指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第26回 社団戦 2日目 1回戦

6月21日は社団戦の2日目でした。
この日の大野教室チームは設営の当番。
9時集合です。
8時50分頃に会場へ行きました。
丁度テーブルがエレベーターで上がってきたところです。
大会運営の方の指示に従ってテーブルを並べていきます。
ほどなくして大野教室チームのメンバーも会場入り。
テーブルに続いて椅子をセット。
続いて盤・駒・チェスクロックを並べます。
30分かからずに対局準備は完了。
この日の大野教室チームは9人の参加。
1試合7局が4試合なので、1日28局を戦います。
8人が3局、1人が4局指す事になります。
チームのエース、Haseさんに4局指してもらえれば、わたしは1局休めます。
この日、Hon監督から渡されたビブスは『3』でした。
う~ん、3将は厳しいなぁ…。


re001_20150629120012842.jpg

re002_20150629120014fbc.jpg
1回戦の対戦相手は『フェアリープリンセス』チームさん。
星組時代にも対戦した事のある、女性のチームです。

それでは対局を振り返ります。
以前は棋譜ノートに記入していましたが、今はスマートフォンに『Kifu Free』というアプリをダウンロードして棋譜を入力しながら対局しています。
これだと棋譜を記入する時に思考を中断しなくてすむので、とても便利です。
また、入力すると自動で考慮時間も記録してくれます。
指し手が決まっている時などは二手入力してから実際に指す事もあるので、一手ごとの考慮時間は正確ではありませんが、概ね2~3秒の違いで、大体の考慮時間の使い方は再現されていると思います。
この対局は消費時間が大きな意味を持つので、一手ごとの考慮時間も見てもらいたいと思います。








大優勢だった将棋を時間切れで負けにしてしまいました。
使っていたチェスクロックは10秒前からピッピッピッと鳴って、5秒前からピーーーーと鳴るタイプでしたが、電池が切れかかっていたのか壊れていたのかはわかりませんが、小さい音しか出ていなかったようです。
音が聞こえなかったので30秒の秒読みが残っていると思ってしまいました。
また、相手が序盤から時間を使っていたので、わたしの方がかなり時間を残していると思い込んでいた事も時間が残っているだろうと勘違いした理由の一つです。

25手目に▲2五銀と出られて優勢を意識して、安全に、大事に指そうと考えてしまい、棋風通りに攻めなかったのがいけませんでした。
33手目に▲4一金、37手目に▲2三金、どちらかを選んでいたら違った結果になっていたかもしれません。

大野教室チームは1勝6敗でした。
結果的にわたしの勝敗はチームの勝敗に影響しませんでしたが、この将棋を落とすようではいけませんね。
しっかり反省して、この失敗を以後の対局に活かせるように気を付けましょう。


スポンサーサイト

第26回社団戦 1日目

re002_20150608132219da6.jpg

re003_20150608132220217.jpg

re005_20150608132226e9a.jpg

re006_20150608132223c8b.jpg
記録的な暑さになった東京の5月。
その5月の最終日となる5月31日に、東京アマチュア将棋連盟主催の社会人団体リーグ戦に参加する為、浜松町の東京産業貿易会館に行きました。
一昨年の社団戦で星組2008は昇級し、去年の社団戦は3部での戦いになったので、わたしの棋力では出る幕がありません。
チームからも参加の要請が無かったので、去年の社団戦は不参加でした。
今年は大野・植山教室の生徒でチームを組んで社団戦に参加する事になり、新規チームとして6部からのスタート。
仕事の都合で中々大野・植山教室に顔を出せていないのですが、お声を掛けて頂けたので喜んで参加の返事をしました。

会場で監督のHonさんにご挨拶。
チームメンバーのリストを見ると10人ほどの名前が並んでいましたが、今日の1回戦は7人丁度の参加で、午後からもう1人が参加予定。


re018_201506191413485c6.jpg
まずは毎年恒例となっている所司和晴七段のご挨拶から。


re022_20150619141834931.jpg

re024_20150619141835abe.jpg
続いてLPSAからひろみ先生と蛸島先生のご挨拶。


re031_201506191418364e8.jpg
最後にねこまどからまどか先生のご挨拶。


re011_201506201013167bc.jpg
いよい始まります。
リーグ表によると、1部16チーム、2部32チーム、3部32チーム、4部34チーム、5部36チーム、6部20チームで、合計170チームの参加です。
1チーム7人なので1190人が一斉に対局します。


re012_2015061914265920f.jpg
これがチームのビブス。


re007_20150619142701a67.jpg
大野教室チームの初陣は『HSY28』チームさんとの試合。


re008_20150619142701159.jpg
今までの社団戦では『7』がわたしの指定席でしたが、Hon監督から渡されたのは『4』。
「いやいやいや、わたしは7でしょう。」
「いえ、RAYさんは4将で。みんな初参加で、経験者はわたしとRAYさんだけなのでお願いします。」
いくら6部とはいえ、わたしのような級位者が4将を努めなければならないのでは、大野教室チームは厳しい戦いになりそうです。
いつものようにビブスの写真を撮らせてもらいました。
「HSYさんはどういうチームなんですか?」
「ハッシーズバーの常連で作ったチームで『ハッシー』の『HSY』です。」
橋本崇載八段と大野八一雄七段の教え子対決です。


re010_20150620113023e1b.jpg
Hon監督がメンバー表に参加メンバーの名前を書き込みます。


それでは大野教室チームの初陣の対局を見てください。






初戦は負けてしまいました。
相手のうっかりで馬を只で取れて逆転したと思ったのですが、足りませんでした。
まぁ、途中で悪くしてしまったので仕方ありません。
と、思っていたら、対局を終えて後ろで見ていたチームメイトのShinさんが「歩を取っていたら詰んでなかったですね。」と話しかけて来ました。
133手目の▲1八桂の王手に△2五玉と逃げましたが、△1六玉と歩を取って逃げれば、▲1七歩△2五玉となって打ち歩詰めで逃れていました。
最後の桂跳ねが見えていなかったので、本譜の順でも詰まないと判断してしまい頓死してしまいました。
チームは2勝5敗で負けでした。

