指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相川春香女流2級戦

駒込ジョナサンが2月いっぱいで閉店。
寂しい。
2月28日が最後のジョナ研ということで予定を立てていました。
しかし、店員さんの話によると26日が最終日で、午後9時までの営業とのこと。
実質25日が最後の通常時間のジョナ研。
26日は最終日の短縮ジョナ研となりました。
ジョナ研最終日が変更になったのですが、火曜日と水曜日にジョナ研に参加するには休みを取るしかありません。
会社に有給休暇取得申込書を提出して有給休暇を取りました。
有給休暇明けの27日に出社すると、「あれっ?休んでた?」と、同僚に声を掛けられました。
「将棋仲間が集まって将棋を指す事になったので、ちょっと有給を使って休んでいました。」
いつの間にか社内に将棋を指す為に休みを取ったという話が広まって、先日は「あっ、これは名人、おはようございます。」と、慇懃に挨拶されてしまいました。
アマタイトルを取るか、せめて都代表の実績があればまだしも、わたしを名人と呼ぶのは完全にバカにした挨拶です。
まぁ、仲の良い同僚なので、シャレとして笑って受け答えしましたが…(笑)。
25日は火曜日でした。
スーパーサロンも芝浦サロンも火曜日は休みです。
休みを取ったのはいいけど、夕方までどうしよう…。
地元の道場では平日の早い時間にはほとんど人がいません。
たまには映画を観るか…。
トム・クランシーの小説は10作品以上読んでいます。
その小説の主人公の一人にジャック・ライアンがいます。
ジャック・ライアンを主人公にした映画が封切られたばかりだったので、それを観る事にしました。

『ジャック・ライアン/シャドー・リクルート』
 (邦題『エージェント:ライアン』)

感想:金返せ!

また駄作に1800円も使ってしまった。
こんな事なら千駄ヶ谷へ行くべきだった。

気を取り直して聖地駒込へ。

47
閉店の現実を突き付けられて寂しい…。

いつものメンバーに加え、久しぶりにお会いする方も含め8人集まりました。
この日の写真もkkさんがアップしています。
初めは閉店を残念がる話から、今後ジョナ研をどうするかなどの話でしたが、いつものように将棋の話が始まれば楽しいジョナ研に戻っていました。
当然布盤が出て実戦も始まります。
おしゃべりと将棋を楽しんで、実質最後のジョナ研終了。

翌26日、いよいよ駒込ジョナサン最後の営業日となりました。
最後の思い出作りに、この日ははしご定跡です。
LPSAのサロンからジョナ研が芝浦定跡。
スーパーサロンからジョナ研が千駄ヶ谷定跡。
スーパーサロン~LPSAサロン~ジョナ研が、両方をはしごするのではしご定跡。
秘密の掲示板に『はしご定跡で参加』と書き込めば、メンバーにはわたしの行動がわかります。

スーパーサロンへ行く時は、いつも夜勤明けで、3~4時間位しか睡眠を取れません。
しかし、前日から休みを取っているので、この日はしっかり睡眠時間を取れました。
8時に起き、軽い朝食を食べ、シャワーを浴びてさっぱりして家を出ました。
10時を少々回った頃、JR千駄ヶ谷駅に降り立ちました。
東京体育館を左手に見ながら、緩やかな坂道を上って、将棋会館へ向かいます。

将棋会館2階の道場へ入り、受付を済ませます。
この日も道場奥が仕切られていました。
スーパーサロンの指導対局が行われている道場奥へ。

1
担当は相川春香女流2級です。
春香先生とは二局目の指導対局となります。
前回の指導対局の時には女流3級でしたが、指導対局後の12日後に、第7期マイナビ女子オープン予選でまりか先生に勝利する等2連勝を果たし、自身初の本戦入りを決めて女流2級に昇級しました。

