指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第四局 大庭美樹初段戦

4月9日、金曜サロン1部の様子です。

82
サロンへ入ると、いつも通り植山先生が受付をしていました。
この日は二番目の受付でした。

88
1部担当は美樹先生です。

95
二面指しで指導対局開始。

114
順次会員がやってきて、暫くすると四面指しでの指導になりました。

93
94
美樹先生には前局、飛車落ち卒業試験に勝たせて頂いたので、この日から角落ちです。
それでは美樹先生との初の角落ち戦を見てください。







「負けました。やっぱり詰みでしたか。」
「いえ、危ないようですけど▲7八へ逃げていたら詰まなかったでしょう。」
106手目の局面に戻して感想戦が始まりました。
美樹先生は95手目に銀を打つあたりから詰み無しで負けだと思っていたそうです。
勝ちきれずに残念ですが、わたしらしいといえばわたしらしいですね(苦笑)。
▲8八玉は詰みで▲7八玉ならば詰まないと正確に読めていれば勝っていました。
角落ちではもっと一方的に負かされると覚悟していましたが、多少緩めていただいているとはいえギリギリの勝負になっていて面白かったです。

美樹先生、ありがとうございました。
またよろしくおねがいします。

スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

RAY

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。