指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中村真梨花女流二段戦

7月22日は月に一度のジョナ研でした。
先月、先々月とスーパーサロンからジョナ研という流れでした。
この日もジョナ研前にスーパーサロンで指導対局を受けることにしました。
この流れは定跡手順となりつつあります。

千駄ヶ谷へ行くには秋葉原駅で地下鉄からJRに乗り換えるのですが、ここで道場へ電話を入れて予約をしました。

道場で受付を済ませて席へ付きます。
10時からの指導対局が二局指されていました。

148
先月に続いて金曜日のレギュラー講師の中村真梨花女流二段が担当です。

164
10時半からはわたしと5才の女の子が入って四面での指導になりました。

178
女の子は8枚落ちの手合いでした。
角金交換で飛車を成り込んで下手勝勢の局面です。
しかしここで3二の龍を▲5二龍と指したので、手を戻して他にもっと良い手があると教えて考えさせていました。
上手は7二金・8二玉の形。
下手の持ち駒は金と歩。
中村真梨花女流二段が少しヒントを出して▲9二歩と指せました。
後は▲9一歩成から▲8一金と詰ませることが出来ました。

174
中村真梨花女流二段との二局目の指導対局です。
ジョナ研でこの将棋を並べて見てもらいましたが、チグハグな指し手をみんなに指摘されてケチョンケチョンにされてしまいました(苦笑)。
初段の将棋なんですから、もう少し暖かく見守ってくれても良いのに…(笑)。

それでは見てください。





ジョナ研での検討では98手目に▲6二成銀と取っても勝ちだという事になりましたが、実戦では勝つ自信はありません。
植山先生は「▲4九金なんてカッコ良い手を指しちゃいけませんよ。RAYさんらしくないでしょう(笑)。」と言っていました。
79手目の△3八角成はプロ的には筋が良く無く、一目△6七角成と金を取る手を考えるそうで、ここは中村真梨花女流二段が緩めてくれたのだろうという結論になりました。
とはいえ、とりあえず1勝1敗になりました。
来月も決着を付けにスーパーサロンへ行くことになるのかなぁ。

中村真梨花女流二段、ありがとうございました。
またよろしくおねがいします。

スポンサーサイト

社団戦 一日目 四回戦

節電のために進行を早めているので、ゆっくり休憩する暇がありません。
外でタバコを一本吸って会場に戻り、すぐに四回戦の対局です。
メンバーが揃っていれば、交代で一人一日三局なのですが、ギリギリの人数なのでわたしは抜けられませんでした。
まぁ、四局指すのはやぶさかではありませんが、写真を撮って回る時間が取れないのが残念です。

79
80
四回戦の相手は『たけぞう』チームさん。
ビブスのマークは武蔵高校の校章なので、武蔵高校の現役将棋部員か将棋部OBのチームなのでしょう。
良い将棋二局を落として悪い将棋は時間切れで拾うという、なんともスッキリしない将棋が続いています。
一局くらいは気持ち良く勝ちたいものですが、はたしてどうなりますか。

それでは四回戦を見てください。





63手目、▲2一飛成の局面は先手優勢だと思いますが、そこからの指し手はどうだったでしょうか。
差が付いていたので勝てましたが、最善だったのかどうか…。
もっと良い寄せの手順があったのならご指摘いただけるとありがたいです。

チームは4勝3敗で勝ち!
初めてチームの勝利に貢献できました。

一日目は2勝2敗でした。
チームも2勝2敗。
昇級は厳しいかもしれませんが、残留の為にはまずまずの滑り出しでした。

終局後、振り返るとペコ先生が応援に来てくれていました。
ご挨拶はしたのですが、写真を撮る余裕はありませんでした。
四局指すと写真を撮る時間がありませんね。
会場で撮った写真は以上です。

この後、月組・星組合同で打ち上げに向いました。
わたしが参加していた時は打ち上げは最終日だけだったので、今年から変わったのでしょうか。
主将会議の時に、監督のよっしーさんがお店の下見を済ませていたようです。

