指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棋譜再現への道 【4】  Kifu for Flash の設置

『 Kifu for Flash 』のフォルダの中に『 kifu_man.html 』というファイルがあります。
これがマニュアルです。
このマニュアルの『5.設置法』の通りにすれば棋譜再現出来るはずです。
が、なかなかうまく動かないんですよねぇ…(苦笑)。
先日『サンプルページ』を作った時も Flash アプリケーションを認識してくれなくて、2時間以上時間を無駄にしました。
その時の原因はファイル名が違っていたのです。
『 Kifu.swf 』をサーバーへアップロードしたのですが、FC2ホームページではファイル名を勝手に全部小文字にしてしまう様なんです。
アップされたファイルは『 kifu.swf 』となっていました。
この違いで、ファイルが見つからずに動かなかったのです。
実際に棋譜再現に成功するまでは、タイプミスなどが無いように慎重に記述していってください。

それでは Kifu for Flash の貼り付け方を説明していきます。
作業用としてデスクトップに空のテキストファイルを二つ用意します。
[デスクトップで右クリック]-[新規作成]-[テキスト ドキュメント]をクリックします。
わたしは『アップロード棋譜ファイル.txt』と『棋譜貼り付けテンプレ.txt』というファイル名にしています。




Kifu for Flash の設置方法

 1)解凍した『 Kifu for Flash 』のフォルダの中にある『 Kifu.swf 』をアップロードします。
   『サンプルページ』では ¥kifusaigen/kifuforflash/kifu.swf になります。
   このファイルを正しく相対パスで指定出来ないと動かないので気をつけてください。
   わたしの失敗例もあるので、ファイル名はすべて小文字に統一した方がいいと思います。
   『 Kifu.swf 』を『 kifu.swf 』というファイル名でアップロードしましょう。

 2)棋譜ファイルをアップロードします。
    kifu for windows で、棋譜再現する棋譜を開きます。
   準備しておいた『アップロード棋譜ファイル.txt』をクリックして開きます。
   ツールバーの[編集]-[棋譜のコピー]-[時間付き(KIF形式)]をクリックします。
   マウスポインタを『アップロード棋譜ファイル.txt』に持ってきて左クリックして、
   『アップロード棋譜ファイル.txt』をアクティブにします。
   [ctrl]+[V]で『アップロード棋譜ファイル.txt』に棋譜ファイルをペーストします。
   このファイルを『 kifu1.txt 』というファイル名でアップロードします。
   同一ページに複数の Kifu for Flash を貼り付ける場合は、『 kifu2.txt 』『 kifu3.txt 』
   を同じようにアップロードします。

 3)以下のタグを『棋譜貼り付けテンプレ.txt』にコピペしてください。

<object classid="clsid:D27CDB6E-AE6D-11cf-96B8-444553540000"
id="Kifu" width="580" height="500"
codebase="http://fpdownload.macromedia.com/get/flashplayer/current/swflash.cab">
<param name="movie" value="../kifuforflash/kifu.swf" />
<param name="FlashVars" value="kifu=kifu1.txt" />
<param name="quality" value="high" />
<param name="bgcolor" value="#f0f0f0" />
<param name="allowScriptAccess" value="sameDomain" />
 <embed src="../kifuforflash/kifu.swf"
 FlashVars="kifu=kifu1.txt"
 quality="high" bgcolor="#f0f0f0"
 width="580" height="500" name="Kifu" align="middle"
 play="true"
 loop="false"
 quality="high"
 allowScriptAccess="sameDomain"
 type="application/x-shockwave-flash"
 pluginspage="http://www.adobe.com/go/getflashplayer">
 </embed>
</object>

