指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第百五十四局 松尾香織初段戦

4月9日、金曜サロン2部の様子です。

106
113
134
2部担当はかおりん先生です。
美樹先生の指導対局に並行してかおりん先生の指導対局も始まりました。

139
美樹先生の指導が終わって、かおりん先生の指導を中断して大盤解説が始まります。
かおりん先生がサロンへ入ってきた時に、わたしはご挨拶のあと「先日の倉敷藤花は矢倉で勝ったそうですね。今日の大盤解説は是非その将棋を観せてください。」と言いました。
「終盤で悪くしちゃって、良い将棋じゃなかったからねぇ…。他の将棋にしましょうよ。」と、かおりん先生。

156
146
154
160
しかし、結局わたしのリクエストが通って、3月31日に指された倉敷藤花戦、対古河彩子二段戦を美樹先生の聞き手で自戦解説。
矢倉といえば植山先生の得意戦法でもあるので、植山先生の意見を聞きながらの解説でした。
マッカラン効果(笑)で見事勝利!
かおりん先生、おめでとう!
応援している先生が勝つと嬉しいですね。
これからももっともっとファンを喜ばせてくださいね。

164
176
それではかおりん先生との飛車落ちを見てください。
飛車落ち卒業を掛けてのサイン勝負です。







ヨレヨレになりながらも、なんとか勝たせて頂きました。
やはりまだまだ終盤に難在りですね。

186
191
寄せは及第点には程遠いのですが、結果は出せたので飛車落ち卒業扇子へサインをして頂きました。

193
飛車落ち卒業扇子も少しずつサインが増えてきて、半分揃いました。
年内卒業を目標にがんばります。

かおりん先生、ありがとうございました。
またよろしくおねがいします。


スポンサーサイト

第百四十九局 松尾香織初段戦

3月12日、金曜サロン2部の様子です。

125
117
2部担当はかおりん先生です。
四面での指導対局が始まりました。

123
1部担当の美樹先生の指導対局も最後の一局になっています。

137
153
163
美樹先生の指導対局が終わって、大盤解説の時間になりました。
わたしのリクエストに応えていただき、植山先生が対瀬川四段戦の自戦解説をしてくれました。
居飛車党同士なので矢倉かなと思っていました。
植山先生の先手で、▲7六歩△3四歩の出だしです。
「ここで▲2六歩だと△8四歩と突かれて横歩取りにされるでしょう。相手の得意形を避けて矢倉に誘導しようと▲6六歩と止めました。相手は逆に矢倉を避けて△3二飛と振ってきました。」
ここから数手、植山先生は態度を保留して指し進めますが、50分の長考で▲8八飛と振って、結局相振り飛車になりました。
ここからは植山先生の独壇場で、細かい変化も詳しく分かりやすく解説してくれて、30分以上しゃべり通しでした。

173
途中で美樹先生に聞き手を交代。
かおりん先生は植山先生の解説シーンをカメラに収めていました。
勝った将棋なので気持ち良く解説できたのでしょう。舌好調でした(笑)。

91
Wさんとの指導対局は楽しそうです。
「この駒はちょっと薄手で、使いやすくてやっぱりいいわねぇ。」と、かおりん先生。

301
300
これがタイトルを取ったらプレゼントすると、Wさんが約束している『山峰作 菱湖書 盛り上げ』の駒です。

214
ル・パルクのポスターを背に。
ル・パルクの宣伝をするとたいふー先生は喜んでくれるでしょう。
これで26日のサイン勝負は緩めてくれるかな(笑)。

75
前局は序盤で銀損してしまいましたが、温泉気分のかおりん先生の油断を突いて逆転勝ちしました。
本局はサイン勝負なので油断はしてくれないでしょうねぇ。

82
それではかおりん先生とのサイン勝負を見てください。







前局とは逆にわたしが序盤で良くなったので、安全に指そうとしてかえって紛れる事になってしまいました。
馬を相手にせずに、上手玉を目指して攻め続けるべきでした。


235
KKさんが指導を受けています。

239
見ると盤側にこんな物が。
聞くとホワイトデーのプレゼントだそうです。
かおりん先生もプレゼントを目の前に置かれていては、指し手もついついあまくなってしまったのではないでしょうか。
わたしもプレゼントを用意しないとサインは貰えないのかなぁ(笑)。

258
指導対局がもうすぐ終わろうかという時にパンダが現れました。
このパンダは久保棋王もかぶった物で、こちらの写真の物です。
この時に久保棋王が王将を奪取していたら、久保パンダ(笑)の写真もアップされただろうという事です。

294
「先生、二枚落ちでお願いします。」と、パンダさんは申しておりました(笑)。
『パンダと指導対局をしたのは初めてで、疲れました(笑)』とのコメントがこちらに。

