指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Android 4.2 に Flash Player をインストール

今年の夏ごろから、嫁さんのスマートフォンの動作が不安定になってきました。
使用しているのは、2010年12月に購入した初めてのスマートフォン、IS03です。
わたしは電話が使用できれば仕事に差し支える事はありません。
しかし、嫁さんはネットが使用できないと仕事に支障をきたします。
嫁さんは機種変更しようかといいながらも、暫くは騙し騙し使っていました。
秋ごろになると、わたしのスマートフォンも怪しくなってきました。
ブラウザを立ち上げてWEBページを閲覧している時に電話が掛かってくると、フリーズして電話に出られません。
電話が掛かるたびにブラウザを閉じて、こちらから掛け直す事になります。
流石にこれは面倒で、わたしもだんだん機種変更したくなりました。

11月17日の朝刊に携帯電話ショップの折り込み広告が入っていました。
それを見た嫁さんが「ちょっと見に行ってみようよ。」と言ってきました。
直ぐに機種変更するかはともかく、遅かれ早かれ機種変更する事になるでしょう。
この日も会社で会議があります。
会議後の食事はパスして帰宅。
最寄り駅近くのauショップへ家族で出かけました。

店内には今年の春夏モデルと最新の秋冬モデルが陳列されています。
『デカッ!』
画面の大きさにびっくりしました。
これは見やすい。
わたしは、電話が使えて、メールが出来て、このブログへのコメントが確認出来ればいいので、機能に関してはどの機種でも問題はありません。
なので、機種の選定は嫁さんに任せるつもりでした。
嫁さんが候補に挙げたのは『GALAXY Note』と『AQUOS PHONE』でした。
ギャラクシーノートは画面の大きさが、アクオスフォンは生活防水が魅力とのこと。
わたしは生活防水にそれほど魅力を感じませんでしたが、家事で水仕事をする嫁さんには大きなプラスポイントのようです。
「ギャラクシーノートが生活防水仕様なら迷わず選ぶんだけど…。」
ただ、ギャラクシーノートは、わたしには大き過ぎます。
女性はバッグを持ち歩くので、この大きさの差は気にならないのでしょうが、ポケットに入れて持ち歩くわたしとしてはアクオスフォンの方がいいと思いました。
嫁さんが店員さんに色々と質問している間に、店頭に展示してあるギャラクシーノートのデモ機をいじってみました。
ブラウザを立ち上げてグーグルを開き、『RAY 駒落ち』で検索。
以前は『Blu-ray DiscやDVD再生時に、コマ落ちや音飛びがする』が上位に表示されていましたが、今はこのブログがトップに出てくるんですね。
検索結果に出てきた『RAYの駒落ちdeGO』をタップして開きました。
あれっ?文章は表示されているのに盤面が表示されない…。
今度はアクオスフォンで同じ事をしてみました。
やはり盤面が表示されません。
FC2側に問題があるのかもしれないので、試しに自分のIS03でもブログを表示してみました。
IS03では盤面は表示されています。
ちゃんと駒も動いて棋譜の再生も出来ます。
店員さんにIS03とアクオスフォンの画面を見せて、「これは自分で書いているブログで、フラッシュを張り付けているのですが、アクオスフォンでは表示されないのですが…。ギャラクシーノートでも同じなんですよ。フラッシュプレーヤーがインストールされていないだけで、インストールすれば見られるんですよね?。」と、尋ねました。
暫くスマートフォンをいじった後、店員さんは奥へ行ってしまいました。
戻って来た店員さんが「調べてみたのですが、アドビはアンドロイド4.2には対応していなくて、4.2用のフラッシュプレーヤーを配布していませんね。現在、最新機種ではフラッシュは見られません。今後対応するのかもわかりません。アドビはアップル寄りの会社なので、アンドロイドを軽視しています。もしかすると、今後もアンドロイドへのフラッシュプレーヤーの対応はしないかもしれません。」とのこと。
嫁さんはどちらにしろ機種変更するだろうけれど、フラッシュが見られないのでは、仕事中の息抜きの楽しみであるニコ生のタイトル戦中継も見られないので、わたしは機種変更するのは止めておこうと思いました。
が、念のためにネットで検索してみました。
すると、みんな同じように思っているようで、ネット上にはアンドロイド4.2でフラッシュを見る方法の質問と回答がいっぱいありました。
いくつかを読んでみると、どうやらアンドロイド4.2でもフラッシュを見る事が出来そうです。