2
10時からの指導対局は四面指しで行われていました。
10時半開始はわたしを含め2名。
六面指しでの指導対局となります。
春香先生が王将を5一にピシリと置きました。
「後は並べておきます。」と言って残りの駒を並べました。

7
初形に並べられた駒から、飛車を駒袋へしまう春香先生。

15
春香先生が初手△3四歩を着手して指導対局開始です。

それでは見てください。







指導対局久々の勝利!
前回の春香先生のスーパーサロンでは、時間が足りなくなってしまったのですが、今回は春香先生もあまり時間を使わずに指していたので、時間内に全局指し終えていました。
春香先生は何も言っていなかったので、前回時間が足りなくなったとブログに書いた事を見たわけでは無いと思います。
少し早く指さないと時間内に終わらないと気付いての事なのでしょう。
感想戦で77手目の△4七馬では△3一歩と受けなければいけませんでしたと言っていました。
時間内に終わらせる事が出来たので、このペースで指しても疑問手を指さないように強くなってほしいと思います。

春香先生、ありがとうございました。
またよろしくおねがいします。

感想戦を終えて、2級昇級のお祝いの言葉を掛け、手合いカードを受付に提出。
すると、なんと大野先生がいるではないですか!
NHK杯の予選で対局だったとの事。
大野教室で支部を作った事を大野教室ブログで知っていたので、「今度教室に行った時に支部会員になります。」と言いました。
すると、「会員になってもらえるのなら、上で直ぐに手続きが出来ますよ。」と、大野先生。
この場で支部会員になりました。
スーパーサロンは2000円なのですが、支部会員には割引があるそうで、「では次回からは1600円になります。」と、受付嬢さん。
1年に8回スーパーサロンに来ると、割引分で支部会費が出てしまうんですね。
大野先生に誘われてお昼をご馳走になってしまいました。
色々とお話を伺い、近いうちに教室へも行く事を伝えて芝浦へ向かいました。






スポンサーサイト

第九局 中村桃子女流初段戦

新しい年を迎えて早々、1月10日にジョナ研を開催するとの知らせが秘密の掲示板にアップされました。
『驚愕の発表がありますので、奮ってご参加下さい。』と書かれています。
年が明けてからは新年会と会議で予定が詰まっていますが、驚愕の発表があるなどと言われたのでは、是が非でも参加せねば。
日程を調整してジョナ研に参加する事にしました。
ジョナ研は夕方からなので、スーパーサロンで指導対局を受けてから駒込へ向かおうと思います。
金曜日はまりか先生が担当です。
連盟道場へ電話をして予約を取りました。
驚愕の発表ってなんだろう…。
『ついに一公さんが身を固める事にしたのか』などと想像しながら、ジョナ研の日まで待ち遠しい思いで過ごしました。

1月10日午前10時10分、JR千駄ヶ谷駅に到着。
将棋連盟までは徒歩6~7分というところ。
将棋会館玄関前の喫煙スペースで一服してから二階道場へ。
道場へ入ると道場の奥がパーテーションで仕切られていました。
スーパーサロンはこのスペースで行われているのでしょう。
受付を済ませると案の定道場の奥へと指示されました。
パーテーションで仕切られた奥へ入ると…

13
あれっ?まりか先生じゃない!
まりか先生は翌週に女流名人位戦で里見香奈女流名人に挑戦します。
タイトル戦前なのでスーパーサロンは休んだのでしょうか。
でも1月6日にスーパーサロンを予約する時、連盟のホームページで担当が誰なのかは確認したんだけどなぁ…。

1
この日の担当は中村桃子女流初段でした。
そうか、『中村』の文字を見て、勝手にまりか先生だと思い込んだのでしょう。
まりか先生には前回負けているので、まりか先生にリベンジする事を楽しみにしていたのですが…。
でも初めての先生と指すのも楽しみです。

