指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第百七十九局 渡部愛女流初段戦

一服して気を落ち着け、再びサロンへ。
少し写真を撮ってから席に着きました。

94
95
96
100
106
社団戦星組のチームメイトが並んでらぶ先生に挑戦しています。

88
それでは、この日二局目のらぶ先生とのサイン勝負を見てください。







22手目の仕掛けが良くなかったですね。
▲6六歩と突いて△6四角を牽制するか、▲1五銀から▲2四歩と仕掛けるべきでした。
すんなりと棒銀と守りの右銀が交換になればいいのですが、本譜は銀が当たっている状態で角を出られてしまったので、銀を引かされる事になって、作戦は失敗でした。

いやぁ、勝てませんねぇ。
これでらぶ先生に12連敗。

110
この将棋を指している間に、ひろみ先生の指導対局も始まりました。
この日は芝浦サロン最終日ということで、来場者が多くなる事を予測して二人体制にしたのでしょうか。
駒込時代に戻ったようで、この景色は懐かしく感じます。

116
初めは星組のIさんがひろみ先生を独り占めしていました。

119
しかし、直ぐに三面指しに。

わたしはらぶ先生に勝ってサインを頂きたいので、三局目もらぶ先生に挑戦したいところです。
しかし、二局続けて良い所なく負かされたので、気分転換に一局ひろみ先生と指そうと考えを変えました。
このひろみ先生との将棋が、まさかあんな将棋になろうとは…。




スポンサーサイト

第百七十八局 渡部愛女流初段戦

愛先生に勝って、気分良く芝浦へ向かいました。

re001_201407051458144be.jpg
re002_20140705145814d09.jpg
芝浦サロン最後の訪問。
この看板は新事務所に設置されるのでしょうか。

81
奈津子先生が受付。
六月は空くじ無しの『ご愛顧感謝くじ』が実施されていました。
箱の中に残っているくじは残りわずか。
引いたくじを開くと『サイン入りファイル』と書かれていました。
多分サインの書かれたクリアファイルなのでしょう。

17
21
29
本日担当は渡部愛女流初段。
午前のスーパーサロンが飯野愛女流1級だったので、『愛に溢れる日』です。
先客は二名いました。

7
15
空いている席に着き、駒を並べ始めます。

39
94
さらにサロン会員は増えて、すぐに六面指しとなりました。

31
30
34
「よろしくおねがいします。」
らぶ先生の初手△3四歩。
わたしの指導対局も始まりました。

49
52
58
それではらぶ先生との指導対局を見てください。







これでらぶ先生に11連敗。
29手目の△4五銀は飛車浮きで銀を捕獲出来ると勝手読みしたのが敗因です。
33手目に△4七銀成とされてからは勝ちはないでしょう。
感想戦も短く終わりました。
奈津子先生が覗きに来たので「らぶ先生は意地悪ですから勝てませんでした。」と言うと、「えっ?そうですか?普段は素直で良い娘ですよ。」
「盤を離れると確かにそうですけど、盤を挟むとねぇ…。」
「あぁ、盤を挟むとねぇ。確かにLPSAでは一番意地悪かもしれませんねぇ(笑)。」

この日は4コマ全てに予約を入れているので、気持ちを切り替えて二局目に挑みましょう。

83
美夏先生がルーズリーフノートのフォルダーを持ってきました。
「くじの景品なのでサインを入れて。」と言ってらぶ先生に手渡しました。
『ご愛顧感謝くじ』で引いた『サイン入りファイル』とは、どうやらこれのようです。

63
70
73
らぶ先生直筆サイン入りフォルダーを頂きました。

二局目の前にちょっと休憩。
外へ出て一服。
勝った後の一服は美味しいんだけどなぁ…。



駆け抜けろ!