結局、ギャラクシーノートは大き過ぎてシャツの胸ポケットに入らないとの理由で、アクオスフォンに決定。
わたしは、初めて買った携帯がauで、以来ず~っとauです。
しかも、auのイメージカラーのオレンジ色をずっとチョイスしてきました。
しかし、残念ながら最新機種のアクオスフォン『AQUOS PHONE SERIE SHL23』には白・黒・青の三色しかありません。
嫁さんは白にするというので、わたしは青にしました。
下見だけのつもりだったのですが、スマートフォン二台を購入して帰って来ました。

初期設定を済まし、電話帳などのデータを引越し。
メール関係の設定が終わり、とりあえず仕事に支障の無いようになりました。
次はいよいよフラッシュプレーヤーのインストール。
ネットで調べた通りにダウンロード。
不安をよそに、あっけなくインストール終了。
ブラウザを開いて、このブログを見てみました。
盤面は無事表示されました。
ボタンをタップして棋譜再生も問題無い事を確認。
ニコ生を見てみると、こちらも問題無く動画を見る事が出来ました。

普段は将棋の事しか書かないこのブログですが、フラッシュを使用したブログを書いている身として、このブログをスマートフォンでも見られるように、また、最近将棋ファンの大きな楽しみになっている、ニコ生のタイトル戦中継が見られなくなる事が無いように、今後、皆さんが機種変更した時の参考になればと思い、このエントリをアップします。
以下にアンドロイド4.2端末のアクオスフォンにフラッシュプレーヤーをインストールする方法を記します。

使用端末は『AQUOS PHONE SERIE SHL23』、OSはAndroid™ 4.2です。

まず『設定』→『ロックとセキュリティ』の『提供元不明のアプリ』をチェック。
これはAdobeがAndroid4.2に対応しなくなったので、Google PlayによるFlash Playerの提供が停止されたため、提供元不明の扱いになったからです。
次にAdobeの公式サイトを開きます。

このページの真ん中より下、上から大体3分の2位の所に『Flash Player for Android 4.0 archives』があります。

アドビ

その下にフラッシュプレーヤーのファイルのリンクがあります。
一番上の『Flash Player 11.1 for Android 4.0 (11.1.115.81)』をタップしてダウンロードします。
ダウンロードの通知をタップして『インストール』をタップ。
インストールが終わったら『完了』をタップ。
最後に『設定』→『ロックとセキュリティ』の『提供元不明のアプリ』のチェックを外して終了です。
これでAndroid 4.2でもFlashが表示されます。

わたしはブログの閲覧や竜王戦のニコ生中継の視聴などで2週間使用していますが、現在までトラブルは起こっていません。
しかし、Adobeが想定していない使用方法だと思うので、インストールは自己責任で実行してください。
何かトラブルがあったとしても、当方では責任を取れませんので、そこのところはご了承ください。







スポンサーサイト

第六回 なかい研合宿 △4二玉

朝食は7時半からなので、アラームは7時20分にセットしておきました。

77
スマートフォンのアラームで目を覚ますと、すでに不利飛車迷人さんとFujさんが将棋を指していました。
筋金入りの将棋バカですね(笑)。

86
87
食堂へ移動して朝食。
普段の朝食はパンなので、たまに食べるご飯とみそ汁の朝食はとても美味しく感じます。
みんなに昨夜のkkさんのツイートを見せると、やはり驚いていました。

89
食後に一服しながらの雑談。

93
合宿2日目は大野先生プレゼンツ、詰将棋トライアルからスタート。
3手・5手・7手詰め各4問ずつです。
植山先生も中井先生も一緒に挑戦。
わたしは3手詰め4問と5手詰め3門を解いたところで時間切れ。
7問正解だと思っていたら、3手詰めで1問うっかりミスがあり、結果6問正解でした。
わたしが正解した5手詰めの問題で植山先生が間違えていて、全問正解出来なかった事をひやかされていました(笑)。
詰め将棋が終わった頃だったでしょうか、浦和レッズ応援のあと佐久平入りしていたkkさんがわらび山荘に到着しました。

