指導対局自戦記
 駒落ちならプロにも勝てる!   はずなんだけどなぁ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賀正

門松

あけましておめでとうございます




今年の目標
 一)大野先生に勝利
 二)植山先生に勝利
 三)Wさんに勝利
 四)らぶ先生から初勝利
 五)蛸島先生から初勝利
 六)寺下先生から初勝利
 七)飛車落ち卒業サイン扇子コンプリート
 八)LPSAのトーナメントで賞状獲得
 九)ジョナ研の実戦で勝利
 十)安食総子女流初段から初勝利

さて、いくつ達成できるでしょうか。


皆さんにとって素晴らしい一年となりますように。
今年も宜しくお願い致します。

たつ


 
スポンサーサイト

羨ましい

金曜サロンで知り合ったミミルルさんの日記です。
わたしのブログには『フットサル大好き』さんというハンドルネームでコメントを頂いている方です。
LPSAファンには羨ましい経験ですね。
全体に公開しているので皆さんにも紹介したいと思います。

『ミミルルさんの日記』

残暑お見舞い申し上げます

いやぁ~、毎日暑いですねぇ~。
みなさん、体調を崩されたりはしていませんか。

ブログの更新をサボっていて、楽しみに見に来ていただいているみなさんには申し訳ありません。
実は、お盆に実家へ顔を出した時に、弟から懸賞クイズを教えられて、ここ一週間はそれにかかりっきりで、ブログどころか将棋にもふれていませんでした。
未だに答えが分からなくて、仕事も手につきません(苦笑)。

問題はこちらです。

クイズ好きの方は挑戦してみてください。


わたしももう少しこの問題を考えるつもりです。

合間を見て第十八局を書いていきますので、更新はもう暫くお待ちください。

観戦

4月1日にアップする予定で書きかけのエントリがありました。
ほとんど書き終わっていたのですが、腹立たしい出来事の為に、後半の一部を保存し忘れてしまいました。
思い出しながら書き足したのでアップします。
以下は3月29日に書いたものなので、奈津子先生は三段になっていますが、そのままにしてあります。



バンクーバーオリンピックが終わって一月余り経ちました。
わたしは今回のオリンピックでカーリングの面白さを知り、日本戦を7試合、ライブでテレビ観戦しました。
普段はあまり気に掛けない競技でも、オリンピックになると思わず観戦して、日本を応援してしまいます。
冬季オリンピックが終わると、次はワールドカップですね。
今から三十数年前、わたしは野球少年でした。
小学校で課外クラブに入るのですが、わたしの通っていた小学校には野球部が無く、走る事は野球にプラスになるだろうと思って選んだのがサッカーでした。
スポーツのメインは野球でしたが、サッカー部に入った事がきっかけでサッカー番組を観るようになりました。
当時、東京12チャンネルの『ダイヤモンドサッカー』という番組で、ブンデスリーガの試合を放送していました。
毎週見ていてベッケンバウアーやゲルト・ミュラーを知って、74年のワールドカップでは当然のように西ドイツを応援していました。
Jリーグ以降のサッカーファンは、今や日本が出場するのは当たり前のように思っているかもしれませんが、当時のサッカー少年にとってワールドカップという物は別世界の話で、日本がワールドカップに出場出来るなどとは思っていなかったのではないでしょうか。
今回のワールドカップではベスト4が目標だと岡田監督は言っていますが、難しいでしょう。
大体、世界のレベルからしたら大駒一枚違うと思うので、アジア枠はもっと少なくするべきだと思います。
サッカーの母国イングランドでさえワールドカップに出られない事があるくらいなのですから、ワールドカップに出場できると言う事がいかに大変な事なのか。
もしアジア枠が2つだったら、日本、韓国、中国、朝鮮、オーストラリアのなかで上位2チームにならないとワールドカップに出られないという事になります。
これはかなり大変な事ですが、その分予選は盛り上がるでしょう。
ヨーロッパではこの位厳しい予選を戦っているのですから、アジアもそうしないとワールドカップのステータスが低い物に感じてしまいます。

さて、普段Jリーグには興味を示さない人も、ワールドカップの日本戦は観戦するという人は多いと思います。
何故Jリーグは面白くないのにワールドカップだと面白いのか?
柔道の日本選手権は見たことが無いのに、何故オリンピックだとあんなに盛り上がるのか?
それはハッキリと応援する対象があって観戦しているからです。
『勝ってくれ』『がんばれ』『負けるな』という気持ちを持って観戦するのと、特にどちらを応援するという事も無く観戦するのとでは、楽しさがまるっきり違います。

