが、やはり詰みません。
よっしー監督も「やっぱり詰まなかったのかなぁ…。」と諦めかけた時に「△4八金は?」という声が…。
ほんの一瞬間があり、「あぁ!詰みますね!」
みんなは頭の中で詰ましていたようですが、わたしにはどうすれば詰むのかサッパリわかりません(苦笑)。
「詰み手順を教えてください。」と、わたし。
「△4八金に、取れば△5九銀から△3八銀でしょ。逃げれば△2七歩と叩いて詰みですね。2筋の歩が切れていて叩けるのが大きいんですね。やっぱり、どうやって4九に角を打てるようにするのかがキモなんですよね。」と、たいふー先生。
「いやいやいや、ちょっと待ってください。まったくわかりませんよ。ゆっくりお願いしますよ~(苦笑)。」
みんなに笑われながら、よっしー監督がゆっくり詰み手順を再現してくれました。
△4八金に▲同玉は△5九銀▲3九玉△3八銀▲同玉△4九角▲2八玉△2七金まで。
△4八金に▲2八玉と逃げるのは△2七歩▲同玉△3八角▲3六玉△4七角成▲2七玉△3八銀▲1六玉△2七銀打▲1五玉△1四歩までで、こちらは金が一枚残っての詰みでした。

さわやか風太郎さん
『4八金に同玉は5九銀、3九玉、3八銀、同玉、4九角以下。 また4八金に2八玉は2七歩、同玉、3八角以下。 詰将棋として出題されたら秒殺かな。』
さわやか風太郎さんの言うように、詰みがある事がわかっている詰め将棋としての出題なら△3八金はすぐに気付くのかもしれませんが(といっても、わたしにはわからないでしょうが)、実戦の流れの中で、まして30秒の秒読みでは、流石のたいふー先生でも△3八金は指せたかどうかわからないという感じでした。

名無しさん
『本譜でも、△49金~△48金で同じですよね。』
そうなんですよ。
△4八金から詰む事がわかって、「詰みがわかったら△4八金と引けばまだ詰んでましたね。」と言われました。
この局面、わたしは詰ます事ではなく、△2七角から△4五角成と銀を外す事を考えていたので、△4九角から△2七金の詰み形には全く考えが及びませんでした。

一公さん
『この将棋は、ずーっと先手が指しよいと思っていました。44手目の局面も、先手が指せるような気がするのですが、ほかの検討陣は後手持ちだったということでしょうか。私の感覚がおかしいですか。』

俊さん
『まず思ったのが、24手目△5五飛では△2四飛かなーと。というのは、8四まで飛車が行くのに、△5五飛では3手。△2四飛では2手。6八銀はほっといても上がりたいところなので、△5五飛を利かす必要性は無かったかなと。どうでしょう。』

一公さんと俊さんから上記のコメントをいただきました。
後手持ちの評価は23手目の局面からですね。
2筋に歩を謝らさせた事で後手持ちとの意見でした。
24手目は俊さんの指摘通り△2四飛の方が良かったかもしれません。
44手目の局面は、先手は歩が立たない事と玉形の差で後手持ちという意見でしたがどうでしょうか。
わたしのヘボ将棋を笑って酒の肴にするというのが、打ち上げの恒例となりつつあります。
このように楽しむにはある程度お酒が入ってからの方が良いと思ったので、この日はかなり酔いが回った頃から検討を始めました。
みなさん、かなり良い気分になっていました。
たいふー先生もそこそこ飲んでいたので、△3八歩からの詰みを発見できなかったのでしょう。
そういう状況だったので、形勢判断もどの程度当てになるのかはわかりませんね(笑)。
詰みが発見できて、『詰みそうだ』と思ったよっしー監督は、自分の感覚が正しかった事に満足気でした。

さて、それでは四回戦の模様に移りましょう。

92
三回戦が終わって席を立つとひろみ先生が会場に見えていました。
ひろみ先生は『総選挙』の結果が気に掛かっているようです。
この時点では『第一回中間発表』の順位が発表されていて、ひろみ先生は5位です。
4位以内に入らないと対局出来ないので、ひろみ先生は自分への投票を呼び掛けていました。
そんな営業活動が実を結んだようで『第二回中間発表』では4位へ順位を上げています。
このまま対局権利を手に出来るのか、それともまだ順位の変動があるのか、暫くひろみ先生はヤキモキとした時を過ごすことになるのでしょう。

95
96
三日目最後、四回戦の相手は『名寿備梅』チームさんです。
名寿備チームさんは千葉県の津田沼カルチャー&将棋センターのメンバーで構成されているチームだそうで、3部に『名寿備松』さん、4部に『名寿備竹』さんと『名寿備桜』さんの計4チーム出場しています。
美夏先生は津田沼カルチャー&将棋センターの講師をしているので、メンバーは顔見知りばかりだと言っていました。
対局後に美夏先生から「RAYさんの対戦相手は元奨励会員だったんですよ。」と聞かされました。
奨励会試験に合格したということは、最低でも四段以上の棋力ということですよね。
対局前にそれを知っていたら、戦う前からビビッていた事でしょう。