102
詰め将棋の次は中井先生プレゼンツ、大局観トライアル。
中井先生の実戦八局から出題。
それぞれの対局の中盤の局面図がプリントされています。
次の一手を答えるのですが、棋風によって回答も様々。
わたしは、実戦でプロが指した手は1問も答えられませんでした。
興味深かったのは、中井先生と渡辺竜王(当時五段)との対局からの問題。
相矢倉で竜王の手番の局面。
実戦で竜王は3五の銀を4六へ引いたのですが、局面だけを見ると、攻める為に出て行った銀を引いたので、違和感を覚えます。
わたしだけではなく、四段陣のメンバー達も、初めはこの手に感触の悪さを感じたようでした。
八問全部の解説が終わったのですが、昼食までまだ少し時間があったので、この将棋を初手から並べて観賞しました。
すると不思議なもので、この銀引きが、中井先生の攻めを受け止める自然な指し手に感じました。
局面だけではわからない、それまでの手の流れが、同じ手でも感じ方が変わるという不思議な体験をしました。

149
二台の車に分乗して昼食へ。

153
155
向かうは信濃川上駅。
前回まではkkさんと俊さんが二日目からの参加だったので、この信濃川上駅へ迎えに行くついでに昼食でした。
今回は俊さんが初の初日からのフル参加と、kkさんがタクシーで直接わらび山荘へ来たので、迎えに行く必要はありません。

151
150
152
なので、今回は昼食を摂る為だけに、合宿二日目昼の定番となっている、信濃川上駅前のひぐれ食堂へ。

161
昼食を食べて、わらび山荘へ戻って一休み。

165
すると、大野先生のももに一匹の蜂が…。
大野先生は追い払おうとはせずに、「なんだかなついちゃったみたいです。」

160
ミツバチならば、人間が何もしなければ滅多に刺す事はありません。
しかし、よく見ると…
「これ、スズメバチですよ。」と、わたし。
Wさんも「スズメですね。でもオオスズメバチではないみたいです。巣の傍だと怖いけど、近くに巣は無さそうだから、静かにしていれば刺さないでしょう。」
「スズメバチじゃないと思って安心してたんですけど…。」と、大野先生。

『スズメバチ 種類』で検索してみるとこんなサイトがありました。
見分けるための一覧表を見てみると、この蜂は『キイロスズメバチ』でしょうか。

168
合宿二日目午後の実戦タイムスタート。

170
植山先生は翌日に仕事が入っているので、この日の夕方に、やはり一泊のみの参加のSatさんと帰る事になっています。
植山先生は全員と指すために、二日目から参加のkkさんと対局。
わたしの、夜中まで続く実戦タイムのスタートは、そのkkさんの隣で大野先生の指導対局から。

それでは大野先生との指導対局を見てください。







右辺の制空権を握られて、ちょっと息苦しい感じです。
大野先生は飛車を抑え込み、3筋・4筋から押し潰そうと考えたのでしょう。
守りの要の金を玉から遠ざける△4二金右と指しました。
この手をすんなり許す気にはなれません。
何か手は無いかと考えました。
大野先生は下手からは大した手が無いので、既に上手ペースだと思っていたそうです。
が…
なんと!
ここから7手後に大野先生は投了です。
みなさんも大野先生を投了に追い込む事が出来ますか?










第六回 なかい研合宿 ▲5八飛

指導対局に連敗、ペア将棋も負け、リーグ戦も連敗と、今合宿では未だ勝ちがありません。
次はリーグ戦の3局目です。
対戦相手は三段のHonさんです。
棋譜ファイルに記録されている開始日時は、日付が変わって11月3日の午前1時16分となっています。
時間からすると、合宿1日目最後の対局となりそうです。
それでは見てください。







あと一歩足りませんでした。
50手目の局面は難しいながらも、まだ先手にもチャンスがありそうに思えます。
▲3五歩か▲6四歩などもありましたかね。
55手目の▲6八飛がどうだったか。
やはり▲3五歩と攻め合うべきでしたか。
72手目の局面は、後手の攻め駒も少ないので、▲4四桂で勝負したいところでした。
先手にも勝ちがあってもよさそうなのですが、形勢はどうだったのでしょうか。
三段を相手にあと少しというところまで指せました。
以前はHonさんにはまったく歯が立たないという感じだったのですが、わたしも少しは強くなれているのでしょうか。