LPSAのファンになる前は、女流棋戦の予選の結果になど全く興味がありませんでした。
もし応援する女流棋士がいなかったら、タイトル戦ではない1Dayの将棋を今のように楽しむ事は出来なかったでしょう。
どんな競技でも、観戦は応援する対象がハッキリしている方が、より楽しめます。

そんな訳で、この一公さんのブログに触発されて、去年の8月の末にわたしもファンランキングを発表しようと思って記事を書き始めました。
その時のランキングでは、
 第一位 中井先生
 第二位 たいふー先生
 第三位 ぴえこ先生
 第四位 かおりん先生
 第五位 らぶ先生
と、ここまではスラスラとランキングしたのですが、六位以降の順位を付ける事がなかなか出来ませんでした。
第六位は奈津子先生かなぁ…。
親睦会の縁で第十位には美樹先生を外せないよなぁ…。
美夏先生の笑顔も絶対外せないし…。
これで八人かぁ…。あと二人…。
あっこ先生、ひろみ先生、陽子先生、ペコ先生のなかから二人を選ぶの?
連盟所属では、親睦会でサインを頂いたときの好印象で鈴木環奈初段もランキングに入れたいし…。
連盟女流の新春イベントで指導を受けた伊藤明日香1級も捨てがたいよなぁ…。

こんな事を悩んでいるうちに日が経ってしまい、書き掛けの記事はお蔵入りになってしまいました。
以前、一公さんにこの事を話したら、「RAYさんもファンランキングを発表すればいいじゃないか。」と言われました。
一公さんがランキングを発表した事については賛否両論あるとは思いますが、将棋を観戦するうえでは応援する先生がハッキリしていた方が何倍も楽しめます。

わたしは今回の『けやきカップ』では当然ぴえこ先生を応援しながらネット観戦していました。
居飛車急戦で準優勝したぴえこ先生を、都合がつかずに現地で観戦できなかったのが残念でしたが、応援する選手が勝ってくれて、ファンとしてはとても楽しく観戦できました。

と、いうことで、マイファンランキングを発表してしまおうと思います。
しかし、わたしの場合、指導対局を受けると好感度がアップして、順位はとても流動的なので、あくまでも新年度のスタートに際しての今現在でのランキングです。

第一位 中井広恵六段
中井先生はLPSAが出来る前からのファンで、余程の事が無い限り、マイファンランキングの一位は変わらないと思います。
ファンになった理由は内緒にしていたのですが、先日のアフターでうっかりボロッとたいふー先生にしゃべってしまいました。
もしかしたら、わたしがファンになった理由を中井先生は聞かされてしまったでしょうか。
今度お会いした時に「そんな理由でファンになったんですか?」と言われそうで、ちょっと心配です(苦笑)。
代表としての激務で将棋の勉強をする時間がなかなか取れないのでしょうが、是非ともタイトル奪取していただきたいと思います。

第二位 石橋幸緒天河
たいふー先生もLPSAが出来る前からのファンです。
『敵の敵は味方』という、説明しなければ訳の分からない理由で応援したのがきっかけでファンになりました。
LPSAが出来てからの活躍と指導対局の楽しさで、益々好きになりました。
指導対局でも元気良く『ピシッ!』と指すその所作は、こちらも気合が入って大好きです。
LPSAの顔としてタイトル奪取を熱望いたします。

第三位 渡部愛ツアー女子プロ
『けやきカップ』での活躍で一層好きになったので、現役引退しなければぴえこ先生が三位なのですが、引退して対局を応援できない、また、指導を受ける機会もなくなると思うと三位には出来ないかなぁ。
と、いうことで三位はらぶ先生です。
なんといってもマンデーレッスンでの指導対局がとても楽しかった事が大きいですね。
もっともっと強くなって、明日のLPSAを背負って立つ存在になって欲しいと思います。

第四位 松尾香織初段
かおりん先生も指導対局が楽しいですね。
それと、指す時の手つきが独特で好きです。
なんといっても『フランボワーズカップ』での準決勝、対中井先生との将棋での11手目、矢倉を明示した▲4八銀にシビレました。
しかも、中井先生を相手に矢倉で勝ちの局面まで指せたのですからねぇ。
将棋の指し手でファンにするなんて、プロ棋士冥利に尽きるのではないでしょうか。
ファンとしては、その後の成績に不満があります。
自信を持って対局に臨み、結果を出して頂きたいと思います。

