指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマチュア三段の力とは?

今回はアマチュア三段との将棋を二局見てください。

わたしにとってのアマ三段というと、社団戦のチームメイトのよっしーさんとHonさんです。
どちらとも本気で指したら、10局指しても一つも勝てずに10敗するでしょう。
100局指せば一番くらいは入るかもしれません。
わたしにとって三段というと、全然勝負にならないくらい、とても強い印象を持っています。

当然三段相手に勝てるなどとは思わず、二局とも教わるつもりで対局しました。

まずは某月某日、とある将棋会での某三段との将棋です。
対局前にブログの事は話してあったのですが、感想戦の途中で「ひどい将棋を指してしまったので見られたくないなぁ…。」と、ボソッとぼやいていました。
対局者が分かってしまうと、本人からクレームが入るかもしれません。
なので対局者は匿名にします。

それでは見てください。







四間飛車の△3二銀型には、わたしは▲3八飛と回る事が多いです。
飛車を回る前の△4五歩からの進行は、居飛車が悪くないと思います。
34手目の△1四歩が緩手で、▲3五歩からの仕掛けで居飛車が良くなったでしょう。
40手目の△3二飛から△4三銀の構想は良くないですよね。
48手目の局面は居飛車が良いと思うのですが、どうでしょうか。
ジョナ研メンバーに見てもらったら「三段あるようには見えないなぁ。」「初段がいいところなんじゃない。」などの感想でした。
わたしもこの序中盤の指し方を見ると『本当に三段なの?』と感じてしまいます。
終盤が弱いわたしが相手だから勝てましたが、48手目の局面から居飛車側を初段が持って指し継いだら、多分先手が勝ち切るのではないでしょうか。
結果的に1級に勝ったのですから、有段者ではあるのでしょうが、よっしーさんやHonさんと同じ棋力だとは感じられませんでした。

それではもう一局見てください。
この将棋はスーパーサロンで指導対局を指した後、連盟道場で指した将棋です。
香落ちで手合いが付いたのですが、お願いして平手で教わる事にしました。
連盟道場では珍しいのですが、相手が対局時計を持ってきました。
わたしに長考されるのを嫌ったのでしょうか。
わたしとしても時計を使った方が気兼ね無く考えられるので歓迎です。







なんと、三段に勝ってしまいました。
22手目の△2四歩が疑問手でしたよね。
▲2四同歩△同飛▲同飛△同角に▲2三飛が銀にも当たる事をうっかりしたのでしょうか。
堂々と▲2四同歩と取られてから2分も長考して銀を引くのは、どう考えても誤算があったとしか思えません。
▲4四歩と取り込んで2歩得では先手が良いですよね。
相手は格下だからと油断したのかもしれませんが、この将棋もジョナ研では三段は無いとの意見でした。

三段といっても二段に近い三段から四段間近の三段まで、棋力に幅はあるでしょうが、この二人の三段の棋力はちょっと疑問符が付きます。
大野教室では二段でも厳しいかもしれませんね。
三段には手合いが違うと思わせるくらい強く在ってほしいと思います。

スポンサーサイト

連盟道場対局 #2

スーパーサロンで紫野先生に負けました。
時刻は12時になろうとしています。
ジョナ研は夕方からなので、連盟道場で何局か指してから駒込へ向かう事にします。
一度会館を出て軽く昼食を取り、再び会館道場へ入りました。
手合いカードを受付に出すと、直ぐに手合いが付きました。
手合い係から「K1級の先手でお願いします。」と、言われました。
わたしの棋力は大野教室では1級ですが、連盟道場では初段で指しています。
これは、全然勝てなくてもいいから少し強い人と指して勉強したいと考え、初めて連盟道場に行った時に初段で棋力を申告したためです。
その後、連盟道場では何局か指しましたが、連盟道場の棋力認定は少し甘いようで、連盟道場の初段には負けていません。
大野教室の棋力認定は他の道場より厳しいので、他の道場の同じ1級との対戦に負けるわけにはいきません。

それでは連盟道場1級対大野教室1級の勝負を見てください。






勝つ事は出来ましたが、この将棋はもっと大差で勝たないといけませんでした。
途中の悪手で、一つ間違うと逆転されるのではという局面にしてしまったのは反省です。
悪手の第一弾は58手目の△7三桂でした。
ここは△3九銀から寄せに入るか、△7八竜から△4七馬と指さなければいけませんでした。
悪手の第2弾が62手目の△3三桂です。
ここは△4七馬でした。
2手の桂跳ねが、遊び駒を活用するようで良さげに思えたのですが、相手の攻めを呼び込むお手伝いの手になり、反省の多い一局となりました。
わたしが強いのではなく、相手が弱かったから勝てた対局でした。

まだ2時頃なので、もう二~三局指していくつもりだったのですが、寝不足で疲れているようで、将棋を指す気力が湧いてきません。
早いのですが会館を後にして駒込へ向かいました。
駒込ジョナサンに3時頃到着。
ドリンクバーを頼んで、1時間ほど詰将棋を考えました。
4時過ぎ、ちょっと早めですが食事を頼み、のんびり夕食を楽しみました。
食事を終えて一服していると一公さんがみえました。
ジョナ研の始まりです。
ジョナ研の様子は一公さんが記しています。
夜遅くまでおしゃべりを楽しみましたが、こんな将棋を指しているようでは当然褒めてはもらえません。
もう少し強くなって、ジョナ研で褒めてもらえる将棋を指せるようになりたいと思います。



連盟道場三段に挑む

『棋譜をお持ちでない方は、入場をお断りする場合がございます(笑)』
今回のジョナ研はよっしーさんの提案で棋譜を持ち寄ることになりました。
スーパーサロンの指導対局の後、夕方からのジョナ研へ持っていく棋譜の為と社団戦の練習に、香落ちで付いた手合いの三段の相手の方に平手で教わりたい旨を伝え、平手で指していただきました。

それでは連盟道場三段のNさんとの将棋です。




三段に勝って意気揚々と駒込へ向いました。
駒込ジョナサンへ一番乗り。
程なくメンバーが集まってきました。
当日のジョナ研の模様はこちらこちらをどうぞ。
よっしーさんはジョナサンに来るなり「名局以外立ち入り禁止です。」とまで言ってハードルを上げます。
自分で言うくらいなのだから、よっしーさんは相当自信のある将棋を見せてくれるのでしょう。

食事を終えこの将棋を並べて見てもらいました。

わたしは49手目と79手目を褒めてもらえると思ったのですが、みんなの反応は「まぁ、そう指すよね。」という感じでした。
三段・四段にとっては当然の手なのでしょうか。
角取りを放置する手と飛車を切る手ですからねぇ。
わたしとしてはかなり思い切って指したのですが…。
三段に勝って『すごいじゃない』『強くなったね』と褒められる事を予想していたのに、ジョナ研メンバーの結論は「この相手は三段無いね。いいところ初段。まぁ1級かな。」
結局わたしが良かったのではなく、相手が弱かったという話になりました。
ご本人がいらっしゃらないので、みんな好き勝手言ってます(笑)。
しかしお世辞ではなく、忌憚の無い意見をズバリと言ってくれるからこそ勉強になりますね。

言い出しっぺの当のよっしーさんはというと、序盤の検討だけでよっしーさんの好手は見られずじまい…。
おいおい(笑)。

ジョナ研は気の会う仲間との楽しい時間です。
これからも続けていければいいなぁ。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

RAY

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。