指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第六局 大野八一雄七段戦

8
おやつで脳に糖分補給をして二局目の開始です。







感想戦で▲9六歩が入っていれば下手良しだと言われて、端歩の大きさを認識しました。
でも△9三玉と逃げる余地も生まれるので、やはり一枚足りなかったのかもしれませんね。
それにしても45手目の△4二金右は大野先生らしい手でしたよねぇ。
LPSAの先生方で△4二金右を指す先生はいますかねぇ。
多分、ほとんどの先生が△2四同歩か△2五銀と指すんではないでしょうか。
△4二金右まで読めて、それに対しての有効な指し手まで読めて▲2六飛を指せるようならば、もう飛車落ちは卒業のレベルでしょうねぇ。
大野先生の指導対局は、わたしの読みに無い受けの手でびっくりさせてくれて、とても楽しいです。

放課後は大野先生とWさんとわたしで食事へ。
前回は中華だったので今回は和食です。
わたしはフリークラスからC級2組への昇級規定と、去年と今年の大野先生の公式戦の成績の表をプリントアウトして持って行きました。
「よく調べましたねぇ。自分でも成績を詳しくは覚えていないんですよ(笑)。」と、大野先生。
自分で調べたのではなくこちらのサイトを使わせていただきました。
昇級目指して頑張ってください。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

RAY

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。