指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第六局 中倉宏美女流二段戦

芝浦サロン最終日の前半はらぶ先生に連敗。
感想戦が終わり、「ちょっと気分転換で、次はひろみ先生に教わって来ます。」と、らぶ先生に告げ、一旦外へ出て一服。

120
ひろみ先生は三面での指導中。
空いている四つ目の席に座り、ひろみ先生にご挨拶。
銀落ちを所望すると、「銀ですか…。どっちの銀を落とそうかなぁ…。」
「以前、あっこ先生と銀落ちを指しましたが、その時は左銀でしたね。」
ひろみ先生は手合いカードを見て、あっこ先生との左銀落ちで●が付いているのを確認して、「ではわたしも左にしましょうか。」
あっこ先生は指導対局の棋譜の公開を許可していないのでアップしていませんが、わたしは芝浦サロンで、あっこ先生の左銀落ちに連敗していました。

127
ひろみ先生は銀落ち初体験のようです。
対局が始まって直ぐに奈津子先生がお茶を持って来てくれました。
盤面を覗いて、「銀落ちですか。RAYさんとKURIさんの二人は変わった手合いで指しますよねぇ。」
「えっ、そうですか?KURIさんは角桂落ちとかですからね。銀落ちならそんなに変じゃないでしょう。」
「まぁそうかもしれません。角桂に比べればね。でも銀落ちだってほとんど指す人はいませんよ。女流棋士もまず経験は無いでしょう。」

129
気分転換にと気楽に指した、ひろみ先生との左銀落ち初対局を見てください。







終盤でもたもたして負けるのがいつものパターンなのですが、珍しく連続の捨て駒でスパッと決められました。
宮坂八段の自宅教室で二枚落ちを教わり始め、駒込サロン、大野教室、スーパーサロン、芝浦サロンと、指導対局はすでに三百局を超えています。
高段者からすると疑問手と思える手もあるのかもしれませんが、級位者のわたしには本局の指し回しは完璧、百点満点の、今までで一番の完勝譜となりました。
芝浦サロン最終日に最高の将棋が指せました。
38手目の飛車切りには異論もあるかもしれませんが、高段者の中にも本譜の順を選ぶ人もいるのではないでしょうか。
感想戦でひろみ先生は「普通の四間飛車は4三には銀が来ますが、金の方が受けやすいと思って油断しました。銀だったら(32手目の)▲2四歩は△2四同歩▲2三歩に△同銀と取れるし、手抜いて▲2三歩成に△同銀でもいいので、本譜の仕掛けは無かったですね。」
銀落ちで4三金型だからこそ成立した本譜の攻めでした。

よ~し、この調子でらぶ先生にも勝つぞ~っ!


スポンサーサイト

第三局 島井咲緒里女流二段戦

スーパーサロンでの指導対局後、支部入会の申し込みをしてから大野先生と昼食を取りに外へ。
蕎麦をご馳走になり、再び連盟へ。

23
大野先生が事務局へ行き、封筒を手に戻って来ました。

25
26
中には支部ニュースと会員証。
これでわたしも川口大野教室支部の会員です。
最近大野教室には行けていませんが、支部長のWさん、よろしくです。

大野先生と連盟でお別れをして芝浦へ。

1
芝浦サロン到着。
山下先生が受付をしていました。

5
担当はペコ先生です。

28
サロンには先客が二名。
入口から三番目の席に着きました。
三面指しでの指導対局です。
途中、山下先生が局面を見て回っていました。

22
30
ここ1~2年、ショートにカットしていたペコ先生ですが、髪を伸ばし始めたようですね。

「銀落ちでお願いします。」
「どっちの銀を落としますか?」
「前回は右銀でしたが、どちらでもいいですよ。」
「う~ん…、じゃぁこっちにしよう。」
ペコ先生はそう言って、左銀を取り上げ、駒箱へ。
「左ですか…。左銀は初めてですね。」
「ちょっと考えがあるので、これでいきます。」

初めての銀落ちは美夏先生とでした。

『銀落ち 第一局』

この時に『左銀を落としての振り飛車は無いのではないか』と書いています。
果たしてペコ先生は左銀落ちで飛車を振るのか、それとも居飛車にするのか。

それではペコ先生との指導対局を見てください。







なんとか勝たせていただきました。
しかし、もう少しスマートに勝てないものかなぁ。
88手目はもっと早く寄せる手がありそうなんですが…。
88手目に▲7一角と打てば、▲7二竜からの詰めろですね。
しかし、△8二金打か△6二銀と受けられると詰めろが続きませんかね。
ここで▲8六歩と桂馬を外した手は、まぁ、仕方なかったですか。
7一に桂馬を埋められて、かなり上手玉を寄せるのが大変になったと思います。
そうすると、94手目が緩かったのでしょうか。
94手目は、飛車を渡しても詰まないので、▲7二竜△同銀に▲7一飛成か▲7一角か…。
それで決まっていればいいのですが、寄せ損なうと駒を渡すので危なくなります。
本譜の順が妥当なところなのでしょうか。

