指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中村真梨花女流二段戦

2月26日にジョナサン駒込店が閉店してしまいました。
当然ジョナ研も終了する事になります。
寂しいなぁ…。
しかし、将棋バカばかりのジョナ研メンバー。
他のジョナサンでジョナ研が出来ないかと言い始めました。
第一弾は3月14日に巣鴨のジョナサンで行われました。
わたしは仕事の都合で、残念ながら欠席。
この日の模様はkkさんと一公さんがブログに書いています。
『ジョナ研リターンズ』
『ジョナサン代替候補・1』
『ジョナサン代替候補・2』
新ジョナ研第二弾は3月28日に行われる事になりました。
今度はジョナサン王子店での開催です。
わたしははしご定跡で参加です。

54
10時20分過ぎに連盟道場に入りました。
担当は金曜日レギュラー講師のまりか先生です。
この日は年度末で皆さん忙しいのか、10時からの指導対局は一局のみでした。
女流棋士を30分独り占め出来たなんて、羨ましいですね。
でも、多面指しのハンデが無いので、手合いとしては大駒一枚違ってくるのではないでしょうか。
10時半からは4人が参加。

27
31
73
「おはようございます。」
「おはようございます。ブログは続けているんですか?」
「はい。」
「前回は男の子との写真を紹介されていましたね。では今日の事も書くんですか?」
「はい。書く予定です。」
「楽しみにしていますね。」
朝のご挨拶をすると、まりか先生の方からブログの事を話題にしてくれました。
次はクリスマストーナメントの将棋を見て貰うつもりだったのですが、年度替わりで忙しく、なかなかブログを書く時間が取れませんでした。
あまりまりか先生を待たせては申し訳ないので、まりか先生との指導対局を先にアップすることにしました。

7
16
それではまりか先生との指導対局対局を見てください。







勝たせていただきました。
が、73手目の△4七角が変ですよね。
アマ四段三人が三人共△4五桂を指摘しているのですからね。
これまでのまりか先生との対戦成績は、わたしから見て●○●○●の二勝三敗でした。
順番通りなら次はわたしの勝ちです。
△4五桂と跳ねたら、下手が勝つのは容易ではないでしょう。
桂馬を取って、飛車取りにも飛車を逃げずに桂馬を打てたら勝たせてあげようと緩めてくれたのでしょう。
そう考えると、まりか先生は緩めて勝ち負けを交互に繰り返しているのでしょう。
これで五分に戻りました。
次は普通に指して、まりか先生が勝ったらその次はまた緩めて指すのでしょう。
もし次にわたしが勝ったら、その次は少し本気を出して勝ちに来るのでしょう。
わたしの棋力では、いくら多面指しといえども、まりか先生に本気を出されたら勝てないのは分かっています。
でも、緩められて勝つよりも、本気を出させて負ける方が、アマチュア級位者としては指していて楽しいですね。
わたしの当分の目標は、まりか先生に連勝して、本気を出させることですね。

まりか先生、ありがとうございました。
またよろしくおねがいします。


スポンサーサイト

第八局 中村真梨花二段戦 (後半)

多面指しでの指導対局。
わたしは、先生が自分の前に居ない時に指し手が決まると、先に棋譜ノートに指し手を記入して、先生が自分の盤前に来るのを待ち、先生が見ている時に指します。
こうすると、先生は下手が指した事、その指した手、が分かるからです。
先生が盤前に居ない時に下手が指して待っていると、先生は盤面を見て、指したのか、指したとするとどの手を指したのか、を考える事になります。
プロならパッと盤面を見れば、確認作業はほんの2~3秒の事でしょうが、下手の50手×7面×2秒=700秒。
定跡形の序盤には確認に1秒も掛からないのでしょうから、10分は無いにしても、数分は時間の節約になるのではないでしょうか。

まりか先生が27手目、△7二玉と指した局面。
わたしはこの手では△5二金を予想していました。
△7二玉では隙が出来るからです。
この隙は本当の隙なのか、それともまりか先生の誘いの隙なのか…。
誘いに乗って罠に嵌る恐怖と戦いました。
暫し熟考の末、意を決して踏み込む事にします!