223
かおりん先生、ありがとうございました。
またよろしくおねがいします。

第百三十六局 松尾香織初段戦

1月15日の金曜サロン後半の様子です。

82
この日は会員が多かったので、かおりん先生は初めから六面での指導です。

73
75
笑顔を交えての楽しい指導です。

80
指導対局とはいえ、時折キリッと引き締まった表情も見せてくれます。
勝負師の顔も素敵ですねぇ。

91
飛車落ちで二手目に▲2六歩は少ないのでしょう。
「あれぇ、所司先生はどう指すって言ってたんだっけ。」と言いながら三手目を指すかおりん先生。

94
わたしが指導対局の席に着くと、他の対局がどんどん終わっていき、わたしの指導対局が中盤に差し掛かる頃には三面指しになっていました。
わたしの隣では強豪のKKさんが指しています。
わたしは序盤でミスをしてしまい、かおりん先生は早々に温泉気分になって、読みをKKさんの将棋に集中出来るようになりました。
しかし、KKさんの将棋に集中するあまり、わたしの将棋では終盤に疑問手を指してしまいもつれました。

98
かおりん先生とは8勝8敗の五分で迎える17局目になります。
それではかおりん先生を温泉気分にさせた将棋を見てください。









終局後、わたしが勝った雰囲気を悟って、植山先生が驚いた様子で「RAYさんが勝ったんですか。どうしてそうなったんですか。」と言って棋譜ノートを覗き込みました。
「あぁ、やっぱり角を捨てたんですね。それでもまだ下手が苦しいと思ってたんですがねぇ。」
植山先生のみならず、金曜サロンの先生方と常連メンバーは、わたしの終盤が弱い事を知っていて、逆転負けはあっても逆転勝ちは滅多にないので、植山先生も驚いたのでしょう。
かおりん先生も「ず~っと温泉気分で指してたんですがねぇ。どうしてこの将棋を負けるかなぁ。」と、苦笑い。
この勝因の半分は、隣でかおりん先生を悩ませて、わたしの将棋に注意を向けさせなかったKKさんのアシストですね。
後の半分はかおりん先生の油断ですかね。
もしこれがサイン勝負で、もう少し慎重に読みを入れて指されていたら、全く良い所無く負かされていたでしょう。
それにしても、攻めだしてからは方針がブレずに、勝負勝負と迫れたところは大野先生の指導の効果ですかね。
大野先生は感想戦で、具体的な指し手と共に、局面の見方や方針についても教えてくれます。
角の只捨てからは、『もう終盤だから敵玉に迫るんだ』との方針を貫けたのは、とりもなおさず大野先生の教えがあったからでしょう。

103
わたしの将棋が終わって、最後にKKさんの対局が残りました。
手前の盤には、65手目に△7一角打としないで飛車先を叩く変化を、感想戦でした後の局面が残っています。

106
わたしに逆転されて悔しがっていたかおりん先生は、ここは負けられないとKKさんとの将棋に集中します。
KKさんもかおりん先生も基本的には振り飛車党なんですが、珍しく相矢倉を指しています。

108
集中した甲斐があったのか、少し強引な攻めを繋いだかおりん先生が勝って、笑顔で感想戦。
この矢倉戦が良い練習になったのか、翌々日の天河戦でも陽子先生に矢倉で戦って勝勢になっていました。
結果は残念でしたが、一昨年のフランボワーズカップでも中井先生に矢倉で勝勢まで指せていましたね。
公式戦でも居飛車を指して、相手に作戦を絞らせなければ、アドバンテージになるのではないでしょうか。
もうすぐ女流名人位戦の予選が始まります。
是非リーグ入りして、一年間ファンを楽しませて欲しいと思います。
リーグ入りしたら、一局位は矢倉を見せて欲しいなぁ。

ぴえこ先生に続いて…

 フレー!フレー! か・お・り・ん!

第百三十四局 松尾香織初段戦

12月25日の金曜サロン後半の様子です。

321

355
351
たいふーサンタの後はトナカイかおりんの登場です。
女子高生には敵わないから(笑)。」と言っていましたが、トナカイかおりんもかわいらしいですよ。

361
スタッフのいでぽんさんが珍しく指していました。
対戦相手は金曜サロンリーグで第一回から第三回まで三連覇をした初代サロンチャンピオンです。



357
それでは2009年最後の指導対局、トナカイかおりんとの将棋です。







二枚の金の守りがあるので大丈夫だと思っていたら、かおりん先生の見事なプロの技で一気に寄せられてしまいました。
この終盤力を少しでも吸収したいと思います。
かおりん先生、ありがとうございました。

対かおりん先生

○○○●●○●○○●●●○●○ 8勝7敗

第百三十局


第百十九局


第百十二局


第百二局


第九十八局


第九十五局


第七十七局


第六十四局


第五十九局


第四十局


第三十六局


第二十四局


第二十一局


第十六局


第五局
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

RAY

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。