本日3月10日、らぶ先生は女流王位戦のリーグ最終局を鈴木環那二段と戦っています。
この対局はらぶ先生が女流1級としての初対局です。
そして3月13日には女流名人戦のリーグ入りを掛けた予選決勝があります。
女流名人位戦でリーグ入りすると女流初段に昇段です。
らぶ先生は女流1級を二局のみで駆け抜けるかもしれません。

このエントリは1月中にアップするつもりで書き始めました。
しかし、1月は新年会と会議でブログを書く時間が中々取れませんでした。
九割方書き終わっていて、最後に少し書き足してアップしようと思っていたところ、中井先生のLPSA退会からたいふー先生もLPSA退会というニュースに触れ、能天気(今まで『脳天気』だと思っていましたが、元はこの字だったんですね)にLPSAのイベントのエントリをアップするのはどうかと思い、一応書き上げて下書きのままにしてありました。
LPSAの動向を少し見守っていようと思っていましたが、らぶ先生が結果を残して、あっという間に入品しそうなので、多少書き直しと書き足しをしてアップします。
指導対局は基本一局ずつのエントリにしていますが、らぶ先生の昇級が早いので二局まとめて見て頂こうと思います。
それではまず第百七十五局 渡部愛女流2級戦からです。

~~~ 以下は1月中に書いたものです ~~~

1
2
昨年の12月22日、LPSA芝浦サロンへ行ってきました。

63
サロンへ入ると奈津子先生が受付をしていました。

7
らぶ先生も受付でお出迎え。

受付を済ませて、暫し奈津子先生と雑談。
わたしの息子は現在小学二年生で、サンタクロースがプレゼントを持って来てくれると信じています。
「奈津子先生の子供さんはいくつくらいまでサンタを信じていましたか?」
「小学校の3・4年くらいまでは信じてましたかねぇ。ただ、お兄ちゃんが6年、妹が1年の時に引っ越して、『サンタさんは住所がわからないので、これからはサンタさんはうちには来ません』と言って、クリスマスのプレゼントはしなくなりました。娘はいまだに『お兄ちゃんはプレゼントをいっぱい貰ったのに、わたしは少ししか貰えなかった』と文句を言うんですよ。」
ご両親からのプレゼントはそんなに貰えなかったかもしれませんが、娘さんにはそのうち、背の高いサンタクロースが旋風に乗ってやってくる事でしょう。
サンタを信じているうちの息子。
夏休みに友達の家でWiiを体験。
面白かったらしく、その後も何度か友達の家へ遊びに行ってました。
必然的に「Wiiが欲しい。」と言い出し、「サンタさんにWiiをプレゼントしてもらう!」
いつかゲーム機が欲しいと言い出すだろうと覚悟していたので、WiiUの購入を決定。
クリスマス間近になって在庫が無くなってはいけないので、早く買って押し入れに隠しておくことにしました。
嫁さんがポイントが付いて得だからと、楽天で購入。
ここまでは問題なかったのですが、Wiiが届いた日が、たまたま行事の為に学校が午前で終了でした。
荷物が配達された時に息子が帰ってきてしまいました。
伝票にWiiと書かれている事を見つけた息子が「これ何?」と騒ぎ出し、ごまかしきれなくなった嫁さんはついにギブアップしてクリスマスのプレゼントに買った事を白状しました。
当然大喜びの息子。
しかし、次の息子の言葉に茫然とさせられた嫁さん。
「お父さんとお母さんからWiiを買ってもらえたから、サンタさんにはほかの物をお願いしよう!」
ただでさえ三万円以上の、今までで一番高価なクリスマスプレゼントを買ったのに、更に出費を強いられるのか…。
しかし、「本当はサンタクロースはいないんだよ。」などと、信じている息子に野暮な事を言いたくはありません。
仕方ない、12月のゴルフを断ってサンタクロースからのプレゼントのゲームソフトを買ってあげるか…。

サンタからのプレゼントに喜ぶ息子を見て、ゴルフを諦めた甲斐があったと思いました。

4
受付を済ませてサロン内に目を向けると『HAPPY MERRY X’MAS』の飾りつけ。
この日は『渡部愛昇級記念・クリスマストーナメント』が開催されました。
らぶ先生は女流王位戦の予選を勝ち抜き、見事リーグ入りを果たしました。
これにより女流2級に昇級。
仮免許の女流3級から正規の女流棋士となる女流2級に昇級した事を記念しての大会です。
前回のらぶ先生との指導対局のエントリで『今度は女流2級のらぶ先生にサイン勝負を挑みに行きます。』と書きました。
急がなくても、そのうちに指導を受けに行こうと思っていました。
が、らぶ先生は女流王位戦リーグで香川愛生女流王将に勝利!
現役タイトルホルダーに勝ったので、リーグ残留が見えて来ました。
リーグ残留すると1級に昇級ですよね。
これはのんびりしていられないなと思っていたところ、クリスマストーナメントで指導対局の機会がある事を知り、2級のらぶ先生に挑戦する事にしました。

10
らぶ先生の扇子が発売されました。
『磨斧作針(まふさくしん)』
斧を磨いて針を作る。いかに困難に思えるようなことでも、忍耐強く努力すれば必ず成功するということ。
らぶ先生も努力を続けて、是非タイトルを取ってください。

14
19
24
時間になりました。
駒を並べて指導対局の開始です。

26
33
48
四面で始まった指導対局。
少し遅れて二名が来て、六面での指導対局となりました。

42
それではらぶ先生とのサイン勝負を見てください。







91手目の局面は難しいながらも下手が良いと思います。
92手目は▲3二竜と単に入るか▲5一銀が良かったでしょうか。
馬の利きに気付かずに108手目に▲5四銀と打ってしまい、これで攻めが続かなくなってしまいました。
馬筋が通った事に気付いていたら▲6四歩と打っていましたかね。
それならまだ下手が残していたかもしれませんね。
しかし、実際そこから勝ち切るのは、わたしのダメダメ終盤では難しいでしょうが…。

これでらぶ先生に8連敗!
キビシ~イ!

女流王位リーグで残留すると女流1級に昇級ですね。
次にお会いする時は女流1級になっている事でしょう。
ありがとうございました。
またよろしくおねがいします。

