指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社団戦 三日目 一回戦

8月28日、社団戦三日目に参加してきました。

1
11
4
蛸島先生、美夏先生、美樹先生がLPSAのブースの準備をしていました。
先生方にご挨拶してHON主将を探して集まりました。
対局開始時間が迫ってきましたが、メンバーが揃いません。
不戦敗を出すのは相手に失礼なので、急遽美香先生に出場してもらうことになりました。
先月、美香先生と話した時に、「女流王座戦に出て、将棋を指す楽しさを再認識しました。」と言っていたので、「だったら社団戦でも指しましょうよ。」と水を向けると満更でもない感じでした。
なので、メンバーが足りないから出てくださいと頼むと直に出場を決めてくれました。

2
一回戦の相手は『NECソフト』チームさんです。

30
24
カメラをよっしー監督に頼んで写真を撮ってもらいました。
美夏先生はわたしの隣、4将で出場です。

20
いつも「わたしは指さずに采配だけしていたい。」と言っているHON主将ですが、メンバーがいないので2将で参加。
対局前にメンバー表に出場メンバーを記入します。

28
29
よっしー監督は星組の写真も撮っていました。
この日の星組も絶好調でした。
6勝1敗、6勝1敗、6勝1敗、7勝0敗の四連勝!
これで星組は3部への昇級をグッと引き寄せました。

16
この日も5将で出場。
大会後の打ち上げには、先月に続いてたいふー先生が参加してくれました。
わたしのヘボ将棋を酒の肴にするというのが打ち上げ恒例となりつつあります。
この将棋も打ち上げで並べてみんなに見てもらいました。
たいふー先生も見てくれて、色々と意見をいただきました。
形勢判断や指し手の変化などはたいふー先生からのアドバイスを参考にしています。
それでは見てください。






不用意に横歩を取ってしまったために、▲6五角と打たれて勘違いに気付いた時は青くなりましたが、角の合わせを発見できてホッと一安心。
48手目のたいふー先生のアドバイスは参考になりました。
飛車先の歩が切れているので、棒銀に出るという考えは間違ってはいないのですが、それならば4筋は低く構えていた方が良いようです。
58手目は何もしないで△2二玉としたいと言われました。
しかし、1筋を詰められているし、何をされるかわからないので自分から動いてしまいました。
「具体的に嫌な手が見えている訳でもないのに、わからない事に脅えてもしょうがないでしょう。自分に見えなかった手で負かされたのなら力が足りなかったのだから仕方ない。自分に見えていない手は相手も見えていないと思って、相手が無理に動いてくるのを待つ事が出来るようになると勝てるようになりますよ。」
たいふー先生のアドバイスです。
大野先生からも同じようなニュアンスで『睨み倒し』て勝つという手を教わった事がありましたね。
打ち上げでは63手目の局面で先手良しの結論で、そこから先は並べませんでした。
しかし、相手の棋力もわたしとそれほど違わないのでしょう。
その後の攻めが良くなかったようで、差が詰まっていきました。
86手目、眠っていた角が△5四角と急所に飛び出して、悪いながらも勝負形になったのではないでしょうか。
97手目の局面。第一感は△6五角でした。
変化手順の101手目の角打ちで馬を先に作られるからと、そこで読みを打ち切って違う手を捜してしまいました。
馬を作られても手番が回るので、その先の一手を考えられたら勝負はどう転んだかわかりません。
しかし、わたしの棋力では30秒でそこまで読むことが出来ないので、これは力不足ということですね。
101手目は、一瞬何が起こったのかと思いました。
指された瞬間頭が真っ白に…。
馬がそんなところへ行けるなんて考えてもみませんでした。
気を取り直して応手を考えます。
角取りなので受けなければいけません。
第一感△3三金です。
△3三金に▲5三馬と逃げた手が王手で、△4二銀に▲7一馬が飛車当たりで手番が回ってきません。
迷っていましたが、秒に追われて▲5三馬を受ける△4二金と指してしまいました。
この手が敗着でした。
△3三金は馬に当てつつ▲2四飛も受けているので、ここではこの一手でした。
△3三金▲5三馬△4二銀▲7一馬△8四飛としていれば、自玉はかなり安全になるので、ここが最後のチャンスでした。
次の▲2四飛は8二の飛車の横利きがあるので大丈夫だと思っていましたが、実際に指されて、直前の△4二金で自ら利きを止めていたことに気付き唖然としました。
ここからは勝ちはありませんね。

