指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中村真梨花女流二段戦

7月22日は月に一度のジョナ研でした。
先月、先々月とスーパーサロンからジョナ研という流れでした。
この日もジョナ研前にスーパーサロンで指導対局を受けることにしました。
この流れは定跡手順となりつつあります。

千駄ヶ谷へ行くには秋葉原駅で地下鉄からJRに乗り換えるのですが、ここで道場へ電話を入れて予約をしました。

道場で受付を済ませて席へ付きます。
10時からの指導対局が二局指されていました。

148
先月に続いて金曜日のレギュラー講師の中村真梨花女流二段が担当です。

164
10時半からはわたしと5才の女の子が入って四面での指導になりました。

178
女の子は8枚落ちの手合いでした。
角金交換で飛車を成り込んで下手勝勢の局面です。
しかしここで3二の龍を▲5二龍と指したので、手を戻して他にもっと良い手があると教えて考えさせていました。
上手は7二金・8二玉の形。
下手の持ち駒は金と歩。
中村真梨花女流二段が少しヒントを出して▲9二歩と指せました。
後は▲9一歩成から▲8一金と詰ませることが出来ました。

174
中村真梨花女流二段との二局目の指導対局です。
ジョナ研でこの将棋を並べて見てもらいましたが、チグハグな指し手をみんなに指摘されてケチョンケチョンにされてしまいました(苦笑)。
初段の将棋なんですから、もう少し暖かく見守ってくれても良いのに…(笑)。

それでは見てください。





ジョナ研での検討では98手目に▲6二成銀と取っても勝ちだという事になりましたが、実戦では勝つ自信はありません。
植山先生は「▲4九金なんてカッコ良い手を指しちゃいけませんよ。RAYさんらしくないでしょう(笑)。」と言っていました。
79手目の△3八角成はプロ的には筋が良く無く、一目△6七角成と金を取る手を考えるそうで、ここは中村真梨花女流二段が緩めてくれたのだろうという結論になりました。
とはいえ、とりあえず1勝1敗になりました。
来月も決着を付けにスーパーサロンへ行くことになるのかなぁ。

中村真梨花女流二段、ありがとうございました。
またよろしくおねがいします。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

RAY

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。