桃子先生にもブログ用の写真を撮る許可を頂きました。

26
35
10時からの回は三面で指されていました。

46
58
63
10時半からの回には、わたしを含めて3名の参加。
六面指しでの指導対局となります。

52
「よろしくおねがいします。」
将棋は礼に始まり礼に終わります。
とても素晴らしいこの日本の文化が、永く続く事を願います。

114
109
123
133
124
153
165
158
168
177
わたしの指導対局が始まってから少しすると、10時から指していた一局が終局。
感想戦が始まったので、席を立って写真撮影。

65
81
93
103
それでは桃子先生との初めての指導対局を見てください。







最後に王手銀取りの角を打たれるまで勝ちだと思って指していました。
桃子先生の感想戦での第一声は、6一の銀を指差して「成っていれば負けていました。」でした。
▲6二銀成は△8四玉と逃げられる手を気にしました。
▲5二角成と銀を取っても△8五玉から入玉されそうです。
78手目、▲6二銀成△8四玉と進んだ場合、下手に勝ちはありますか?

そうか、▲7四馬と捨ててから▲7五金ですか!
このブログを書きながら、今その筋に気付きました。
いやぁそうかぁ、▲6二銀成で勝ちだったのかぁ。
残念。
実戦で馬捨てが指せていたらカッコ良かったなぁ(笑)。

184
1
2
棋譜ノートにサインを頂いて指導対局は終了。

桃子先生、ありがとうございました。
またよろしくおねがいします。


スーパーサロンの指導対局が終わったあと、外へ出て軽く昼食を取って、道場へ戻って二局指してから駒込へ向かいました。
どんな話が飛び出すのか…。

kkさんがこの日のジョナ研の写真をアップしています。
『驚愕の発表』とは駒込ジョナサンが2月いっぱいで閉店というものでした。
「えぇっ、本当?」と、聞き直してしまいました。
金曜サロンに通っていたころは毎週お世話になっていました。
LPSAが芝浦に移転してからは月に一回お邪魔していました。
基本的には店内でのゲームは禁止なのですが、毎週お邪魔させていただいているうちに、いつの間にか将棋を認めてくれるようになりました。
駒込ジョナサンが閉店してしまうと、もうジョナ研は開催出来なくなるかもしれません。
残念ですが、残り少ない駒込ジョナサンに、極力集まるようにしようという話になりました。
ちょっと暗い気持ちになりましたが、駒込ジョナサン閉店の話が一段落した後は、いつものジョナ研の様に、ここには書けない話などで一盛り上がり。
その後、これもいつも通り布盤を出してこの将棋を並べて見てもらいました。
それから実戦が数局。
この日もジョナ研を楽しみましたが、もう数回でジョナ研も終わりかと思うと、寂しい帰り道となりました。




アマチュア三段の力とは?

今回はアマチュア三段との将棋を二局見てください。

わたしにとってのアマ三段というと、社団戦のチームメイトのよっしーさんとHonさんです。
どちらとも本気で指したら、10局指しても一つも勝てずに10敗するでしょう。
100局指せば一番くらいは入るかもしれません。
わたしにとって三段というと、全然勝負にならないくらい、とても強い印象を持っています。

当然三段相手に勝てるなどとは思わず、二局とも教わるつもりで対局しました。

まずは某月某日、とある将棋会での某三段との将棋です。
対局前にブログの事は話してあったのですが、感想戦の途中で「ひどい将棋を指してしまったので見られたくないなぁ…。」と、ボソッとぼやいていました。
対局者が分かってしまうと、本人からクレームが入るかもしれません。
なので対局者は匿名にします。