浜松町駅近くの居酒屋へ。
参加者は総勢13名。
わたしは全員と面識があったのですが、初めて顔を合わせる方もいたので、乾杯の後全員が自己紹介。
「序盤は四段、中盤は初段、終盤が4級で、トータルすると棋力は初段です。」と自己紹介しました。
終盤のコツが掴めたら、一日目は全勝していたかもしれませんね。

打ち上げは一公さんとWパパの反省会&その他のメンバーの祝勝会という感じでした(笑)。

82
自己紹介と反省が終わると早速布盤が出されて一局始まりました。

94
104
みんな将棋が好きですね。
感想戦が始まると周りに集まってきて意見が飛び交います。

わたしも布盤を出してWパパ・けんたさん・一公さんの四段メンバーに、この日の将棋を並べて見てもらいました。

88
初めは「一日将棋を指してきたんだから、なにも打ち上げでまで指さなくてもいいじゃない。」と言っていた一公さんでしたが、目の前に盤と駒、それに強い相手が居たのでは黙っていられないのでしょう。
結局一公さんも指し始めました。

89
LPSAの将棋大会で優勝経験のあるSA君と一公さんが指し始めると、同じく大会優勝経験者のけんたさんが近寄ってきて観戦。
サロンの強豪が集まったレベルの高い一角。

120
112
先ほどの感想戦でのご意見番同士が対局開始。
こちらもサロンの四段同士の対局で、わたしにはレベルの高い将棋で勉強になります。

134
ついに三面目が出されてG君とWさんの将棋が始まりました。

138
将棋を肴に飲むお酒はおいしいですねぇ。

打ち上げがこんなに楽しくては、次回が待ち遠しいです。


社団戦 一日目 三回戦

交代メンバーがいないので三回戦も出場です。
急いで外の喫煙所へ行って一服。
戻ると、休む間もなく三回戦の開始です。

75
三回戦の相手は『沖電気工業第2』チームさん。
沖電気工業さんは3チームのうち2チームが同じリーグで戦うことになったようです。
来年は5部が2リーグになるか6部が新設される予定です。
2リーグ出来れば仲間のチームは別リーグに振り分けられるのですが、もし来年が6部新設となり2チーム共降級してしまうと、沖電気工業さんはまた来年も同リーグで戦うことになってしまいますね。
沖電気工業さんとしては何としても昇級したいところでしょう。

76
それでは三回戦を見てください。





何度も勝ちを逃してしまった感じです。
125手目の局面で△8八金から詰んでいそうなのですがどうなのでしょうか。
詰ましに行っていれば▲7八玉は指しずらい手なので、頓死もあったかもしれません。
優勢な将棋をなかなか勝ちきれません。

チームはなんと0勝7敗。
残念。
『沖電気工業第2』チームさん、ありがとうございました。

しかしがっかりしている時間も無く、すぐに四回戦が待っています。

社団戦 一日目 二回戦

金曜サロンリーグでIZM二段の4五角戦法に二連敗して、先手良しの結論が出ているのに負けてはいけないと思い勉強を始めました。
一回戦のいきなりの△6七角成の変化も知っていたのに勝てず、悔しい思いをしました。
それでもチームは勝ったので一安心。
H0N主将に午後の予定をたずねると、「今日は人数がギリギリなので、RAYさんは4局全部に出てもらいます。」と言われました。
それではのんびりしていられないので、急いで昼食を取りに向かいの喫茶店へ。
ランチにコーヒーが付くのですが、時間が無くてコーヒーを飲まずに会場へ戻りました。

63
二回戦の相手は『税理士会』チームさんです。

64
二回戦も5将での出場。

69
奈津子先生から「写真を撮りましょうか。」と声を掛けていただき、対局中の写真を撮ってくれました。

それでは二回戦の将棋を見てください。





角銀交換の所では良かったのかもしれませんが、その後の攻めが良くなかったようですね。
78手目の△2二角が悪かったでしょうか。
一回戦は良い将棋を負けて二回戦では悪い将棋を拾いました。
ただ、気持ちは二連敗したような感じです。