外へ出て、向いにある小諸そばで昼食。


re038_201506201431516be.jpg

re039_20150620143152c24.jpg

re040_20150620143153f83.jpg

re041_20150620143154dd7.jpg
蕎麦を手繰って一服し、休憩の時間にLPSAのブースへ。


re050_201506201434431b9.jpg

re051_20150620143444c59.jpg

re052_20150620143445911.jpg

re053_20150620143447ca5.jpg

re054_20150620143448cb0.jpg

re055_201506201434551e8.jpg
行方八段が名人への挑戦を決めてから買おうと思っていた『「南三陸ミシン工房』の布盤を購入。


re058_20150620144725b94.jpg

re056_201506201447265a8.jpg
今まで使っていたのがこの布盤。
もしかしたら名人のサイン入り布盤になるかもしれないので、普段使いの布盤を買って、この布盤は使わずにしまっておこうと思いました。

休憩が終わり2回戦に挑みます。


re037_20150620145156f89.jpg

re044_20150620145157e62.jpg
2回戦は『東洋大学白山会2』チームさん。
東洋大学のOBによるチームです。
2回戦も4将です。

それでは2回戦の将棋を見てください。






先手が仕掛けを見送ったので後手から仕掛けました。
大野先生によると先手が仕掛けなかったのは疑問で、後手から仕掛けて後手が良いということでした。
しかし、相手が強く、級位者が勝つのは容易ではありません。
やはり4将の席はわたしには厳しいですね。
4将を任せられたからには勝たなくてはと力が入り過ぎていました。
チームは0勝7敗でした。
Hon監督は「出だしは上位のチームなので厳しかったけれど、あとは互角に戦えるはずなので頑張りましょう。」と、2連敗で落ち込んでいる私を慰めてくれました。
Hon監督がそういうのなら頑張ろうと気持ちを入れ替えて3回戦に臨みました。


re047_20150620154210607.jpg
早く負けてしまったので星組2008チームの様子を伺いに行きました。
4部ならまた昇級出来ると思っていましたが、調子が良くないのか相手が強くなっているのか、チームは2連敗でした。
まだ始まったばかりなので、ここから巻き返して昇級してください。


re045_20150620154206eb7.jpg
3回戦の相手は『将棋ネット』チームさん。


re046_20150620154207c92.jpg
午後からOKさんが来たのでメンバーを変更。
Hon監督はわたしに3将のビブスを渡してきました。
「いやいや、いくらなんでも3将は無いでしょう。」
「いや、大丈夫ですよ。気楽に戦ってください。」
4将でも厳しいのに3将ではほとんど勝ち目が無いでしょう。
まぁ、負けてもともとと開き直って、監督のいう通り気楽に楽しむ事にします。


では3回戦の将棋を見てください。






大野教室チームのメンバーとしての初勝利がそのままチームの初勝利を決める事になりました。
まだもう一局が対局中なので声は出せませんでしたが、チームメンバーの笑顔がチームの勝利を喜んでいる事を物語っていました。
感想戦で「27手目は▲5五角が定跡ですよね。」と訊ねると、▲5五角△8五飛▲8六飛△同飛▲同銀△2八歩▲8二角成△2九歩成▲4八銀には△3八歩の予定だったとのこと。
やはりわたしよりも先の手順を知っていました。
結果的には定跡を外して正解でした。
最後に残った対局も勝って5勝2敗で大野教室チーム初勝利!


re049_20150620213312ff2.jpg
延々と秒読みが続いたので、勝利の余韻に浸る間もなく4回戦です。
4回戦の相手は『杉並区役所』チームさん。
3回戦で精根尽き果てた感じで休憩したいのですが、そういうわけにもいかないので頑張りましょう。


それでは4回戦を見てください。






半分ほど時間を残しての投了となってしまいました。
角桂交換で悪くないと考えましたが、時間はまだたっぷりあったのだから、もう少し考えて指さなければダメですね。
3回戦までで疲れてしまって、集中力が維持できなくなっていたように思います。
4回戦は3勝4敗で負けでした。
そうなると、やはりよく読まずに指してしまったことが悔やまれます。


星組の打ち上げで使っていたお店で大野教室チームも打ち上げ。
大野先生は、今年は初参加の人が多いので経験を積んで、来年は昇級するという目標をたてていました。
昇級する為にはわたしは最低でも4将で指し分け以上の成績を残せるくらいに強くならないといけませんね。
来年の社団戦までには初段と認められるように頑張ろう!

明日は社団戦二日目です。
わたし個人もチームも最低2勝は出来るように頑張りましょう。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。