指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社団戦 二日目 三回戦

二回戦終了から三回戦開始まで20分程時間があったので、外の喫煙所へ行って一服。

57
会場へ戻るとたいふー先生と美樹先生がブースで働いていました。

48
49
三回戦の相手は『でこぼこフレンズ』チームさんです。
NHKの子供番組に『でこぼこフレンズ』というアニメ番組があります。
対局後に「NHK関係の方のチームですか?」と尋ねると「将棋クラブ24の『でこぼこフレンズ』というサークルのメンバーです。」という事でした。
サークルには級位者から高段者までいるようで、社団戦はその日の参加者によって強かったり弱かったりするそうです。
この日は全員、将棋クラブ24で初段以上のメンバーが集まったとの事でした。
わたしは将棋クラブ24では10級から13級を行ったり来たりしているので、初段以上では手合い違いですね。

それでは三回戦、将棋クラブ24の段位者との将棋を見てください。





家に帰ってから本を確認すると29手目の局面は▲8一銀不成から▲6三桂成を見せて先手良しとなっていました。
30手目△8九馬の局面は正確に指せば居飛車が良いのでしょう。
31手目に▲8一銀不成として、△同銀なら▲6三桂成、他の手なら▲7五桂から▲1三龍で6三の地点を数の攻めで突破すれば居飛車良しだったのでしょう。
37手目での変化図の進行なら居飛車が指せているように思えますがどうでしょうか。
本譜は8一の馬を働かせないようにとの方針で▲6八桂と打ったのに、△6七馬と活用される手をうっかりして負けにしてしまいました。

これで二日目は三連敗。
チームも1勝6敗で負けてしまいました。

この将棋を指した一週間後、大野教室へ行きました。
大野先生に飛車落ちを二局指導していただいたのですが、まだ時間があったのでもう一局と言われました。
しかし、大野教室での指導対局は二局が丁度良いと思っているので、折角のお誘いをもったいないとは思うのですが、今日はここまでで良いですと辞退しました。
すると大野先生が、同じ位に指導対局が終わった大野教室のアイドルはなちゃんとわたしに「それでは二人で一局指しましょう。」と手合いを付けてくれました。
わたしは喜んで指してもらいました。
過去はなちゃんには三戦して三敗です。
その将棋の29手目が下図です。
29
社団戦と全く同じ将棋になりました。
ここではなちゃんは△2七角と打ちました。
△2七角からの定跡をわたしは知らなかったので、ここからは自分で考えた指し手です。
△2七角▲1三龍△5三香に▲4三桂成から飛車を取って、二枚飛車の攻めで勝てました。
はなちゃんから初勝利!

はなちゃんにはこれからもっともっと強くなってもらい、10年後には是非女流名人になっていて欲しいと思います。
そうすると「わたしは昔、女流名人に平手で勝った事があるんだよ。」と自慢できます(笑)。


はなちゃんとの感想戦で△2七角▲9一銀成△5三香▲8一成銀△5五香▲同歩が定跡だと教わりました。
そこで、今日この記事を書くにあたって、ゴキゲン中飛車超急戦について調べてみました。

29手目
この局面から第66期A級順位戦▲羽生喜治二冠vs△久保利明八段戦(当時)は△5七歩▲同金△2四角という豊島新手が指されました。

32
ここから▲4六歩△8九馬▲4八銀△5一桂(▲8一銀不成の受け)▲9一銀成△5三香▲8一成銀△5五香▲同歩△8一銀▲5四香と進みました。

43
後手は歩切れでまともな受けが無く、居飛車が勝ちました。

そこで振り飛車側は30手目に△2七角と打つ久保新手が主流になりました。

32a
△2七角▲9一銀成△5三香と進んだ局面です。
△5三香が目障りな桂馬を消す好手として発見されて、後手が指しやすいようです。
ここから▲4三桂成は後手良しの結論のようです。

なので上図から▲8一成銀△5五香▲同歩とします。
35
ここから△8一銀▲6五香打△7一玉▲6三香成△6六馬▲5二成香△同金右▲6六歩△5六香▲5七香となった下図の局面は結論が出ていないようです。
45

以上の変化はネットで検索して見つけた『ゴキ研』さんを参考にさせていただきました。

居飛車党は多くの戦形を指すことになります。
最新形の勉強をしていないと直に時代遅れになってしまいましね。
しかし、アマ初段が将棋を楽しむ分にはここまでの研究は必要ないとは思います。

今回貴重なサイトを発見したので、ゴキゲン中飛車のわたしの知識のその後の変化を少し勉強しようと思います。




関連記事
スポンサーサイト
コメント
レス
コメントありがとうございます。

>mus_musculusさん
記事を引用させていただきありがとうございます。

>△8九馬は比較的新しい手
相手はこの佐藤新手を知っていたのでしょうね。
この手は桂馬を入手して△5一桂の受けを見せた手なのでしょうか。

>後手有望となっております
居飛車党のわたしとしては先手有望な変化が知りたいところです。
高段者はここまで知っていないと中々勝てないのでしょうね。

>コーヒーくんさん
『コーヒーくんさん』は変なので『コーヒーくん』と呼んでいいのかな?
この一勝の価値は今後のはなちゃんの活躍しだいですね。
2011/08/10(水) 21:51 | URL | RAY #-[ 編集]
はなちゃんに勝った!
自分の考えた手で勝てたっていうのは、思い出に残りますね。
2011/08/09(火) 22:00 | URL | コーヒーくん #umQT2STQ[ 編集]
ゴキ研の管理人です。
ブログにコメントを頂きありがとうございました。^-^
参考になれば何よりです。^^

さて、社団戦の棋譜ですが、△8九馬は比較的新しい手でして、
今年の王将戦挑戦者決定リーグ▲渡辺△佐藤康で出た新手です。
実戦例もこれしかないと思いますので未解明です。

最後から2枚目の写真の局面ですが、
最新の定跡は結論が変わっているようでして、
△8一銀▲6五香打△7一玉▲6三香成△5五飛が有力とみられています。
以下、▲7三成香は詰めろですが、△6六馬と抜いて
▲同歩△5七歩で後手有望となっております。
2011/08/08(月) 22:37 | URL | mus_musculus #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

RAY

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。