指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第六局 相川春香3級戦

8月5日は一日将棋バカになりました。
まずは将棋の聖地、東京千駄ヶ谷の将棋会館でのスーパーサロンへ。
月曜日の担当は安食総子初段。
あじあじ先生には初めてのスーパーサロンで負かされているので、ここはリベンジを果たしたいところです。
8月1日に連盟道場に電話を掛けて予約を取ると、「担当は相川3級ですが、よろしいですか?」
えっ、あじあじ先生じゃないの?
相川3級って誰?(失礼)
「安食先生ではないんですか。それでは検討してまた電話します。」
スーパーサロンに行く気マンマンだったのに、名前を知らない先生では盛り上がりに欠けるなぁ…。
翌2日、やっぱり将棋を指したい気持ちに変わりなく、もう一度連盟道場に電話。
もし、予約が埋まっていればしょうがない。
しかし、まだ空いているとしたら、それは将棋の神様が相川春香女流3級に会いに行けと言っているのでしょう。
予約を確認すると、まだ空いているとの事。
それでは行きましょう。
10時半の回を予約しました。

8月5日10時、JR千駄ヶ谷駅に降り立ち、いざ将棋会館へ。
10時10分過ぎに連盟道場で受付。
あれっ、指導対局をしていない。
10時の回は誰もいなかったのかな…。
外の喫煙所で対局前の一服。
再び二階に上がると、すぐに名前を呼ばれました。
「右奥の研修室です。」
道場内を見回すと子供がいっぱいで、ほぼ全ての盤が対局者に挟まれています。
夏休みで子供の来場が多いので、いつもとは違い、別室でスーパーサロンを行う事にしたのでしょう。
10時半の回はわたしの他にもう一名いました。
二人で指示された研修室へ向かいます。

2
研修室へ入ると四面指しで指導対局を行なっていました。
相川春香女流3級にブログで写真と棋譜を紹介したいと申し出ると、「はい、どうぞ。」と、笑顔で快諾してくれました。

1
6
対局開始前に数枚写真を撮って、席に着きました。

7
13
16
22
26
相川春香女流3級は、あどけない少女の面影を残した可愛らしい女性でしたが、そこは勝負師。
手を読む姿には厳しい表情も見られました。

それでは春香先生との六面指しでの将棋を見てください。







う~ん、もうちょっと時間が欲しかった。
スーパーサロンは時間をキッチリ守るので、上手に時間を使われてしまうと下手は待たされてしまい、結果時間切れとなってしまいます。
スーパーサロンで指導対局を担当する先生は、時間の事も気に止めて頂けたらと思います。
正直、春香先生に六面指しは厳しいのではないかと感じました。
春香先生にはもっと強くなっていただき、スーパーサロンの指導対局くらいは難無くこなせる様になって欲しいと思います。

春香先生、ありがとうございました。
また挑戦したいと思います。

スポンサーサイト

思い出の一局

第24回社会人団体リーグ戦で今年も熱い戦いが繰り広げられています。
今年はLPSAからのチームの出場がなくなりました。
去年までのLPSA星組とLPSA月組は1チームに合流し、『星組2008』として出場しています。
去年3部で戦ったLPSA星組は降級しました。
新規チームは3部からだと思うのですが、LPSA星組の成績を引き継いだのか、今年は4部に入っています。
LPSA星組監督のよっしーさんが、今年は『星組2008』の監督として采配をふるっています。
今年もよっしー監督から参加の呼び掛けがあったのですが、今年は2チームが合体したことでメンバーの棋力が高くなり、わたしなどの出番はありません。
よっしー監督には「メンバーが足りなくて不戦敗が出るようなら参加します。」と、伝えてあります。
幸い、一日目も二日目もメンバーは揃ったようなので、わたしは出場を辞退しました。
わたしが出なかったお陰で(苦笑)、一日目は4勝、二日目は3勝1敗で、ここまで7勝1敗の好成績です。
これでは尚更わたしは邪魔をするわけにはいきませんね。

去年の4月から会社での仕事が増え、更に8月に義祖父がなくなった事で予定が狂い、プログを書く余裕も気力も無くなってしまい、ず~っと更新をサボっていました。
今回は去年の第23回社会人団体リーグ戦二日目の模様を振り返ります。