~~~ 以上 1月中に書いた分でした ~~~

以下は3月10日追記分です。

女流王位戦での成績はイマイチで、リーグ残留は叶いませんでした。
もう暫くらぶ先生は女流2級で留まるのかと思っていましたが、女流名人位戦のB級リーグが廃止された事による昇級既定の変更で、らぶ先生が3月4日付けで女流1級に昇級しました。
結局女流2級のらぶ先生との指導対局は一局しか指す事が出来ませんでした。

予選決勝に勝って女流名人戦のリーグ入りを果たすと女流初段に昇段です。
のんびりしていると女流1級のらぶ先生と対局出来なくなってしまうかもしれません。
LPSAのサイトでサロンの指導対局の担当を確認すると、3月7日がらぶ先生の担当でした。
次の担当は3月28日です。
女流名人位戦予選決勝の対局日はまだ連盟の1週間の予定に載っていません。
28日前に対局が組まれるかもしれないので、この日を逃すとらぶ先生は女流初段になってしまうかもしれません。
急遽予定をやり繰りして、3月7日のサロンに行ってきました。

10
美夏先生が受付をしていました。
急遽らぶ先生の指導を受けに来た理由を話すと、「その判断は正解ですね。」
美夏先生はらぶ先生の実力からすれば女流初段までは直ぐに上がると思っているようです。

18
サロンには先客が2名。
らぶ先生に昇級のお祝いを述べて、「予選決勝がいつだかわからないので、急遽1級のらぶ先生に会いに来ました。」と言うと、「14日に対局なんですよ。」
後日連盟の予定を見ると13日が予選決勝の対局日になっていました。
わたしの聞き間違えからぶ先生の勘違いか…。
聞き間違えならいいのですが、らぶ先生が勘違いしていたら大変です。
もしLPSA関係者がこのブログを見ていたら、らぶ先生に対局日の確認をしたほうがいいかもしれません。