それでは見てください。







四間飛車の△3二銀型には、わたしは▲3八飛と回る事が多いです。
飛車を回る前の△4五歩からの進行は、居飛車が悪くないと思います。
34手目の△1四歩が緩手で、▲3五歩からの仕掛けで居飛車が良くなったでしょう。
40手目の△3二飛から△4三銀の構想は良くないですよね。
48手目の局面は居飛車が良いと思うのですが、どうでしょうか。
ジョナ研メンバーに見てもらったら「三段あるようには見えないなぁ。」「初段がいいところなんじゃない。」などの感想でした。
わたしもこの序中盤の指し方を見ると『本当に三段なの?』と感じてしまいます。
終盤が弱いわたしが相手だから勝てましたが、48手目の局面から居飛車側を初段が持って指し継いだら、多分先手が勝ち切るのではないでしょうか。
結果的に1級に勝ったのですから、有段者ではあるのでしょうが、よっしーさんやHonさんと同じ棋力だとは感じられませんでした。

それではもう一局見てください。
この将棋はスーパーサロンで指導対局を指した後、連盟道場で指した将棋です。
香落ちで手合いが付いたのですが、お願いして平手で教わる事にしました。
連盟道場では珍しいのですが、相手が対局時計を持ってきました。
わたしに長考されるのを嫌ったのでしょうか。
わたしとしても時計を使った方が気兼ね無く考えられるので歓迎です。







なんと、三段に勝ってしまいました。
22手目の△2四歩が疑問手でしたよね。
▲2四同歩△同飛▲同飛△同角に▲2三飛が銀にも当たる事をうっかりしたのでしょうか。
堂々と▲2四同歩と取られてから2分も長考して銀を引くのは、どう考えても誤算があったとしか思えません。
▲4四歩と取り込んで2歩得では先手が良いですよね。
相手は格下だからと油断したのかもしれませんが、この将棋もジョナ研では三段は無いとの意見でした。

三段といっても二段に近い三段から四段間近の三段まで、棋力に幅はあるでしょうが、この二人の三段の棋力はちょっと疑問符が付きます。
大野教室では二段でも厳しいかもしれませんね。
三段には手合いが違うと思わせるくらい強く在ってほしいと思います。

駆け抜けろ!

本日3月10日、らぶ先生は女流王位戦のリーグ最終局を鈴木環那二段と戦っています。
この対局はらぶ先生が女流1級としての初対局です。
そして3月13日には女流名人戦のリーグ入りを掛けた予選決勝があります。
女流名人位戦でリーグ入りすると女流初段に昇段です。
らぶ先生は女流1級を二局のみで駆け抜けるかもしれません。

