指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第九局 島井咲緒里初段戦

昨年9月3日の金曜サロンでの指導対局です。

ペコ先生との角落ち二局目になります。





55手目の局面で▲6五桂から▲1一角成の筋は悪くない着想だったと思うのですが、金が浮いているので△7八飛成がある事までしっかり読めなければいけませんね。
序盤はうまくポイントを上げたのですが、勝手読みの読み抜けで終わってしまいました。

ペコ先生ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
>よっしーさん
コメントありがとうございます。

端角は全く考えなかったですねぇ。
なるほど。
途中から▲6五桂狙い一本になってしまっていました。
後の攻め筋を増やす含みのある手を指せるようになると、攻め幅が広がって勝率が上のかもしれませんね。
2011/05/30(月) 13:41 | URL | RAY #-[ 編集]
攻め筋を増やす
▲77桂の後に、どこかで▲96歩を入れておきたいです。
▲97角からうまく世に出せれば、指しやすくなりそうです。
上手は▲97角と▲65桂の両方を警戒しないといけないので、なかなか大変だと思います。
2011/05/27(金) 22:35 | URL | よっしー #-[ 編集]
>不利飛車迷人さん
コメントありがとうございます。

▲7六歩から矢倉に組むのが良いのかもしれませんが、攻め方や受け方が、平手での相掛かりでの参考にもなるので、しばらくはこの指し方を続けるつもりです。
振り飛車党には違和感があるのかもしれませんが、普段横歩取りを指していると、飛車先を切られる事にそれほど抵抗はありません。
損な指し方だと思われるかもしれませんが、角落ちに関してはしばらく相掛かりにお付き合いください。
2011/05/27(金) 20:36 | URL | RAY #-[ 編集]
初手に工夫を
序盤はうまくいっているような気もするのですが・・・・
桂馬が重い駒になっているので意外と難しいですね。

もっと遡ってRAYさんの2手目▲2六歩でなければいけませんか?
簡単に飛車先の歩を切らせているので上手は銀の進出が楽になり手を作りやすくなっているような気がします。

結果RAYさんは角道を重くする▲7七桂と指したのではないでしょうか。
2011/05/27(金) 18:06 | URL | 不利飛車迷人 #dDm6s.8Q[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

RAY

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。