指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマストーナメント

もう半年近く経ってしまいましたが、今回は昨年の12月22日にLPSA芝浦サロンにて行われた『クリスマストーナメント』の将棋を見てもらいます。
トーナメントの前にはらぶ先生の指導対局がありました。
その時の模様はこちらです。
指導対局が終わり、トーナメントが始まるまでの間に昼食を取りに外へ。

63
再びサロンへ戻って、トーナメントの受付。
受付で裏返しになっているトランプの中から1枚を引きます。
トーナメント表には予め数字が書かれています。
引いたトランプの数字と同じ数字の所に名前を書き込んでいきます。
LPSAのトーナメントは、棋力順にAクラスとBクラス各16名の2つに分かれてのトーナメントになります。
1回戦で勝つとベスト8。
1回戦に負けた8名でセカンドトーナメントを行うというのがLPSA流トーナメントです。
なので実質は、Aクラス1回戦勝利者8名が本当のAクラス。
AクラスセカンドトーナメントがBクラス。
Bクラス1回戦勝利者8名がCクラス。
BクラスセカンドトーナメントがDクラスという感じです。
奈津子先生の話によると、今回のトーナメントは元奨励会員やアマ強豪が参加しているので、かなりハイレベルな戦いになりそうだとのこと。
まぁ、級位者のわたしは実質Cクラスなので、いつも通りでしょう。

96
参加賞はミネルヴァのハンカチ。

73
おっ、コーヒーくんも参加ですか。
『コーヒーくん クリスマストーナメントに出場』
コーヒーくんもこの日の将棋をブログで紹介しています。

76
82
会場内では俊さんとkkさんが練習対局中でした。
その将棋を星組のSAKAさんが見ています。
kkさんもこの日の様子をブログで紹介しています。
『LPSA クリスマス・トーナメント』
俊さんも自戦記ブログを書いていますが、どうやらこの日の将棋は書いていないようですね。

過去に参加したLPSAのトーナメントの思い出は…
まず2011年12月23日の『ウインタートーナメント』
Bクラスセカンドトーナメントなので、実質Dクラスではありますが、この時、将棋で初めて賞状を頂きました。
そして『ウインタートーナメント』から半年後の2012年6月10日に行われた『PDGトーナメント』
Bクラスとはいえ、将棋の大会で初めて優勝!
ただ、この時は高段者の参加が少なかったので、二段までがAクラスに振り分けられ、Bクラスは初段以下のトーナメントでした。
今回はレベルが高いという事なので、Bクラスには当然二段が入って来るでしょう。

105
110
いよいよトーナメント開始です。
初めに審判のらぶ先生が開会のあいさつ。

127
続いて奈津子先生からルール説明と一回戦の組み合わせの発表。

一回戦の対戦相手はHori初段です。
それでは『クリスマストーナメント』一回戦の将棋を見てください。







28手目の局面。
振り飛車側は片美濃なので、堅さ負けはしていないでしょう。
なので、この局面は居飛車十分だと思います。
2手目△5四歩からの駒組はどうだったのでしょうか。
78手目に貴重な歩を打って、それを成り捨てたのが悪かったですね。
先に銀を打ってから△5七歩とからまれていたら、ただでさえ終盤が弱いのに、秒に追われてどう転んでいたかわかりませんでした。
一回戦はなんとか勝たせていただきました。

132
142
『クリスマストーナメント』ということで、ペコ先生がサンタ帽をかぶって会場に来てくれました。

一回戦に勝ってBクラスベスト8に残りました。
次の二回戦に勝つと準決勝進出です。
それではベスト4進出を掛けた二回戦の将棋を見てください。







負けた~!
感想戦後に棋力を尋ねると、他の道場では三段で指しているとの事でした。
この日は四段以上の参加者が多かったので、三段がBクラスに参加する事になったのですね。
レベルが上がったのはAクラスだけではなく、Bクラスもでした。
感想戦後にペコ先生とアマ強豪でもあるスタッフのDさんにこの将棋を見てもらいました。
31手目の▲3七桂には△6三銀と上がるのが定跡だそうで、それで互角との事でした。
振り飛車党のペコ先生ですが、▲3七桂は指さないので、△6三銀の定跡手順は知らなかったそうで、勉強になったと言っていました。
2九桂型だと46手目の局面は居飛車良しが結論のようですが、▲3七桂の一手が入っていると振り飛車良しなんですかね。
47手目の▲5五歩の局面で、居飛車に何か良い手は無いのでしょうか。
この局面がすでに居飛車が悪いとなると、3七桂型は脅威です。
そんなに居飛車が悪いとは思えないのですが…。
普通に△5五同歩だと振り飛車側はどうするつもりだったのでしょうか。
48手目の△7三桂に対して、ジョナ研メンバーは当然飛車を引くと思ったようですが、実戦では▲5四歩と指されたと言うと、「なるほど、結構うるさい攻めか。」という意見に変わり、「ここで飛車を逃げないなんて強いね。四段はあるんじゃないの。」との声が上がりました。
わたしに勝ったTANAさんは、次の準決勝には勝てず、三位決定戦に勝って、結果Bクラス三位でした。
この強さでも優勝出来なかったとは、やはり今回のトーナメントはレベルが高かったんですね。