このエントリは1月中にアップするつもりで書き始めました。
しかし、1月は新年会と会議でブログを書く時間が中々取れませんでした。
九割方書き終わっていて、最後に少し書き足してアップしようと思っていたところ、中井先生のLPSA退会からたいふー先生もLPSA退会というニュースに触れ、能天気(今まで『脳天気』だと思っていましたが、元はこの字だったんですね)にLPSAのイベントのエントリをアップするのはどうかと思い、一応書き上げて下書きのままにしてありました。
LPSAの動向を少し見守っていようと思っていましたが、らぶ先生が結果を残して、あっという間に入品しそうなので、多少書き直しと書き足しをしてアップします。
指導対局は基本一局ずつのエントリにしていますが、らぶ先生の昇級が早いので二局まとめて見て頂こうと思います。
それではまず第百七十五局 渡部愛女流2級戦からです。

~~~ 以下は1月中に書いたものです ~~~

1
2
昨年の12月22日、LPSA芝浦サロンへ行ってきました。

63
サロンへ入ると奈津子先生が受付をしていました。

7
らぶ先生も受付でお出迎え。

受付を済ませて、暫し奈津子先生と雑談。
わたしの息子は現在小学二年生で、サンタクロースがプレゼントを持って来てくれると信じています。
「奈津子先生の子供さんはいくつくらいまでサンタを信じていましたか?」
「小学校の3・4年くらいまでは信じてましたかねぇ。ただ、お兄ちゃんが6年、妹が1年の時に引っ越して、『サンタさんは住所がわからないので、これからはサンタさんはうちには来ません』と言って、クリスマスのプレゼントはしなくなりました。娘はいまだに『お兄ちゃんはプレゼントをいっぱい貰ったのに、わたしは少ししか貰えなかった』と文句を言うんですよ。」
ご両親からのプレゼントはそんなに貰えなかったかもしれませんが、娘さんにはそのうち、背の高いサンタクロースが旋風に乗ってやってくる事でしょう。
サンタを信じているうちの息子。
夏休みに友達の家でWiiを体験。
面白かったらしく、その後も何度か友達の家へ遊びに行ってました。
必然的に「Wiiが欲しい。」と言い出し、「サンタさんにWiiをプレゼントしてもらう!」
いつかゲーム機が欲しいと言い出すだろうと覚悟していたので、WiiUの購入を決定。
クリスマス間近になって在庫が無くなってはいけないので、早く買って押し入れに隠しておくことにしました。
嫁さんがポイントが付いて得だからと、楽天で購入。
ここまでは問題なかったのですが、Wiiが届いた日が、たまたま行事の為に学校が午前で終了でした。
荷物が配達された時に息子が帰ってきてしまいました。
伝票にWiiと書かれている事を見つけた息子が「これ何?」と騒ぎ出し、ごまかしきれなくなった嫁さんはついにギブアップしてクリスマスのプレゼントに買った事を白状しました。
当然大喜びの息子。
しかし、次の息子の言葉に茫然とさせられた嫁さん。
「お父さんとお母さんからWiiを買ってもらえたから、サンタさんにはほかの物をお願いしよう!」
ただでさえ三万円以上の、今までで一番高価なクリスマスプレゼントを買ったのに、更に出費を強いられるのか…。
しかし、「本当はサンタクロースはいないんだよ。」などと、信じている息子に野暮な事を言いたくはありません。
仕方ない、12月のゴルフを断ってサンタクロースからのプレゼントのゲームソフトを買ってあげるか…。

サンタからのプレゼントに喜ぶ息子を見て、ゴルフを諦めた甲斐があったと思いました。

4
受付を済ませてサロン内に目を向けると『HAPPY MERRY X’MAS』の飾りつけ。
この日は『渡部愛昇級記念・クリスマストーナメント』が開催されました。
らぶ先生は女流王位戦の予選を勝ち抜き、見事リーグ入りを果たしました。
これにより女流2級に昇級。
仮免許の女流3級から正規の女流棋士となる女流2級に昇級した事を記念しての大会です。
前回のらぶ先生との指導対局のエントリで『今度は女流2級のらぶ先生にサイン勝負を挑みに行きます。』と書きました。
急がなくても、そのうちに指導を受けに行こうと思っていました。
が、らぶ先生は女流王位戦リーグで香川愛生女流王将に勝利!
現役タイトルホルダーに勝ったので、リーグ残留が見えて来ました。
リーグ残留すると1級に昇級ですよね。
これはのんびりしていられないなと思っていたところ、クリスマストーナメントで指導対局の機会がある事を知り、2級のらぶ先生に挑戦する事にしました。

10
らぶ先生の扇子が発売されました。
『磨斧作針(まふさくしん)』
斧を磨いて針を作る。いかに困難に思えるようなことでも、忍耐強く努力すれば必ず成功するということ。
らぶ先生も努力を続けて、是非タイトルを取ってください。

14
19
24
時間になりました。
駒を並べて指導対局の開始です。

26
33
48
四面で始まった指導対局。
少し遅れて二名が来て、六面での指導対局となりました。

42
それではらぶ先生とのサイン勝負を見てください。







91手目の局面は難しいながらも下手が良いと思います。
92手目は▲3二竜と単に入るか▲5一銀が良かったでしょうか。
馬の利きに気付かずに108手目に▲5四銀と打ってしまい、これで攻めが続かなくなってしまいました。
馬筋が通った事に気付いていたら▲6四歩と打っていましたかね。
それならまだ下手が残していたかもしれませんね。
しかし、実際そこから勝ち切るのは、わたしのダメダメ終盤では難しいでしょうが…。

これでらぶ先生に8連敗!
キビシ~イ!

女流王位リーグで残留すると女流1級に昇級ですね。
次にお会いする時は女流1級になっている事でしょう。
ありがとうございました。
またよろしくおねがいします。