チームは3勝4敗で負けてしまいました。
残念。

社団戦 一日目 一回戦

6月26日に第22回社会人将棋団体リーグ戦が開幕しました。

わたしは第19回の社団戦に、マンデーレッスンの生徒を中心として結成されたLPSA月組に、塾長の奈津子先生からお誘いを受けて初参加しました。
LPSAからは水曜教室のメンバーを中心としていたLPSA星組と2チーム出場。
わたしはこの年一勝も出来ませんでしたが、団体戦の楽しさを知りました。

翌年はLPSA星組のメンバーが集まらなかった為、金曜サロンのメンバーを中心とした新たな星組が誕生しました。
わたしは仕事の都合で金曜サロンに行けない時はマンデーレッスンに参加していましたが、基本は金曜サロンメンバーなので、星組メンバーとして出場しました。
この年からLPSA星組の主将に任命されたのがよっしーさんです。
前年は全敗だったので、この年は『一勝』が目標でしたが、初日に初勝利を上げることが出来ました。
しかし、大人の事情により(苦笑)、途中から出場を辞退することになってしまいました。

昨年の第21回大会もよっしー主将からお誘いを受けましたが、出場は辞退しました。

さて、今年の第22回大会ですが、今年からLPSA月組とLPSA星組2チームの運営をよっしーさんが任される事になりました。
よっしーさんが監督兼星組主将、HONさんが月組主将という態勢で社団戦に参加です。
わたしは去年に引き続き出場辞退をよっしーさんに伝えてありました。
今年に入っても中々メンバーが集まらないようで、よっしーさんは困った様子でした。
ついに5月のジョナ研の席で「このままだとメンバーが足りなくて不戦敗を出してしまうかもしれない。考え直して出てくれないか。」とよっしーさんに言われました。
チームにとっては戦わずして1勝なのですが、将棋を指しに来ている選手にとって不戦勝はつまらないですよね。
「LPSAはメンバーも揃えられないで出場するのか」などと、LPSAの評判を落とす事にもなりかねません。
LPSAファンのわたしとしては、そんなふうに思われるのは寂しいです。
大人の事情が解決した訳ではないのですが、そういう状況ならばと参加する事にしました。

当日、朝9時半頃にJR浜松町駅に着きました。
改札前には社団戦に参加するのであろう人達が大勢います。
ほぼ二年ぶりの社団戦の雰囲気を感じながら会場へ向いました。

1
3
エレベーターを降りると会場見取り図とリーグ表が張ってありました。
今年はLPSA星組が4部、LPSA月組が5部です。
4部の星組はほとんどのメンバーを四段でそろえました。
わたしは5部の月組で出場予定です。

4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
会場へ入ると、すでにLPSAのブースは準備が整っていました。
たいふー先生、奈津子先生、美夏先生、美樹先生がいたので朝のご挨拶を済ませて、よっしー監督のもとへ集合。

40
所司和晴七段の開会の挨拶。

56
続いてたいふー先生の挨拶。
あっこ先生も来場していました。

28
いよいよ始まります。
こちらは星組のメンバーです。

51
我がチームメイト、月組のメンバーです。

23
一回戦の相手は『沖電気工業第3』チームさんです。
今年の沖電気さんは3チームエントリーしているそうです。

24
わたしは5将での出場となりました。
対戦相手に「ブログに載せたいのでビブスの写真を撮らせて下さい。」とお願いして撮らせてもらったら…

25
「ブログに載せるのならこのTシャツも一緒に載せてください。」と言われたので載せます。

それでは第一日目一回戦、『沖電気工業第3』チーム5将戦を見てください。






開幕戦で酷い将棋を指してしまいました。
いつもは詰みがわからなくて、詰みがあるのに詰ましにいかずに負けていたのに、今回は詰みがわからないのに詰ましに行って詰まずに負け。

しかしチームは5勝2敗で緒戦を勝利で飾りました。
わたしの負けがチームの勝敗に影響を及ぼさなかったのでホッとしました。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。