本局、32手目は△6三銀と上がらなければいけないのか?
もし、本譜の順の仕掛けでも居飛車が指せるのならどこがいけなかったのか?
高段者のご意見を伺いたいところです。

わたしの『クリスマストーナメント』は二局で終わってしまいました。
二局しか指せないのは2連敗と勝ち・負けの1勝1敗だけです。
同じ1勝1敗でも負け・勝ちだと、もう一局セカンドトーナメントの準決勝を指す事が出来ます。
もう一局指したいと思いましたが、まぁ、一つ勝てたので良しとしましょう。

197
187
156
トーナメントを勝ち進めなかったコーヒーくんとkkさんはらぶ先生の指導対局を受けていました。

188
俊さんは三局目に進んだようです。

202
かおりん先生も姿を見せてくれました。

207
トーナメントの商品は、優勝・準優勝・三位と、セカンドトーナメント優勝・準優勝がA・B各クラスそれぞれに用意されていました。

208
217
223
Aクラス優勝は元奨励会三段の天野貴元さん。
ご自身がブログで優勝報告していますね。
新・天野ブログ「あまノート」 LPSAクリスマストーナメント優勝!

249
252
255
最後にらぶ先生の閉会の言葉で終了。

二局で終わってしまったのは悔しいのですが、トーナメントは楽しいですね。
次回は三局指せるようにガンバル!
と、言いたいのですが…
LPSAは6月いっぱいで芝浦から移転すると発表されました。
『LPSA芝浦サロン・キッズスクール移転に伴う営業休止のお知らせ』

それで
 RAY @rayvaughan444
 LPSAは6月いっぱいで芝浦から移転すると発表されています。
 『芝浦ファイナルトーナメント』とか『芝浦フェアウェルトーナメント』を開催してくれないかなぁ…
とツイートしたら、美夏先生から
 いっつ @itsshogitime
 やりたかったんですが、日程的に厳しくて…。
 でも、お別れ企画はありますよ。
 将棋パークが終わったら発表予定ですのでよろしくお願いします。
とのリプライを頂きました。

日程が合えばお別れ企画に参加したいと思います。
また、移転しても、トーナメントを開催して頂きたいと思っています。

らぶ先生をはじめトーナメント運営のスタッフの方々に、楽しい時間を提供していただき感謝いたします。
ありがとうございました。

スポンサーサイト

中村真梨花女流二段戦

2月26日にジョナサン駒込店が閉店してしまいました。
当然ジョナ研も終了する事になります。
寂しいなぁ…。
しかし、将棋バカばかりのジョナ研メンバー。
他のジョナサンでジョナ研が出来ないかと言い始めました。
第一弾は3月14日に巣鴨のジョナサンで行われました。
わたしは仕事の都合で、残念ながら欠席。
この日の模様はkkさんと一公さんがブログに書いています。
『ジョナ研リターンズ』
『ジョナサン代替候補・1』
『ジョナサン代替候補・2』
新ジョナ研第二弾は3月28日に行われる事になりました。
今度はジョナサン王子店での開催です。
わたしははしご定跡で参加です。

54
10時20分過ぎに連盟道場に入りました。
担当は金曜日レギュラー講師のまりか先生です。
この日は年度末で皆さん忙しいのか、10時からの指導対局は一局のみでした。
女流棋士を30分独り占め出来たなんて、羨ましいですね。
でも、多面指しのハンデが無いので、手合いとしては大駒一枚違ってくるのではないでしょうか。
10時半からは4人が参加。

27
31
73
「おはようございます。」
「おはようございます。ブログは続けているんですか?」
「はい。」
「前回は男の子との写真を紹介されていましたね。では今日の事も書くんですか?」
「はい。書く予定です。」
「楽しみにしていますね。」
朝のご挨拶をすると、まりか先生の方からブログの事を話題にしてくれました。
次はクリスマストーナメントの将棋を見て貰うつもりだったのですが、年度替わりで忙しく、なかなかブログを書く時間が取れませんでした。
あまりまりか先生を待たせては申し訳ないので、まりか先生との指導対局を先にアップすることにしました。

7
16
それではまりか先生との指導対局対局を見てください。







勝たせていただきました。
が、73手目の△4七角が変ですよね。
アマ四段三人が三人共△4五桂を指摘しているのですからね。
これまでのまりか先生との対戦成績は、わたしから見て●○●○●の二勝三敗でした。
順番通りなら次はわたしの勝ちです。
△4五桂と跳ねたら、下手が勝つのは容易ではないでしょう。
桂馬を取って、飛車取りにも飛車を逃げずに桂馬を打てたら勝たせてあげようと緩めてくれたのでしょう。
そう考えると、まりか先生は緩めて勝ち負けを交互に繰り返しているのでしょう。
これで五分に戻りました。
次は普通に指して、まりか先生が勝ったらその次はまた緩めて指すのでしょう。
もし次にわたしが勝ったら、その次は少し本気を出して勝ちに来るのでしょう。
わたしの棋力では、いくら多面指しといえども、まりか先生に本気を出されたら勝てないのは分かっています。
でも、緩められて勝つよりも、本気を出させて負ける方が、アマチュア級位者としては指していて楽しいですね。
わたしの当分の目標は、まりか先生に連勝して、本気を出させることですね。

まりか先生、ありがとうございました。
またよろしくおねがいします。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

RAY

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。