73
感想戦が終わったらこの時間でした。
いつもよりも少し早いのですが、合宿一日目はここでお開き。

スマートフォンはずっと棋譜入力に使っていたので、ツイッターなどは全然チェックしていませんでした。
ベッドへ入ってツイッターを見てみると、二日目から参加予定のkkさんが『明日朝のタクシー予約もできた。今日のうちに佐久平まで行くか 』『軽井沢まで来ると急激に冷えるね』と呟いていたではないですか。
「どうせならわらび山荘まで来ちゃえばいいのに…」と思いながら眠りにつきました。



第六回 なかい研合宿 △6二銀

わたしの使っているスマートフォンはIS03という、3年使っている機種です。
流石に今出ているスマートフォンに比べると画面が小さくて、使いずらさを感じます。
社団戦から本格的に使い出した棋譜入力アプリの『Kifu for Android』も、画面がもう少し大きいと、もっと使いやすいだろうと感じます。
しかし、段々使い慣れてくると、便利で、もう棋譜ノートに手書きする気にはなれません。
この『Kifu for Android』は対局開始日時が自動的に保存されます。
リーグ戦第一局の俊さんとの棋譜データには『開始日時:2013/11/02 22:44:54』と記録されています。
この開始日時を見れば、対局した順番を忘れてしまっても、第二局、第三局がどの将棋だったかがわかります。
合宿で指した順番は全く覚えていないのですが、開始日時によって第二局を確認しました。
リーグ戦第二局は、去年北区名人になったFujさんとの対局です。
対局開始は『開始日時:2013/11/02 23:42:29』となっています。
それでは北区名人に足立区級位者が挑む将棋を見てください。







北区名人にいいところまで迫れたのですが、如何せん、わたしの終盤力では勝ちに結び付ける事が出来ませんでした。
残念。
まず、20手目の△2三歩は、横歩取りを指し慣れている人はまず打ちませんね。
敗着というまでの悪手ではなくても、2筋の攻め筋を無くしてしまい、負けずらくなったとしても、それ以上に勝ちずらくしてしまったでしょう。
41手目の▲5六角があまり良い手ではなかったですかね。
それでも50手目の局面は先手が指せているように思います。
何か手は無かったですかねぇ。
62手目の△1八角成で、角の働きが大差になって、後手が優勢になってしまいました。
そこから先は先手にはノーチャンスでした。
この合宿の1週間後に、Fujさんは北区名人戦2連覇を目指して大会に出場しましたが、予選で痛い一敗を喫し、三勝一敗の成績で、北区名人の称号は一年間で返上することになってしまいました。
来年は北区名人に返り咲くべく精進してください。

第六回 なかい研合宿 ▲5五歩

第六回なかい研合宿は指導対局の連敗でスタート。
第四回なかい研合宿では連勝スタートだったのに…。
続いてはリーグ戦です。
わたしは今回の合宿で、ある目標を立てていました。
前回の合宿までは時間のハンデを付けたりしてリーグ戦を戦いましたが、今回はハンデ無しで戦って、高段者から1勝を挙げるというものです。
もし勝てたら、その棋譜を大野先生に見てもらい、正式に大野教室初段の認定をしてもらおうと考えていました。
大野教室の高段者も級位者に負けたのでは面目無いでしょうから、その時は堂々と初段を名乗らせていただきましょう。
この目標は、合宿中は誰にも言わずに、ひっそりと胸に秘めていました。
リーグ戦の一局目は俊さんが相手です。
持ち時間はそれぞれ20分、使い切ったら一手30秒の秒読みです。
初段への階段を上る事が出来るでしょうか。

それでは見てください。







将棋は序盤の駒組みでの手順前後で終わってしまいました。
『正しく矢倉に組めたら初段』という話をどこかで読んだか聞いたかした記憶があります。
手の意味を理解して組む事が出来ないと、手順前後で悪くしてしまいます。
正しく矢倉に組めなかったわたしは、まだまだ級位者ということですね。
60手目の△6四馬と68手目の△6一桂が印象に残りました。
後手としては駒得しているとはいえ、陣形が乱されているので、攻め合いではなく受け切る方針が良いのですね。
良くなってからの急がない指し回しは勉強になります。
少しでも吸収して、棋力向上に役立てられるようにしたいと思います。
俊さん、ありがとうございました。
またよろしくおねがいします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。