24
26
38
45
62
70
指導対局は三面指しで始まり、直ぐに四面指しになり、少ししてまた2名増えたのでテーブルを追加して、六面指しでの指導対局となりました。

それでは女流1級のらぶ先生とのサイン勝負を見てください。







また勝てませんでした。
やはり居玉は反動が厳しいですね。
角の交換に満足して34手目は▲6八玉から囲うべきでした。
感想戦で42手目の▲8八角がいけなかったかと尋ねると、確かに角打はあまり良くなかったかもしれないけれど、それよりも48手目の銀打ちは▲5五銀と打たれていたら困っていたとらぶ先生。
△7六馬や△2六馬なら▲4四銀、△4三馬なら▲5四歩から▲4四銀で攻めが繋がっていそうです。
▲4五銀が敗着で、▲5五銀ならまだ下手が指せていたようです。

これで9連敗!
中々勝たせてくれませんねぇ。
折角サロンへ行ったのでもう一局指したいところですが、この日は嫁さんが女子会と言う名のおばさん会の予定があり、息子と二人で夕飯を食べる事になっていました。
後ろ髪を引かれる思いでサロンを後にして家路を急ぎました。

昨年10月24日に女流2級に昇級したらぶ先生。
その後4か月半で女流1級に。
今週13日の対局に勝つと女流1級を10日で卒業です。
ツアー女子プロになる前、まだアマチュアの中学生だったらぶ先生は女流名人になる事が目標だと語っていました。
そんならぶ先生にとって女流級位者も女流初段も単なる通過点に過ぎません。
女流名人位戦でのリーグ入りも単なる通過点。
リーグ戦でも勝ち続け、挑戦者になって女流二段。
目標達成して、来年の今頃は女流三段になっている事を願っています。

第百七十四局 渡部愛3級戦

必勝の将棋を大逆転負けして、らぶ先生には六連敗となってしまいました。
感想戦を終え、打ちひしがれて奈津子先生に敗戦の報告。
「愛ちゃんに意地悪されて負けました~。」
「意地悪なんてしてないですよぉ。」と、らぶ先生。
「最近、愛ちゃんは強くなっているから。勝つのは中々大変でしょう。」と、奈津子先生。
指導対局の予約はこの二局だけしかしていません。
ガックリ肩を落として帰ろうとしたのですが、奈津子先生に「この後の予約はいっぱいですか?もし入れるのならもう一局教わりたいんですけど。」と尋ねてみました。
「大丈夫ですよ。どうしてもサインを貰って帰りたいんですね。」と、奈津子先生。
予約は埋まっていなかったようで、再度のおかわり対局に臨むことになりました。
一旦外へ出て一服。
今度こそとの思いを胸に秘め、サロンへ戻りました。

6
「ではもう一局サイン勝負をお願いします。」と言って席に着きました。
らぶ先生は何だか申し訳なさそうな表情をしています。
緩めてわざと負けるなどという事は無いと思いますが、ちょっと気になったので、「緩めなくていいですからね。今日勝ってサインを貰っちゃうと、暫く愛ちゃんの日のサロンへは来なくなっちゃうかもしれませんから。」
らぶ先生は「わかりました。じゃぁ本気で行きましょう。」と言ってニッコリ。
二局目の途中でお客さんが増えて、テーブルを一つ増やし、指導対局は五面指しとなっていました。