わたしは3部では一つも勝てずに、全敗を続けていました。
が、一日目に3部初勝利を上げました。
しかし、これは相手の二歩で、勝負には勝ったが将棋には負けたという事です。
自分の気持ちの中では、依然3部全敗です。
この年の目標は3部での1勝。
でも、やはり私の棋力では3部は敷居が高く、大駒一枚強くならなければ勝つ事は難しいでしょう。

1
2
一回戦は『OKACHI2』チームさんです。







勝てませんでした。
27手目は▲6八金上として、△5四歩なら玉頭銀が無くなるので、▲4六歩から4五歩早仕掛けにし、△6四歩なら△6四角が無くなるので、▲3五歩か▲4六銀と出て斜め棒銀にするのが本筋でしょう。
しかし、△5二金左ではなく△1二香だったので、4一の金が離れている形で戦いを起こそうと考えて、▲4六歩と突き△5四銀を誘いました。
36手目の局面は居飛車指せると思うのですが、大局観が間違っているでしょうか。
37手目が拙かったですね。
やはり▲3三歩でしたか。
△同桂には▲4四角、△同金か△同角なら、そこで▲4一飛。
その順を読んでいたのですが、歩切れになることを気にして、単に飛車を降ろしてしまいました。
△3一金と引かれてミスに気付きましたが、もう後の祭りです。


5
9
二回戦は『紫龍会』チームさん。
立教大学将棋部OBのチームだそうです。







やはり勝てません。
(>_<)
44手目は先に△6四歩と打たなければいけませんよね。
2二もしくは4四から角を打つかどうかは考えたのですが、どちらにしろ飛車を走る事をメインに考えていました。
飛車を走った後、▲6四歩と打たれて失敗したと思いました。
飛車成を受けて▲8八歩と打たせてから△6四歩を打つつもりでした。
48手目は△6二歩と受けるか△7九角と攻め合えば、まだ綾があったかもしれません。
美濃の振り飛車と捌き合っては、居飛車は堅さ負けしますよね。

10
16
三回戦は『NEC第2』チームさん。








やりました!
ついに3部で勝利!
なんとチームは4勝3敗。
わたしが3部でチームの勝利に貢献しました。
3部では足を引っ張るだけだと思っていたので、この勝利はとても嬉しかったですね。

居飛車が持久戦か急戦かわからないのに、一目散に玉を囲い、15手目で穴熊を明示するのは得策ではないですよね。
普通の形なら△5三銀左と進めるのですが、一手早く仕掛けるために右銀を上がりました。
28手目は△7七角成・△4四歩・△5五歩の三択で迷いましたが、振り飛車の囲いが中途半端なので、△5六歩の垂らしに期待して本譜の順を選びました。
36手目の局面は居飛車良しだと思っていました。
次の△5七歩成は許せないでしょう。
▲4八金なら△7五角、▲5八金左なら△7九角の予定でした。
本譜▲6七飛には△7六角で、飛車が逃げれば△4九角成と金を只でいただきます。
仕方ない▲3九金にはあっさり角と飛車を交換して、銀取りの先手でと金が出来ました。
44手目は△5八と▲同金△7九飛を考えましたが、と金を捨てるのはもったいないと思い、平凡に銀交換から飛車を成り込みました。
直後の▲7八銀は考えていなかったので驚きましたが、ここに銀を投入してくれるのなら不満はありません。
54手目は良くなかったですね。
手順に拠点の歩を掃って調子が良いと思いましたが、△7五同竜と取って7八の銀に狙いを着けたままの方が良かったですか。
と金を掃われて失敗したと思いましたが、すでに形勢に差が付いていたので、逆転されるまでには至らずに助かりました。
82手目は△8二同龍▲同玉△6八竜で勝ちだと思ったのですが、ふるえてしまい(苦笑)、竜を切る勇気がありませんでした。
84手目、自玉に詰みは無く、先手玉は受けが利かないので勝ちを意識しました。

76
チームに貢献できたので、この日の打ち上げのビールは格別おいしかった~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

RAY

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。