指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社団戦 一日目 二回戦

金曜サロンリーグでIZM二段の4五角戦法に二連敗して、先手良しの結論が出ているのに負けてはいけないと思い勉強を始めました。
一回戦のいきなりの△6七角成の変化も知っていたのに勝てず、悔しい思いをしました。
それでもチームは勝ったので一安心。
H0N主将に午後の予定をたずねると、「今日は人数がギリギリなので、RAYさんは4局全部に出てもらいます。」と言われました。
それではのんびりしていられないので、急いで昼食を取りに向かいの喫茶店へ。
ランチにコーヒーが付くのですが、時間が無くてコーヒーを飲まずに会場へ戻りました。

63
二回戦の相手は『税理士会』チームさんです。

64
二回戦も5将での出場。

69
奈津子先生から「写真を撮りましょうか。」と声を掛けていただき、対局中の写真を撮ってくれました。

それでは二回戦の将棋を見てください。





角銀交換の所では良かったのかもしれませんが、その後の攻めが良くなかったようですね。
78手目の△2二角が悪かったでしょうか。
一回戦は良い将棋を負けて二回戦では悪い将棋を拾いました。
ただ、気持ちは二連敗したような感じです。

チームは3勝4敗で負けてしまいました。
残念。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
>さわやか風太郎さん
『端は受けるもの』だと、何も考えずに受けましたが、直に△7五歩でしたか。
30手目に△7五歩だと、すでに後手が指しやすくなっているのでしょうか。
まぁ、勝勢の将棋を勝てないわたしなので、少しぐらい指しやすくなっても勝敗への影響はほとんど無いでしょうが(苦笑)、高段者には勝敗につながる差なのかもしれませんので興味があります。
2011/07/15(金) 15:06 | URL | RAY #-[ 編集]
No title
30手目9四歩は何なのか。
ここは7五歩でしょう。
相手9六歩では3六歩が急務でしたね。
2011/07/09(土) 01:48 | URL | さわやか風太郎 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

RAY

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。