それでは見てください。







く~っ、また負けた~!
途中は下手も指せていたと思うのですが…。
後の進行を考えると、やはりどこかで▲2四歩を入れておきたかったですね。
38手目なら▲2四歩が入りましたか。
42手目の▲4六歩は飛車先を重くするので感触は良くなかったのですが、上手を急がせる結果になったので、悪い手ではなかったのかもしれませんね。
結果、47手目の局面は上手が無理をしているようで、何か下手が良くなる手がありそうですが、どうでしょう。
49手目は▲4三銀成△2二角▲2四歩と進めれば△4七歩に▲2八飛と回って2筋突破出来ましたか。
56手目の▲2四歩が全く意味の無い手になってしまったのが痛かったです。
56手目は▲5四銀だったらどうでしょう。
△3四銀なら▲4五銀△同銀▲4三金△2二角に▲2四歩なら△3六歩でも▲2三歩成で勝負。
本譜は▲2四歩△3六歩に▲2三歩成としても何の当たりにもならないので、△3六歩成からの攻めの方が厳しそうです。
66手目に▲5五角としておけば、まだ下手が指せていましたかね。
76手目は冷静に▲7七角として△8八銀を打たせずに、▲7九玉としてから▲4四角左を狙えば本譜よりは良かったですね。
79手目に△8八銀と打たれては、もう下手に勝ちはなさそうですか。
棋譜コメントに▲7九銀と受けに回る手を書きましたが、それは△5七金から詰みですね。

将棋ばかになった一日は全敗という散々な結果に終わりました。
しかし、同じ日に女流3級二人と指導対局を指せました。
女流3級が複数存在するという事は稀なので、この体験をした将棋ファンは多分私だけなのではないでしょうか。

わたしが飛車落ちで癒した女流棋士は、次の対局にほとんど勝っています。
この日癒した春香先生は、2週間後にマイナビ女子オープンで予選突破をして女流2級に昇級しました。
らぶ先生も三局続けて癒したので、女流王位戦で三連勝して予選を突破し、みごと女流2級に昇級するでしょう。
らぶ先生、がんばってください。
女流3級のらぶ先生からサインを頂くことは出来ませんでした。
今度は女流2級のらぶ先生にサイン勝負を挑みに行きます。
らぶ先生、ありがとうございました。
またよろしくおねがいします。

第百七十三局 渡部愛3級戦

本当はらぶ先生のサインをゲットして銀落ちを指す予定だったのですが、負けてしまいました。
15時半までにはまだ少し時間があったので、外へ出て一服。

気持ちを落ち着けて、是が非でもサインを貰うべくおかわり対局に臨みます。

7
改めてサイン勝負を申し込んで指導対局開始です。

それでは4面指しでのおかわり指導対局を見てください。







必勝の将棋を落としてしまいました。
く~っ、悔し~い!
サインゲットが目の前だったのに…。
わたしが「負けました。」と投了すると、らぶ先生は開口一番「あと三手で投了しようと思っていたんですよ。」
103手目の局面に戻して感想戦が始まりました。
「取っても大丈夫ですし、本譜の順でも(106手目)同玉と取られていたら投了していました。」
▲同玉?
そうかぁ、玉で取って何の問題もないんじゃないですか。
勝ちを意識していて、馬で取れば受けにも利いてより安全だと思ってしまいました。
「馬で取ったので、こちらも馬を取って、少しやる気が出てきました。」と、らぶ先生。
わたしは53手目の△4七歩で悪くしたと思いました。
らぶ先生も飛車角交換になれば上手も指せると思っていたそうですが、56手目の▲3七角は読みに無い手で、指されてみると意外に上手が大変な事に気付いたそうです。
60手目の局面はと金か香車のどちらかを取れるので、単純な飛車角交換ではないですね。
飛車を渡す事を恐れずに指せた事は良かったと思います。
7二に玉が居るので、▲9一角成とはされたくないと思うので、61手目は△7三桂を読んでいました。
△7三桂▲4八銀に△3八飛ならば▲3七角打を考えていましたが、らぶ先生はと金を払われては攻めが無くなるので、自玉が危険になっても攻め味を残す順を選ばれました。
これは手の良し悪しはともかく、実戦の勝負術として勉強になる指し方だと感じました。

それにしてもこの将棋を勝ち切れないなんて、らぶ先生には一生勝てないんじゃないかと思ってしまいます。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

RAY

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。