   これがフラッシュ貼り付けのテンプレートになります。

 4)4行目のvalue="../kifuforflash/kifu.swf"と9行目のsrc="../kifuforflash/kifu.swf"の
   ダブルクォーテーションの中で『 kifu.swf 』を指定しています。
   これはあくまでわたしが作った『サンプルページ』の場合です。
   『 ../kifuforflash/ 』の部分はディレクトリ構造によって違ってくるので、玉頭銀さんが作った
   ディレクトリに合わせて相対パスで指定してください。
   うまく棋譜再現が出来たら、以後ここの部分はこのままで大丈夫です。
   ディレクトリを整理して『 kifu.swf 』を移動した場合は、それに合わせてパスを書き換えます。

 5)5行目のvalue="kifu=kifu1.txt"と10行目のFlashVars="kifu=kifu1.txt"で再現する
   棋譜ファイルを指定します。
   『 index.html 』と同じディレクトリに棋譜ファイルをアップロードすれば、パスはいらないので
   ファイル名だけで指定できます。
   もし棋譜ファイルをまとめて一つのディレクトリに入れて管理する場合は、相対パスを付けて
   再現する棋譜ファイルを指定してください。
   この場合はファイル名を『kifu1.txt』ではなく、分かりやすい名前にした方がいいでしょう。
   ただし、マニュアルに『ファイル名に日本語を使ってはいけません』『ファイル名の大文字と
   小文字の違いがあってはいけません』とあるので、ファイル名を付ける時は気をつけてください。

 6)後は『 index.html 』の<body>と</body>の中で、フラッシュを貼り付けたい場所に
   『棋譜貼り付けテンプレ.txt』をコピペすれば設置完了です。

 7)以後は棋譜フィルをアップロードして、『棋譜貼り付けテンプレ.txt』の棋譜ファイル指定部分
   を書き換えて、テンプレートをコピペするだけです。
   棋譜ファイルを一括管理するのではなく、再現する棋譜を『 index.html 』と同じディレクトリ
   に『kifu1.txt』のファイル名でアップロードするのならば、テンプレートは書き換える事無く
   そのままコピペして使えます。

      

『 kifu.swf 』と『棋譜ファイル』の指定に、ファイル名とパスの間違えがなければ、これで棋譜の再現が出来るはずです。
わからない事があれば気軽に質問コメントを下さい。
あとはマニュアルの『起動パラメータ』を見て、自分なりにカスタマイズしてください。
無事棋譜再現が出来て、玉頭銀さんのサイトがさらに充実した物になることをお祈りいたします。



最後にFC2ブログで棋譜再現をする人の為に。
FC2ブログではファイルをディレクトリ管理出来ません。
その為、『 kifu.swf 』と『棋譜ファイル』を絶対パスで指定する事になります。
たとえばわたしのブログの場合は『value="../kifuforflash/kifu.swf"』の部分は『value="http://blog-imgs-30.fc2.com/r/a/y/rayvaughan1963/Kifu.swf"』となっています。
同じように、棋譜ファイルをアップロードするたびにURLをコピーして、『value="kifu=kifu1.txt"』を『value="kifu=http://blog-imgs-30.fc2.com/r/a/y/rayvaughan1963/20100509172658ccb.txt』のように書き換えています。
HTMLの知識の無いわたしは、 Kifu for Flash をダウンロードしてから、フラッシュを貼り付けて棋譜再現できるまで、試行錯誤を繰り返して二ヶ月くらいかかってしまいました。
ここを見て、自分もブログで棋譜を紹介しようと思われた方は参考にしてください。
また、試してみてうまくいかなかったときはコメントをください。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
>玉頭銀さん
メールを待っていましたが、来ないのでとりあえず。

トップページから[棋譜]をクリックして表示されるページのソースを見ると、『里見女流三冠対船江4段戦(23.4.11 加古川清流戦)』のリンク先が『satomivsfunae1.swf』になっています。
これを棋譜再現するページの『index.html』に変えて、その『index.html』にフラッシュ貼り付けのテンプレートをコピペすれば Kifu for Flash での棋譜再現が出来るはずです。

詳しくはメールで連絡をとりましょう。
2011/05/16(月) 23:12 | URL | RAY #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

RAY

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。