73
棋譜ノートに『9六歩』と書き込んで、まりか先生が回って来るのを待ちました。







前局に負けて、まりか先生は角を捌かせないように、早めに金銀で3・4筋の位を取る作戦を考えてきたそうです。
27手目の△7二玉も、29手目の△9四歩も、右辺しか気にしていなかったために、▲9七角と左辺に使う事は全く考えていなかったそうです。
まりか先生用意の作戦を、見事端角で咎めたのですが、またしてもお粗末な終盤で負けにしてしまいました。
35手目の局面。
▲9七同桂△9六歩▲9八歩△9七歩成▲同歩で下手良しを、最初に感想戦で指摘されました。
9筋で桂損する事しか考えていなかったので、感想戦で先に桂馬を取っているので駒の損得無しと言われてびっくりしました。
42手目は変化手順を読んでいたのに、大駒に目がくらんで角を取ってしまったのが悔やまれます。
48手目は中盤の手ですよね。
もう、どちらが早く寄せられるかの終盤の局面になっていた事に気付けず、攻めが遅くなってしまいました。
感想戦では58手目の▲5三角が良い手で、銀を取った後の62手目に▲5八銀と打って、△7七とからバラされても▲5九玉から角を取って右辺へ逃げれば下手が勝っていたと言われました。
最後は8五の桂が居なくなっている事に気付かずに勝ちだと勘違いしていたという、なんとも間抜けな将棋にしてしまいました。
まぁ、わたしらしいといえばわたしらしいのですが…(苦笑)。

これで8連敗となってしまいました。
この8連敗中にも、ところどころに好手が出るのですが、中々勝ちに結び付きませんねぇ。

まりか先生、ありがとうございました。
またよろしくおねがいします。

第八局 中村真梨花二段戦

8月23日は8月9日に続き、8月二度目のジョナ研がありました。
9日のジョナ研の参加者は3人のみ。
この日のジョナ研の様子はこちら
参加出来なかったメンバーからのリクエストがあったからなのか、23日にもジョナ研が開催されたのでした。
連盟道場に電話を入れ、スーパーサロンの予約を取りました。
担当は金曜日レギュラーのまりか先生に変更はありませんでした。
秘密の掲示板に『千駄ヶ谷定跡で出席です。』と、参加表明。

ここのところ、飛車落ち指導対局は負け続けています。
調べてみると、最後に飛車落ちで勝ったのは、去年の春に行われた『中々良い将棋研究会』、略して『なかい研合宿』での指導対局でした。
2012年5月18日の事で、1年3か月以上勝てていない事になります。
この日の勝利は中井先生植山先生からのものでした。
この2連勝のあと、勝ち方を忘れてしまいます(苦笑)。
連敗の始まりは大野先生から。
合宿の後は仕事の都合で、暫く指導対局は受けられませんでした。
久しぶりの指導対局は、ひろみ先生に負けて2連敗。
続いて春香先生に負け、3連敗。
さらにらぶ先生に3連敗して、6連敗。
最後に紫野先生に負けて、トータル7連敗中です。
まぁ、大野先生は別格としても、女流棋士に飛車落ち6連敗は情けない成績です。
前回のまりか先生との指導対局には勝って、2勝2敗の五分にした事だし、勝ち越す為にも、連敗を止めるためにも、今回は勝ちたい所です。

スーパーサロンの予約は10時半開始の回です。
10時を少し回った頃に連盟に到着。
受付を済ませて道場内を見ると、まりか先生の姿がありません。
受付係に問うと、今日のスーパーサロンは研修室で行われているとの事。

2
1
道場を出てみるとスーパーサロンの案内が、黒板に書かれていました。

26
研修室へ入ると、男性二名、女性一名、少年一名の四面指しでの指導中でした。
まりか先生にご挨拶。
「おはようございます。」
「おはようございます。お久しぶりですね。」
「そうですね。まりか先生とは一年ぶりです。でも先々週、まりか先生に会いに来たんですよ。でも担当が熊倉先生に変更になっていて、まりか先生に会えなかったんですよ。」
「あっ、そうだったんですか。わざわざ来ていただいたのにすみませんでした。熊倉さんとは指したんですか?」
「はい。」
「どうでしたか?」
「はい、苛められました。」

60
9
22
「今日もブログの写真を撮るのならどうぞ。」と、まりか先生の方から言っていただきました。
わたしの指導対局が始まる10時半まで、写真を撮りながら指導対局の局面を見て回りました。

33
少年の指している盤面を覗くと、玉・竜・馬がそれぞれ1枚ずつしかありませんでした。

0
多分、これが初形だったのでしょう。
初手△6二玉に、王手を我慢して玉を上部に逃がさない、2手目▲2三飛成が指せたら、もうこの手合いは卒業でしょう。
△6二玉▲2三飛成に△7二玉だったら、わたしなら馬を作らずに▲5五角と指します。
わたしが最初に見た時には、上手玉は8三に居て、馬は5三、竜は2三に居たので、少年は最善手を指す事は出来なかったのでしょうが、最後はしっかりと上手玉を詰ましました。

62
10時半からはわたしの他に男性と少年が加わり、7面での指導開始です。

55
56
57
まりか先生が3手目△4四歩をビシリ!