それでは元奨励会員との四回戦を見てください。





端攻めのタイミングを逃してしまったので、正確に応対されるとこの攻めは無理だったはずなのですが、△4九角がイマイチの手だったので差が付かずに済みました。
しかし、飛車角交換の構想が間違った大局観だったようで、指しずらくしてしまいました。
それでも42手目の局面、後手は居玉で駒が上ずりぎみなので、まだ決定的な差にはなっていなかったようです。
それにしても元奨励会員が5部のチームにいるなんて、名寿備チームさんはメンバーの層が厚いんですね。
対局後に元奨励会員だと聞かされて、それじゃぁ勝てるわけはないよなぁと思いましたが、元奨励会員を相手にしても、序盤から一方的に負かされるわけではないという事がわかって、少し自信が付きました。

三日目も結局四連敗。
トータル八連敗となってしまいました。
チームは1勝6敗で負けてしまい、この日のチーム成績は1勝3敗でした。

対局が終わって打ち上げへ。

98
102
一人ずつ本日の成績を発表していきます。
この日も星組は絶好調で、6勝1敗、6勝1敗、6勝1敗、7勝0敗と、28局戦って25勝3敗でした。
成績報告もみんな3連勝や4連勝ばかり。
それに比べて月組の報告は残念なものばかりでした。

103
101
先月に続いてたいふー先生が打ち上げに参加してくれました。
この写真はたいふー先生が星組のアイドル、はなちゃんと目隠し将棋を指しているところです。
はなちゃんは駒を動かして指していますが、たいふー先生は盤面を見ていません。
更に驚いたのは、目隠し将棋を指している最中に、他で指している将棋の指し手にも意見を言っていた事です。
目を瞑ってずっと集中していても、目隠し将棋を指すのは難しいと思うのですが、途中で他の事を考えても続きを指して、しかも勝ってしまうんですからね。

105
106
たいふー先生は詰め将棋を用意していました。
ちょっとした将棋教室のような打ち上げとなりました。

108
109
そこここで実戦を指したり気になる局面を検討したり、本当にみんな将棋が好きですね。

次回は個人戦です。
個人戦はレートの近い人同士での対局になります。
わたしはまだ対局数が少ないので、まだ実力よりレートが高いので苦戦が予想されますが、せめて一つ勝ちたいと思っています。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
レス
コメントありがとうございます。

>Fujさん
△3八歩からの詰み手順、確認しました。
ありがとうございます。
43手目の局面を見て、よっしー監督のように『詰みそうだ』と感じるかどうかが大切ですね。
本当は棋譜を取りながらではなく、局後に並べ直せれば良いのですが、並ばないので仕方なく指しながら棋譜を取っています。

>さわやか風太郎さん
金銀三枚で守っているのでゆっくりとした攻めで間に合うのかと思っていました。
▲5四と△同歩▲3三角成だったら先手勝ちでしたか。

>よっしーさん
次回のエントリにも『一つは勝ちたいところ』と書かなくてもいいように、明日はがんばります。
2011/09/24(土) 21:25 | URL | RAY #-[ 編集]
一つは勝ちたいところです
話のタネに、なるべくみなさんの対局を見て回ることにしているのですが、2巡目に見た局面が問題の場面でした。
この局面をみんなで検討できてよかったです。
【教訓】
RAYさんの対局を並べるときは、途中で打ち切るべからず。

タイトルの言葉が今年の流行語大賞にならないように祈念します。
2011/09/23(金) 21:36 | URL | よっしー #-[ 編集]
68手目4二同香の局面
ここで2四歩は遅い。5四と、同歩、3三角成。次の4二馬が絶品。
後手から5八角は8八玉として、6九成銀には5八金と角をはずす。6九角成には手抜き。
2011/09/21(水) 18:25 | URL | さわやか風太郎 #-[ 編集]
検討結果
RAYさん。ありがとうございました。あの日は酒が入っていて思考がダメダメしたね。改めて検討してみました。
①44手目の時点で後手持ちと考えたのは先手の玉型が不安定で、2八歩同銀2七歩の筋があり、実際に最後にそうなりかけましたが2六歩の形があだになるのではということからでした。ただし、先手の7筋の形もいいので、実際には先手がいいのかもしれません。
②50手目の9三桂は危険で7筋にと金をつくらせるのはまずいでしょう。本譜は7七桂成に対して、8二成桂と取ってくれましたが、同金と取り、8九飛成に対しては、7二とではなく、6三ととされると参っていたかも。
③79手目では2四金と打てば、同金、2五飛、3三玉、4五桂、3四玉、2四飛打で詰みでした。83手目も同じ筋です。
5三同とがトン死筋を見逃した大悪手でしたね。
④私もその時には気づきませんでしたが、3八歩でも詰みます。3八歩、2八玉、3九角、2七玉、2八金、3六玉、3五銀、
同玉、5七角成、2五玉、2四馬、3六玉、3五金までの詰みです。私を含め、当日の検討陣は3五銀が発見できませんでした。まあ、たいふー先生も発見できなかったということで(笑)。あとミスター中飛車氏の指摘でしたが、4八銀と打っても、以下2八玉、2七歩、同玉、3八銀、3六玉、2七角、3五玉、4五角成、同玉、4四金、5六玉、5五金打までの詰みです。
⑤記載の通り、たいふー先生の目隠し将棋には驚きました。
私もいいとこなく負かされてしまいました。プロの凄さを感じました。それにしても、社団戦という緊張の中、棋譜を取っているRAYさんの器用さには感心させられます。また、よろしくお願いします。
2011/09/21(水) 00:04 | URL | Fuj #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

RAY

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。