58手目に△2二玉という堂々とした手を指せなかったのは実力なので仕方ありませんが、98手目に△6五角を指せなかったのは悔やまれます。
8一で遊んでいた角と6七で威張っていた馬とが交換になったのですからねぇ…。

また負けてしまいました。
これで二日目から五連敗。 
チームも2勝5敗で負けてしまいました。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
>さわやか風太郎さん
△7七角ですか、なるほど。
次は▲5三角成を恐がらずに踏み込めると思います。
2011/09/12(月) 20:16 | URL | RAY #-[ 編集]
No title
5二金右だけはいけないが。
例えば7七角の王手はどうですか。6九玉の一手に9九角成。次7七香が厳しい。8六桂、6八金、8八馬も厳しい。
玉を危険地帯に呼び寄せるわけです。
2011/09/05(月) 16:25 | URL | さわやか風太郎 #-[ 編集]
レス
コメントありがとうございます。

>Fujさん
なるほど…。96手目の△5五桂は見えませんでした。
102手目で△6五角は▲2四飛で負けそうですが…。
△6五角▲2四飛△4七角成が詰めろですが…、そうか、飛車の横利きも通っているから後手玉は詰みませんか。
勝ちがあったのにと思うと悔しいですね。
こうやって負けた将棋の検討を続けて、『こう指せば勝ちだった』という手を少しずつでも覚えていければ、いつかは勝てるようになれるでしょう。

>さわやか風太郎さん
12手目はやっぱり△8六歩でしたか。
▲7五角△8九飛成▲5三角成で、玉頭の馬が脅威だったので自重してしまいました。
▲5三角成には△5二金左と馬を追い返すのか、△8七桂と攻め合うのか、どちらがいいのでしょうか。



2011/09/05(月) 15:42 | URL | RAY #-[ 編集]
No title
お隣はフェアプリンスか。1名見惚れているご仁が。
2011/09/03(土) 18:18 | URL | さわやか風太郎 #-[ 編集]
12手目6二銀が変
先手1六歩や4八銀は不急の手。
さて、6二銀では8六歩が成立。以下同歩、同飛。もし3三角成、同銀、7五角なら8九飛成で後手勝勢。
2011/09/02(金) 20:36 | URL | さわやか風太郎 #-[ 編集]
熱戦!
RAY様
先日はお疲れさまでした。打ち上げの席での検討は楽しいですね。いろんな催しもあり、個人的には夢のようなひとときでした。
さて、本局ですが、途中で検討を打ち切ったのですが、実は熱戦になっていたのですね。この後紹介があるであろう例の一局のインパクトが強かったのですが、この一局も最後まで並べたら、面白かったですね。さて、感想ですが、
①58手目は確かに評判は良くなかったですが、私も打っちゃってます。(狙いは3五歩ですが)反省ですね。
②78手目は5四歩だと、2四歩同歩4二金同銀2二歩同玉3四馬という感じでやられそうなので、本譜でいいのではないでしょうか?
③91手目の4三銀が悪手でここからはRAYさんの方が優勢かと思います。96手目は一目5五桂と打ち、5六馬4七桂成り同馬7六香でよかったと思います。
④102手目はお書きになっているように4二金が敗着だと思いますが、ここで6五角ならRAYさんの勝ちだったのではないでしょうか?以下5六銀3九銀でどうでしょうか?(2四飛なら詰み)
最後まで、並べてみるものですね。貴重な棋譜を提供いただきありがとうございました。また、よろしくお願いします。
2011/09/01(木) 22:56 | URL | Fuj #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

RAY

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。