ペコ先生、ありがとうございました。
またよろしくおねがいします。


さて、いよいよ駒込ジョナサンの閉店が迫って来ました。
折角サロンへ行ったのだから、もう一局指したいところですが、ジョナサンは9時までなので、指導対局は一局のみで、サロンを後にしました。

35
6時半近く、駒込ジョナサンに到着。
ラストジョナ研は4名参加予定。
いつもの奥の席を確保して、先に食事をしながらメンバーの到着を待ちます。

一公さんは去年の9月いっぱいでブログを休止しています。
一公さんだったら、駒込ジョナサンの閉店を知ってからラストジョナ研までをどのように表現するのか、読んでみたかったなぁ。

間も無く、kkさんとFujさんが到着。
kkさんもラストジョナ研の事を書いています。
まずは食事をしながら四方山話。
食事が済み、早速布盤を広げました。
わたしがこの日指した春香先生とペコ先生の将棋を並べて見てもらいました。

46
41
42
続いてkkさんとFujさんで実戦。

43
いつものジョナ研なら多少時間を使って考えながら指しても余裕があるのですが、最終日で9時閉店なので、持ち時間10分、秒読み30秒で、スマホのチェスクロックアプリを使っての対局となりました。
これが駒込ジョナサンで指された最後の将棋となりました。

参加予定だった俊さんは、残業になり欠席。

最後のジョナ研を終え、3人で閉店を見届けました。

今まで、楽しい時間を過ごさせていただいたジョナサン駒込店さんに心よりお礼申し上げます。
ありがとうございました。






第一局 大庭美夏1級戦

6月7日の当初予定は…
1)スーパーサロンでまりか先生に飛車落ちで勝ち、決着を着けてまりか先生との飛車落ちを卒業する。
2)気分良く芝浦に乗り込み、たいふー先生と飛車落ち卒業対局に勝ち、飛車落ち卒業扇子にサインを貰う。
3)ひろみ先生と銀落ち初体験を楽しむ。
4)意気揚々と駒込に乗り込み、ジョナ研で勝った将棋を並べて自慢する。
と、なるはずでした。
ところが将棋の神様が意地悪をして、まりか先生は予約が取れず、たいふー先生は急遽打ち合わせが入ってしまい担当変更。
そこで予定変更して、まずは久しぶりの指導対局の肩慣らしに、ひろみ先生に飛車落ちで勝ってから、おかわり対局で銀落ち初体験しようと思いました。
それがどうしたことか必勝の将棋を落としてしまうとは…。
まぁ、いくら六面指しだからといっても、アマチュア1級の分際で女流棋士に飛車落ちで勝とうなんて、十年早いと言われそうですね。

勝つ気満々でいたのに負けてしまい、傷心を慰めようと一服しに外へ。
サロンへ戻って窓際で黄昏ていると美夏先生が「もう一局どうですか?」と、声を掛けてくれました。
「いやぁ、本当は今日、銀落ちを指してみたいと思っていたんですよ。一局目で飛車落ちに勝って、おかわりで銀落ちを教わろうとしていたんですけど、今負けちゃったので、まさか次に銀落ちをお願いするのは図々しくて出来ませんから…。そうだ、美夏先生が銀落ちを指してくれるのなら、もう一局指していきますけど、どうですか?」
美夏先生は快諾してくださり、予定していた銀落ち初体験が実現しました。

48
51
56
ひろみ先生を角桂落ちという変則手合いで苛めたクリハラさんを誘って、美夏先生と二面指しでの指導対局となりました。

駒を並べ終えると、「どっちの銀を落としますか?」と、美夏先生。
「どちらでも好きな方をどうぞ。」と、わたし。
上手の作戦は大きく分けて四つ。
右銀を落としての居飛車と振り飛車。
左銀を落としての居飛車と振り飛車。
振り飛車にとって左銀は、攻めだけではなく居飛車の攻めを受けるためにも大事な駒です。
なので、左銀を落としての振り飛車は無いのではないかと思っていました。
その他の三つは可能性があるでしょう。
わたしの予想一番手は右銀落ち振り飛車。
次は右銀落ち相矢倉。
可能性は低いと思うけれども、左銀を落として、金二枚で矢倉もどきに組んで攻め味を見せる相居飛車。
どれにしても、打ち込みの隙が出来やすいので、横歩取りや角換わりは避けてくるでしょう。
「どうしましょう…。」と、数秒悩んで、美夏先生は右銀を取り上げて駒箱に仕舞いました。

61
62
飛車を振る美夏先生。

それでは二面指しでの美夏先生との右銀落ちの将棋を見てください。







攻め急いだ美夏先生に対して、棋風に反し我慢して受け、上手の攻めを切らせて勝つという、わたしらしからぬ将棋でした。
指導する予定ではなかったのに、慣れない銀落ちという手合いにもかかわらず、お相手をして頂きありがとうございました。
またよろしくおねがいします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

RAY

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。