~~~ 以上 1月中に書いた分でした ~~~

以下は3月10日追記分です。

女流王位戦での成績はイマイチで、リーグ残留は叶いませんでした。
もう暫くらぶ先生は女流2級で留まるのかと思っていましたが、女流名人位戦のB級リーグが廃止された事による昇級既定の変更で、らぶ先生が3月4日付けで女流1級に昇級しました。
結局女流2級のらぶ先生との指導対局は一局しか指す事が出来ませんでした。

予選決勝に勝って女流名人戦のリーグ入りを果たすと女流初段に昇段です。
のんびりしていると女流1級のらぶ先生と対局出来なくなってしまうかもしれません。
LPSAのサイトでサロンの指導対局の担当を確認すると、3月7日がらぶ先生の担当でした。
次の担当は3月28日です。
女流名人位戦予選決勝の対局日はまだ連盟の1週間の予定に載っていません。
28日前に対局が組まれるかもしれないので、この日を逃すとらぶ先生は女流初段になってしまうかもしれません。
急遽予定をやり繰りして、3月7日のサロンに行ってきました。

10
美夏先生が受付をしていました。
急遽らぶ先生の指導を受けに来た理由を話すと、「その判断は正解ですね。」
美夏先生はらぶ先生の実力からすれば女流初段までは直ぐに上がると思っているようです。

18
サロンには先客が2名。
らぶ先生に昇級のお祝いを述べて、「予選決勝がいつだかわからないので、急遽1級のらぶ先生に会いに来ました。」と言うと、「14日に対局なんですよ。」
後日連盟の予定を見ると13日が予選決勝の対局日になっていました。
わたしの聞き間違えからぶ先生の勘違いか…。
聞き間違えならいいのですが、らぶ先生が勘違いしていたら大変です。
もしLPSA関係者がこのブログを見ていたら、らぶ先生に対局日の確認をしたほうがいいかもしれません。

24
26
38
45
62
70
指導対局は三面指しで始まり、直ぐに四面指しになり、少ししてまた2名増えたのでテーブルを追加して、六面指しでの指導対局となりました。

それでは女流1級のらぶ先生とのサイン勝負を見てください。







また勝てませんでした。
やはり居玉は反動が厳しいですね。
角の交換に満足して34手目は▲6八玉から囲うべきでした。
感想戦で42手目の▲8八角がいけなかったかと尋ねると、確かに角打はあまり良くなかったかもしれないけれど、それよりも48手目の銀打ちは▲5五銀と打たれていたら困っていたとらぶ先生。
△7六馬や△2六馬なら▲4四銀、△4三馬なら▲5四歩から▲4四銀で攻めが繋がっていそうです。
▲4五銀が敗着で、▲5五銀ならまだ下手が指せていたようです。

これで9連敗!
中々勝たせてくれませんねぇ。
折角サロンへ行ったのでもう一局指したいところですが、この日は嫁さんが女子会と言う名のおばさん会の予定があり、息子と二人で夕飯を食べる事になっていました。
後ろ髪を引かれる思いでサロンを後にして家路を急ぎました。

昨年10月24日に女流2級に昇級したらぶ先生。
その後4か月半で女流1級に。
今週13日の対局に勝つと女流1級を10日で卒業です。
ツアー女子プロになる前、まだアマチュアの中学生だったらぶ先生は女流名人になる事が目標だと語っていました。
そんならぶ先生にとって女流級位者も女流初段も単なる通過点に過ぎません。
女流名人位戦でのリーグ入りも単なる通過点。
リーグ戦でも勝ち続け、挑戦者になって女流二段。
目標達成して、来年の今頃は女流三段になっている事を願っています。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。