第五位 藤森奈津子三段
奈津子先生は振り飛車党なので、居飛車党のわたしとしては将棋の内容でファンになったわけではありません。
そのお人柄と素敵な笑顔、そして、指導対局中の楽しいやり取りでファンになりました。
1Dayでの優勝経験もある位なので、指し慣れた三間飛車で序中盤は問題ないのでしょうから、終盤のミスを減らせばまだまだ勝てると思います。
公式戦での勝利の吉報をお待ちしています。

 4月30日加筆 
 奈津子先生は残念ながら3月末で引退となってしまいました。
 しかし、その後の指導対局も変わりなく楽しいものでした。
 長年お疲れ様でした。
 これからもご指導宜しくお願いします。

第六位 中倉彰子初段
あっこ先生は指導対局でも公式戦のように気合の入った対局姿勢がいいですね。
少女のような笑顔と読みを入れている時の厳しい表情とのギャップが魅力です。
去年は六位以下の順位に悩んだのですが、あっこ先生を六位にした決め手は『駒得』発言ですね(笑)。
「お酒が入った上での事なので、それは秘密に。」と言われているので、発言内容は書けません(笑)。

第七位 島井咲緒里初段
あっこ先生とどちらを六位にするか迷ったのですが、ペコ先生は振り飛車党なので七位にしました。
ペコ先生が居飛車党だったら三位にしていたかもしれません。
まぁ、ファンなんて勝手なものですから。
指導対局でのペコ先生のキビキビとした指し手が好みに合います。
これからも『シマイ攻め』で大暴れしてください。

第八位 大庭美夏1級
美夏先生も奈津子先生と同じくお人柄と笑顔に魅力を感じ八位にしました。
指導対局での優しい美夏先生は初級者にも受け入れやすいでしょう。
将棋番組の司会などで話し慣れているのでしょう。指導中の会話もとても楽しいものです。

第九位 鈴木環奈初段
ひろみ先生と陽子先生のどちらかを選ぶ事が出来なくて、思い切って鈴木環奈初段を九位としました。
女流分裂前の最後の親睦会で扇子へのサインをお願いすると、とても丁寧に応対していただきました。
それが理由で、その時の親睦会でのアンケートに、今後応援する棋士として鈴木環奈初段と答えました。
まだ指導を受けた事がないのですが、是非一局お手合わせ願いたいと思っています。

第十位 大庭美樹初段
美樹先生はわたしが始めて参加した親睦会で指導を受けた先生です。
(ここまでが書きかけで保存されていた分です。以下は一度書いた事を思い出して書き足しました。)
将棋を始めたばかりだったわたしが知っている女流棋士は、中井先生と清水市代二冠とNHKで司会をしていた山田久美三段くらいだったので、抽選で指導を受ける先生が美樹先生になったときは、知らない先生でガッカリしました。
が、美樹先生の優しい指導にすっかり感激しました。
その後、LPSAが出来てサロンで指導を受けましたが、当時の印象と変わらずにとても優しい美樹先生はランキングから外せない存在です。

以上が今年度のわたしのファンランキングです。
公式戦でも活躍をして、来年度のランクが上がるように頑張ってください。

みなさんも自分のランキングを作って応援をすると、観戦が楽しくなりますよ。











訂正

第一局としてアップした大野先生との指導対局は金曜サロンでの対局だったので、『第零局』として、植山先生との将棋が大野教室での一局目なので『第一局』と訂正します。
大野教室用に棋譜ノートを新しく購入したので、こうすると局数とページ数が同じになり管理しやすくなります。

カウンターが一気に増えていて驚いてます。
誰かが宣伝したんでしょうか?
トラックバックを送るなど、目立つ事はしないでひっそりと続けようと思っていたのですけど…。
まぁ、マイペースで書いていきます。

指し手についてのコメントは大歓迎です。
気軽に悪手を指摘して鍛えてください。
でもあまり厳しくしないで下さいね(笑)。

以前のブログでLPSAサロンでの指導対局の第百局まで紹介しました。
区切りで百一局目から棋譜再生出来るようにしたいと思っていました。
時間があれば百一局目以降の将棋もアップ出来ればと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

RAY

Author:RAY
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。