それではまりか先生との五局目の指導対局を見てください。







ジョナ研でこの将棋を並べて、みんなに見てもらいました。
ここから3手で下手が優勢になるそうです。
気の早い一公さんなどは、この3手後の局面を見て「これは上手困ってるねぇ。下手勝勢でしょう。」と、言っていました。
わたしは勝勢や優勢などとは思ってはいませんでしたが、『これならまぁ、下手も指せるだろう』くらいに感じていました。
ジョナ研メンバーの四段陣が下手良しとの形勢判断をした局面とは、さて、どんな局面でしょう。
ちなみに、わたしの28手目に対するまりか先生の応手は、わたしの予想していた手ではありませんでした。
なので、実戦では3手後の局面はまりか先生の読み筋なのだろうからと、あまり楽観は出来ませんでした。




第五局 中村真梨花女流二段戦

48
3月23日午前10時過ぎ、JR千駄ヶ谷駅に降り立ちました。
目指すは将棋会館道場。
目的はスーパーサロンでの指導対局。
3月9日の指導対局で悔しい負けを喫し、リベンジに燃えています。

1
5
10
道場へ入り受付を済ませました。
スーパーサロンのスペースではまりか先生が10時からの指導対局を五面指しで指していました。
時間になりわたしは空いている席へ。
朝の挨拶をして駒を並べます。
「この前の将棋はどうでしたか?」
「もうブログで紹介はしたのですが、その後の研究会で、まりか先生の端攻めに▲9七香と取らずに▲9七桂と取っていれば下手の勝ちだったようで、ちょっと悔しかったですねぇ。なので今日はリベンジに来ました。」
「えぇ、見ましたよ。前編と後編に分けられていましたね。」
ブログを見たというのは、もしかしたら社交辞令なのかもと思っていましたが、前編後編に分けた事を知っているという事は、本当に見ていただけたのですね。
「前回勝ったからといって緩めないでくださいね。」とお願いしました。

23-2
39
わたしと同時にもう一人指導対局に入って、七面指しで始まりましたが、すぐに二局終わって、中盤まで五面指しでした。
その後一局、一局と終わり、終盤までは三面指しです。

リベンジなるか。
それでは見てください。







最後は時間が無くなってしまったので、まりか先生は粘らずに投了してくれました。
投了図からは▲8二金でも▲8三角でも詰みですが、△8二金と受けられると焦ったかもしれません。
まぁ、▲3一龍と駒を渡さずに詰めろを掛けられれば勝ちでしょうが…。
時間が残っていたら、△6八馬▲4九玉△5八銀成▲3八玉に、詰ませてくださいと△2六金と詰めろを掛けて、詰ますことが出来るかどうかを見て、▲8三角△7一玉▲7二金で投了という感じだったのではないでしょうか。
もしくは△6八馬▲4九玉△5八銀成▲3八玉に△8二金▲3一龍△6一金打と粘るかもしれませんね。
その前に、83手目では△5五桂と指していたかもしれません。

61手目の局面、多少紛れてきたのかもしれませんが、まだ下手が勝っていると思います。
わたしは▲2四歩でしたが、強い人はここでどう指すのか、アドバイスを頂きたいところです。
81手目の局面、上手玉に詰みは無かったのでしょうか。
まりか先生が「ソフトに調べさせないと詰むかどうかわかりませんね。もしわかったら教えてください。」と言っていました。
わたしは将棋ソフトを持っていないので、お時間のある方で、誰か詰みを調べて頂けたらコメントをください。

これでまりか先生には角交換型で2勝、△3五歩の角交換拒否型で2敗となりました。
「角交換出来ると下手は指しやすいですね。」
「そうですね。やはり△3五歩型が飛車落ち卒業の壁ですかね。」
今度は角交換拒否型に勝って、勝ち越しを目指したいと思います。

まりか先生、ありがとうございました。
またよろしくおねがいします。

第四局 中村真梨花女流二段戦 後編

11
16
25
四面指しで始まったわたしの指導対局ですが、途中から七面指しになりました。

36
21
それでは続きを見てください。

その前に…
前編へのコメント、ありがとうございます。
このエントリも前編と一緒に12日に書き終わっていたので、本日追記してアップします。
棋譜コメントと重複するところもありますが、前編で頂いたコメントへのレスを兼ねて再掲させていただきます。


myg371さん
上手が無理をしている35歩を目標にするのがいいと思いましたが・・・。
ここでは55歩と角道を遮断しておくぐらいで十分だと思います。
 
まりか先生も感想戦で▲5五歩と止められても上手が苦しいと言っていました。
▲5五歩だと次に▲5六桂があるので、一旦は△7四歩と角の逃げ道を開けると言っていました。
ただ、▲5五歩だと△3七歩成▲同銀に△3六歩と叩かれて、▲同銀は再度△3五歩と叩かれ、▲2七銀と引かされると▲3五歩も消され飛車も走れなくなってしまいます。
なので△3六歩には▲4八銀ですよね。
そこで△5四歩と突き返されて、▲3五歩△5六歩に、▲1八飛でも▲2九飛でも△3七歩成、▲3八飛は△3五銀と手を戻されて△1九角成から△3七香を狙われます。
この局面でかなり長考して、上記の変化を読んで▲5五歩は駄目だと判断しました。


