指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第26回 社団戦 2日目 4回戦

re014_2015070616475692a.jpg
4回戦は『広尾しょうぎ』チームさんとの対戦です。


re015_201507061647589e8.jpg
この日は全て3将での出場となりました。


ここを勝てれば2勝2敗の指し分けという目標達成です。
それでは見てください。







35手目は歩が成っていれば、先に角を手放しているマイナスがあっても悪くはなっていないと思います。
取る一手だと思い、ふらふらっと魔が差したように歩を突き出してしまいました。
不甲斐ない自分に腹が立つやら呆れるやら…。
そのあとは集中力も途切れてしまったようで、淡泊に指してしまいました。
ちょっとへこむ敗北で、2日目も1勝3敗となりました。
救いはチームが4勝3敗で勝てた事です。
2日目を終わり、個人は2勝6敗ですが、チームは3勝5敗と5割が見えて来ました。
さらに初日全敗だったメンバーもこの日に初勝利を上げられ、メンバー全員が社団戦での勝利を経験する事が出来ました。


re019_2015070616480175e.jpg
いつもの居酒屋さんで打ち上げ。
乾杯してからメンバー一人ずつが本日の成績発表。
しばらくすると盤駒が出されて検討から実戦へ。
わたしにはビールの味が苦い打ち上げとなりました。

明日、7月26日は社団戦3日目です。
せめて2勝2敗の指し分けで美味しいビールを飲みたいと思います。
スポンサーサイト

第26回 社団戦 2日目 3回戦

re012_20150706164149266.jpg
3回戦は『ムネキータス』チームさんとの対戦です。
「このムネキータスというのはどういう意味なんですか。」
「スペイン語で人形の事です。」
「人形がチーム名という事は、皆さん人形作りの職人さんとか?」
「人形町の公民館に週一回集まって将棋を指している仲間です。」
人形町に集うメンバーなので人形をチーム名にしたそうです。


re013_20150706164150afe.jpg
3回戦も3将で出場です。

それでは3回戦の将棋を見てください。







まったく歯が立たずに負かされました。
暴れる級位者を慌てず騒がず対処した高段者の将棋という感じです。
20手目に△8八歩だったら優位な形勢に持って行けたでしょうか。
△8八歩▲7七桂△8九歩成から香を取って△8三香。
△8八歩▲同金△7九角▲7八金△5七角成。
どちらも後手がやれそうに思います。
桂交換した45手目の局面は悪いわけでは無いと思います。
敵玉とは反対の9筋を攻めたのが良くなかったのでしょう。
7七の金と8七の銀を相手にせず△4二金右から△5二飛と回って5筋を攻めるか、△6二飛から△6五歩と仕掛けるかすれば、まだ5分での戦いにはなったかもしれません。

いくら6部とはいえ、やはりトップの3~4人はどこのチームも有段者ですね。
わたしのような級位者が3将を務めるのは荷が重いのですが、諦めずに頑張らねば!

わたしは負けてしまいましたが、チームは4勝3敗で勝ちました!




第26回 社団戦 2日目 2回戦

1回戦は負けてしまいました。
昼休みに気分を入れ替えて2回戦に挑みます。


re003_201507031457594ae.jpg
2回戦は『富士通SSL』チームさんとの対戦。


re008_20150703145802695.jpg

re005_2015070314580397f.jpg
Hon監督がメンバー表にメンバー名を記入します。


re004_20150703145801f46.jpg
2回戦もわたしは3将で出場。


それでは2回戦の将棋を振り返ります。







65手目は▲6二金から詰ましてしまわないといけませんでした。
1枚使わせれば詰めろが消えるから飛車を下ろして勝ちと安易に考えてしまいました。
実戦ではわたしも相手も気付いていなかったのですが、わたしは感想戦で72手目に△4二金と逃げ道を作る手に気付きました。
わたしが「△4五角ではなく△4二金だと?」と訊ねると、相手は小考して「なるほど、これで逃れていそうですね。」
打ち上げでの検討は棋譜コメントとは順番が違います。
72手目の△4二金を検討して、これは寄らないとの結論になりました。
そこで、勝ちが無かったのかと局面を戻していき、63手目の▲8二との局面が詰めろじゃなかったのかとの話になり、その局面に戻してみると、ShinさんとHon監督がすぐに「金を捨てて詰みだ。」と気付きました。
本譜の順で先手勝ちでした。
56手目は△3四歩を読んでいました。
△3四歩▲4六角△4四香で角が召し取られる事に気付いて、初めは仕方なく角を切るしかないと考えました。
しかし、角を切って歩を成り捨てて飛車を下ろせば寄り形じゃないかと思い角切りを決行。
わたしはその先の読みがあまかったのであわや逆転という事態になってしまいましたが、高段者なら勝ちを読み切れているのでしょう。

横歩取りはスリリングで面白いですね。
今シーズンの社団戦で2勝目をあげられました。
しかし、チームは3勝4敗でした。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。