さわやか風太郎さん
7七角がおかしい。どうして2二角ではないのか。
さすれば5五歩はそんなに悔しくない。
今は5五角とぶつけるよりなさそう。

▲7七角には3三か4四に角を合わせる一手だと思っていました。
▲同角△同金としてから▲2二角と打つつもりでした。
本譜のように▲7七角に手抜いて△6四角があるのなら、風太郎さんのご指摘通り、初めから▲2二角と打った方が良かったですね。
それでも同じように進んで、▲5五歩△3七歩成▲同銀△3六歩▲4八銀△5四歩で自信がありません。
▲5五角もこの長考の時に考えました。
▲5五角△同角▲同歩△3七歩成▲同銀に△3六歩…。
△3六歩に▲同銀は△3五歩でも△3七角から△5五角成でも自信なし。
かといって△3六歩▲4七銀も△2四歩(▲同飛は△3五角の王手飛車)から△3五銀で飛車を押さえ込まれそうです。
まりか先生はこの局面、上手が苦しいと言っていましたが、わたしはわたしで下手劣勢だと思っていました。
実際の形勢はどうなのでしょうか。
もし下手が悪いのならば、早く▲4六銀と上がった構想が良くなかったという事でしょうか。


不利飛車迷人さん
どんな手を指すかと言われても・・・・・
一目目につくのは▲5五桂ですかね。
以下▽3七歩成▲同銀としておいて▲3五歩を楽しみにするぐらいしか私には見えてこないけれど・・・・

不利飛車迷人さんは▲5五桂ですか。
はい。わたしが実戦で指したのも▲5五桂でした。
読み筋は▲5五桂に△3七歩成▲同銀△3六歩▲同銀△3五歩▲同銀△同銀▲2三飛成と勝負。
一瞬銀損ですが4三の金取り。
△4二金は▲4三桂成。
△4四金は▲6三桂成△同銀▲4四角。
△5四金には▲3二龍から▲7五桂などの攻めを考えていました。


それでは続きを見てください。







わたしが終盤、ほとんど時間を使わずノータイムで指したので、投了すると「時間が無くなってしまってすみません。」とまりか先生。
33手目の△2五桂の局面から考えさせられる手が続いたので、わたしが時間を使い過ぎてしまいました。
さらに39手目の局面での長考で、▲5五桂と打った時には11時をとっくに過ぎていました。
しかしスーパーサロンでは感想戦に5分の時間をもらえるので、他の指導対局に気を使う事無く感想戦を行なえます。
「いきなり桂馬を跳ねて来られて、一気に負かされてしまうのかと思いました。」
「いや、うまく指されて、不利を覚悟で仕方なく攻めたんですよ。」
ということで、▲7七角と上がった28手目の局面に戻して感想戦が始まりました。
パタパタと進めて39手目の局面。
「第一感は▲5五歩だったのですが…。」
「▲5五歩でも上手苦しいですね。▲1一角成△3七歩成▲同銀△同角成に▲2九飛と引いておいて、▲3五歩や▲4四香を楽しみにしても下手優勢でしょう。▲5五桂はそれ以上にいい手でしたね。」
「△5四歩は二枚換えになるので指さないと思ってました。」
「もうここは下手優勢なので、他に指しようがありませんでした。」
そこからまたパタパタと進めて50手目の局面。
「本当は△3七に成らないといけないんですが、それは足りないので香を取りました。」
「▲1一角成は感触が良くなかったんですけど…。第一感は▲4三成桂でした。」
「そうですね。▲4三成桂から▲4四角で下手勝勢ですね。」
59手目の局面で「こっちから▲9二香と捨てて▲9一銀を狙っていたくらいだったので、先生の方から△9五歩と来るとは思っていませんでした。」
「そうでしたね。壁だったので端から攻めましたが、うまく反撃されてしまいました。」
65手目の局面。
「金寄りしか考えていなかったのですが、歩を突いて逃げ道を開けられて困りました。」
「そうですねぇ…。でも香を取り込んで、まだ下手が勝っているでしょう。」
「▲5四馬から▲5五馬も考えたのですが、馬筋が逸れると自陣の利きが無くなって危ないのでどうかなと…。」
「やはり馬は自陣に利かせておきたいですね。香を取って良いでしょう。」
感想戦も終了の時間になって、検討はここまででした。

51
感想戦の最後に一枚パチリ。

40
53
今回も棋譜ノートにサインを頂きました。

まりか先生、ありがとうございました。
負け越したままでは悔しいので、また挑戦したいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。